ウィジェット機能が使えるAndroid用スマホFXアプリ

FXアンドロイドスマホのウィジェット機能を特集スマートフォン対応のFXアプリは、チャートを見ながらの発注やワンタッチ注文、ニュースやレポートなど様々な情報を得られるなど、PCに劣らない高機能を備えるようになりました。スマホでの取引を主とするユーザーの数も年々増加の傾向にあります。
このページでは、そんな高性能FXアプリケーションの中でも、特に「ウィジェット機能」を搭載している各種Android(アンドロイド)アプリをご紹介。実はウィジェットに対応しているFXアプリは意外と少ないので、もしかすると探されている方もいらっしゃるかもしれません。ぜひ、ご参考ください。


Android版FXアプリのウィジェット機能比較表

FX業者/FXアプリ レート表示 チャート表示 ニュース 経済カレンダー
[GMOクリック証券]FXroid ×
[YJFX!]Cymo(サイモ) GI24 ×
[DMM.com証券]DMMFX Trade × × ×
[外為ジャパン]外為ジャパン FX Trade × × ×

GMOクリック証券【FXroid】

FXroidのウィジェット機能

GMOクリック証券のAndroidスマホ用アプリ「FXroid」では、レート、チャート、経済カレンダーの3種類のウィジェット機能が利用可能です。下に挙げた画像は実際に使ってみたもので、アプリを起動していなくても逐一、値動きをささっとチェックできます。
各ウィジェットは表示通貨ペアや足種(Tick、1分足、5分足、10分足、30分足、60分足)はもちろん、更新間隔やアラートといった細かな部分まで設定できます。小さくて少しわかりづらいのですが、左上にある「FXroid」のアイコンをタップすると、アプリを起動しそちらへ移行します。ウィジェット機能を搭載しているAndroidアプリをお探しであれば、GMOクリック証券のアプリが扱いやすく、非常にオススメです!

GMOクリック証券 公式サイト

ワイジェイFX / YJFX!(外貨ex)【Android Cymo(サイモ)】

Cymoのウィジェット機能

YJFX!のAndroid版Cymoでも、3種類のウィジェット機能が使えます。こちらはレート、チャート、それからグローバルインフォ24(GI24)が配信するニュースを表示できますので、最新のマーケット情報を素早く確認するのであればAndroid Cymoが便利。チャートはややスペースを取りますが、横向きで大きいのもポイント。ウィジェットを配置の際には、通貨ペアと更新間隔を手動で設定できます。

ワイジェイFX(YJFX!) 公式サイト

DMM.com証券(DMM FX)【Android版DMMFX Trade】

Android版DMMFX Tradeのウィジェット機能

DMM FXのAndroid用アプリケーションもウィジェット機能に対応、希望の通貨ペアのレートを表示させることができます。小さいながらタップすると機能するボタンが3つ配置。左上のアイコンを押せばアプリを起動、上部の通貨ペアが表記されている箇所を押すと表示通貨ペア設定の画面へ、右上のボタンでは手動での更新ができます。

DMM FX 公式サイト

外為ジャパン【外為ジャパン FX Trade】

Cymoのウィジェット機能

外為ジャパンはDMM FXのアプリとほぼ同じ機能で使えるウィジェットを搭載しています。スマホアプリの起動、通貨ペアの切り替え、手動での更新と、Androidの待ち受け画面で便利な機能を利用できます。

外為ジャパン 公式サイト