FXバイナリーオプションをApple Watch(アップルウォッチ)で取引できる業者特集

アップルウォッチでバイナリーオプション取引FXバイナリーオプションを、スマートウォッチのApple Watch(アップルウォッチ)で取引できる業者があるのをご存じでしょうか。
Apple Watchは2016年にseries 2がリリース。GPS機能や電子マネーなどの便利機能の追加で、より多くのiPhoneユーザーに愛用されるようになった期待度大のツールです。

そのApple Watchでバイナリーオプション取引ができるのはIG証券。当サイトで調査をする限り、国内のBO業者でスマートウォッチ対応を実施しているのは同社だけでした。
新規発注・決済がサクッと実行可能。バイナリーだけでなくFXやCFDなど豊富な銘柄の取引も自由に行えます。また、経済指標の予定も確認できます。

Apple Watchユーザーの方、これからの購入を検討中で、バイナリーオプショントレーダーの方はぜひIG証券のトレーディング・アプリをチェックしてみてください!

→詳しくはIG証券公式サイトへIG証券

IG証券/Apple Watch版「トレーディング・アプリ」

ワンタップでログインして希望の銘柄へ移行

iPhoneとApple Watchとを連動させておけば、ユーザーのログイン情報を記録してくれますので、IDやパスワードの入力操作は不要。そこから希望の口座を選択して、ウォッチリストや所有しているポジション、注文履歴などの情報を確認できます。
iPhoneアプリ上にてお気に入りの銘柄を登録しておけば、Apple Watchにも反映されるのが便利。

ログインして銘柄を検索

アップルウォッチから新規発注を実行

ポビュラーバイナリーなどから取引する銘柄をタップして、売値か買値を押下。取引ロット数の入力が地道にタップ続けるという仕様なのが少し面倒ですが、これは仕方ないかなと…。
気をつけていただきたいのが、「注文条件」のボタンを押すと、その時点で注文が確定するという点。緑色のボタンをタップしたら受付完了の確認が出てきます。誤って発注してしまわないようお気をつけください。

バイナリー新規発注

保有ポジションの決済も可能

パソコンやスマホアプリで所有したものはもちろん、Apple Watchにて発注した保有ポジションの決済も、ここで実行できます。
またここでも注意なのですが、「閉じる」ボタンをタップすると決済が完了する仕組みになっています。ちょっとわかりにくいので、今後さらに使いやすくなるのを期待したいですね。

ポジションの決済

経済指標発表の予定や口座情報もチェック

アップルウォッチ版トレーディング・アプリでは、各国の経済指標発表の予定をチェックすることも可能。ただし、指標内容(英語)と時刻が見れるのみで予測や結果などの数字は出ていません。
また、もちろんユーザーの口座情報も表示してくれます。ちなみに、参考に挙げているのはデモ口座の口座情報です。つまりApple Watchアプリをデモ利用することも可能ですので、その仕様や使い心地が気になる方は、まずお試しから入ってみるのもオススメします。

経済カレンダーと口座情報

IG証券 公式サイト

よく見られている人気ページ