オートチャーティストで検出されるチャートパターン

オートチャーティスト徹底講座

オートチャーティストは、チャート分析に欠かせないチャートパターンの形成を自動的に見つけてくれるツールです。では、どんなチャートパターンを知らせてくれるのか。オートチャーティストで検出可能なチャートパターンは以下の16種類です。

オートチャーティストに搭載されているチャートパターン一覧

オートチャーティストのチャートパターン

  • 上昇三角型
  • 下降三角型
  • 三角形
  • チャネル・ダウン
  • チャネル・アップ
  • 下降ウェッジ
  • 上昇ウェッジ
  • 長方形
  • ヘッド・アンド・ショルダーズ・トップ
  • ヘッド・アンド・ショルダーズ・ボトム
  • トリプルトップ
  • トリプルボトム
  • フラッグ型
  • ペナント型
  • ダブルトップ
  • ダブルボトム

各チャートパターンの特徴とサインの見方

上昇三角型

レジスタンスラインがほぼ水平で、下値を切り上げてサポートラインが上向きになってるパターンで、レジスタンスラインを上抜けると、買いのサインとされています。

up_triangle

下降三角型

サポートラインがほぼ水平で、高値を結ぶレジスタンスラインが切り下がっており、サポートラインを下抜ければ、売りのサインとされています。

下降三角型

三角形

上向きのサポートラインと下向きのレジスタンスラインが収束していく形で、現行トレンドの一時休止期間であり、それが終わると再び同じトレンドをたどることが多い。サポートラインを下抜ければ売り、レジスタンスラインを上抜ければ買いのサインとされています。

三角形

チャネル・ダウン

右下がりの平行なレジスタンスラインとサポートラインの間で値動きが形成されたパターンで、レジスタンスラインを上抜ければ買いのサインだが、トレンドの反転もしくは現在のトレンドに変化が見られる可能性があります。

チャネル・ダウン

チャネル・アップ

右上がりの平行なレジスタンスラインとサポートラインの間で値動きが形成されたパターンで、サポートラインを下抜ければ売りのサイン。チャネルラインが保たれている期間が長く、テストされる回数が多いほど信頼度が高くなります。

チャネル・アップ

下降ウェッジ

下値が緩やかに切り下がり、上値はそれ以上に切り下がり、レジスタンスラインとサポートラインが交差する形で、トレンドの中で現れ、通常はトレンドと逆の傾きを持ちながらもトレンドを継続するパターンが多いが、天井や底でウェッジが表れトレンドの転換となる事もあります。

下降ウェッジ

上昇ウェッジ

上値が緩やかに切り上がり、下値はそれ以上に切り上がり、レジスタンスラインとサポートラインが交差する形で、下降トレンド中に上昇の傾きとなって現れることが多く、トレンドを継続するパターンが多いが、天井や底でウェッジが表れトレンドの転換となる事もあります。

上昇ウェッジ

長方形

2つの高値とそれに対応する2つの安値が長方形となる平行ラインを形成するパターンで、トレンドが無くもみ合い相場で現れる。レジスタンスラインを上抜ければ買い、サポートラインを下抜ければ売りのサインとされています。

長方形

ヘッド・アンド・ショルダーズ・トップ

真ん中に高い部分(頭)とその両サイドに少し低い山(肩)がある形で、上昇トレンドが終了し相場が反転するとされ、ネックラインを割れば売りのサインとなります。

ヘッド・アンド・ショルダーズ・トップ

ヘッド・アンド・ショルダーズ・ボトム

ヘッド・アンド・ショルダーズ・トップを逆さまにした形で、下降トレンドが終わり反転のサインとされています。

ヘッド・アンド・ショルダーズ・ボトム

トリプルトップ

ヘッド・アンド・ショルダーのバリエーションの一つで、3つ山と2つの谷が同レベルの形で、ネックラインを割れば完成し売りのサインとなります。長期に渡る上昇トレンドから下降トレンドへの変化となる反転パターンとされております。最小限のターゲットは、山と谷の高さ分をネックラインから下げたところまでは動くとされる。

トリプルトップ

トリプルボトム

トリプルトップの逆で、長期に渡る下降トレンドから上昇トレンドへの変化となる反転パターン。3つの安値が同レベルで山の部分のネックラインを上抜ければ買いのサインだが、上にブレイクするときの取引高はより大きいとされています。

トリプルボトム

フラッグ型

急激な上昇または下落の後、旗の形のようにレジスタンスラインとサポートラインが平行四辺形を形成しているパターンで、レジスタンスラインを上抜ければ買い、サポートラインを下抜ければ売りのサインとされています。

フラッグ型

ペナント型

急激な上昇または下落の後、レジスタンスラインとサポートラインが収束していきペナントの形のように三角形を形成するパターンで、フラッグよりもトレンド継続が強いとされています。

ペナント型

ダブルトップ

トリプルトップよりはるかに多く見られ、ヘッド・アンド・ショルダーの次に多く見られるパターンでM型とも呼ばれる。上昇トレンドから下降トレンドへの変化となる反転パターンとされており、ネックラインを下回った場合に売りのサインとなります。目標値は山と谷の高さ分は動くとみる。

ダブルトップ

ダブルボトム

2つの安値の点(谷)が同水準で、中間の(山)の点を上方に突破すると完成するパターンでW型とも呼ばれる。下降トレンドから上昇トレンドへの変化となる反転パターンとされており、こちらも谷と山の高さ分を最少ターゲットとされています。

ダブルボトム