ヒロセ通商のLION BOにhtml5仕様のNEWバージョン取引ツールが登場!

新LION BO取引ツール

ヒロセ通商のバイナリーオプション「LION BO」に新たな取引ツールが登場しました。
サービス内容はそのままに、HTML5仕様へとバージョンアップし、購入画面に加えてテクニカル分析が可能なチャート機能を搭載。従来の取引画面でも表示されていた、購入価格もしくは清算価格の変動を表すチャートはさらに見やすくなっています。また、WindowsでもMac環境でも快適にバイナリーオプション取引可能。

取扱通貨ペアが5種類に増え、さらに取引ツールのアップデートも敢行されて、ヒロセ通商のLION BOサービスはますます魅力的になっています。
ヒロセ通商のバイナリーオプションのサービス概要など詳細が気になる方は、公式サイトをチェックしてみてください!

→詳しくはヒロセ通商公式サイトへヒロセ通商

新バージョンLION BO取引ツールの特長

新しくなったhtml5仕様の取引ツールを実際に触ってみましたので、その特長についてここでお伝えしていきます。
公式サイトではバイナリーオプションのデモ口座が用意されており、登録不要でどなたでも新ツールを(旧ツールも)使えますので、興味のある方はぜひ触ってみてください。

新バージョンLION BO

購入した銘柄の損益評価を一覧表示

選択した通貨ペアの目標レート表示、その購入(買付)操作は特に変わりないのですが、購入した銘柄の評価損益をまとめて表示してくれる箇所が追加されています。
参考に挙げた画像では、下降の銘柄を3つの目標レートにて購入しているのですが、それらすべての評価損益を並べて表示してくれています。個別に清算できるボタンもあるのが便利。
ちなみに、下降銘柄を選択していると画像のように青色の枠になり、上昇の方を選んでいると枠は赤色になります。

購入清算ウィンドウ

一目均衡表や平均足を搭載した分析チャート機能を装備

従来のBO取引画面ではロウソク足チャートを表示するのみだったのですが、新バージョンではテクニカル指標の表示が可能に。
6種類のテクニカル指標が選択できて、チャートタイプはロウソク足、平均足、ラインから選べます。従来のものよりかなり画面が大きくなっており、チャートの表示も鮮明になっているのでとても見やすいです。
また、テクニカル指標はパラメーターを変更することが可能。

分析機能ありのチャート

搭載テクニカル指標 移動平均、一目均衡表、ボリンジャーバンド、RSI、ストキャスティックス、MACD
チャートタイプ ロウソク足、平均足、ライン

購入価格と清算価格の推移をチャート表示

購入清算価格の推移取引画面にて上昇か下降の希望のレートを選択すると、画面の右上に購入価格と清算価格を表すチャートが表示されます。これは選んだ銘柄について回号期間での価格推移を視覚的にわかりやすくしたもの。
このチャートは従来のツールにもあったのですが、新ツールではロウソク足に加えてラインの形状でも表示可能となっています。


新しくなった取引ツールは全体的にデザインが洗練されて、使いやすさが向上しています。バイナリーオプション取引をするさいにはチャート分析をされる場合が多いでしょうから、テクニカル指標が利用できるチャートが備わったのはありがたいことです。ただ、まだ機能が少ない現状ですので、今後のさらなる進化に期待したいところですね。
気になった方はぜひヒロセ通商の公式サイトをチェックしてみてください。

ちなみになのですが、html5仕様のこの新ツールはスマートフォンからでも、ブラウザにて起動が可能です。が、最適化はされていないようなのでご留意を。iPhone、Androidのスマートフォンアプリもバージョンアップに期待です。

ヒロセ通商 公式サイト