ワイジェイFX(YJFX!)【オプトレ!】

ワイジェイFXのオプトレ!

ヤフーグループのFXバイナリーオプション

「ワイジェイFX(YJFX!)」

バイナリーオプション「オプトレ!」は、1,000億円近い預かり残高を誇るYJFX!(ワイジェイFX)が提供するサービス。取引の対象となる通貨ペアは8通貨ペアと豊富で、米ドル/円やユーロ/円に加えて、豪ドル/円、NZドル/円なども取り扱い。
ラダーオプションだけでなく、レンジオプション形式の取引も可能。積極的にユーザーのニーズに応えてくれます。
取引数量の上限が比較的高いことも特長。各通貨ペアの1回号において、ラダーでは500口、レンジでは100口、合計600口までの購入ができます(購入できる口数は投資可能金額により変動します)。

取引ツールも扱いやすく、全通貨ペアのチャートを同時にチェックできる機能や、回号開始のお知らせ、購入価格を定期的に伝えてくれるサービスなどが便利。
スマホアプリも高機能で、ラダーオプションとレンジオプションの両方を取引可能。レンジオプションでのバイナリーオプションがスマホ環境でも取引できる業者は珍しいです。iPhoneはブラウザツール、Androidは専用アプリに対応。

→詳しくはワイジェイFX公式サイトへワイジェイFX(YJFX!)

オプトレ! 取引ルール

取扱通貨ペア 8通貨ペア
米ドル/円・ユーロ/円・ポンド/円・豪ドル/円・ユーロ/米ドル・NZドル/円・ポンド/米ドル・豪ドル/米ドル
1枚の購入金額 10+スプレッド〜990円
ペイアウト金額 1,000円固定
取引時間・取引回数 AM7:25~翌AM5:25(月〜金)・1日に11回号
取引限度額 1注文:500口(ラダー)、100口(レンジ)
1回号:500口(ラダー)、100口(レンジ)
1日:500万円まで
(※購入可能な口数は投資可能金額により変動)
取引形式 ラダーオプション・レンジオプション
スマホツール ブラウザ版取引画面(iPhone・Android対応)
Android版アプリ「オプトレ!」
デモ取引 登録・ログイン不要で利用可能

「オプトレ!」の特長

  • 8種類の通貨ペアでバイナリーオプション取引ができる!
  • 1回号でラダー最大500口、レンジ最大100口の購入が可能!
  • 回号開始と購入価格をメールで知らせてくれる!
  • ラダーオプション・レンジオプションの両方をスマホで取引!

レンジオプション対応!目標レンジからのイン/アウトを予測

オプトレ!のレンジオプション

オプトレ!では目標レートに対するハイもしくはローを予測するラダーオプションに加えて、目標レンジ内に値動きが収まるか否かを予測するレンジオプションも取り扱っています。2種類の取引方法を使い分けることでトレードの幅が広がり、値動きが少ないレンジ相場や激しい動きが予想される場合などには臨機応変な対応が可能となるでしょう。

全8通貨ペアのチャートを同時に表示可能

全通貨ペアのチャートを表示取引画面では通貨ペアごとにタブが設置。希望の通貨ペアをクリックして、表示するチャートをサクッと切り替えられます。
「ALL」と書かれたタブを選択すると、8通貨ペアの縮小されたチャートを同時表示。いずれかをクリックすると、素早く個別の発注画面へ行こうできて便利です。

取引ツール内でニュース&経済指標もチェックできる

ニュースと経済指標をチェック取引画面の左に並んでいるメニューには、「ニュース/経済指標」の項目もあります。この項目を選択すると、GI24(グローバルインフォ24)の最新ニュースと、経済指標の確認をしていただけます。指定した回号の時間帯に関わってくるニュースと指標を、絞り込むことも可能。マーケット情報を確認した後は、左に並ぶ項目から取引画面へサッと戻れます。

回号開始と購入価格のメール通知が便利

便利な購入価格通知メールオプトレ!では2種類の便利なメール通知を設定できます。1つは「回号開始通知」で、指定した回号の始まりを事前に知らせてくれるもの。通知のタイミングは5分前・10分前・15分前のいずれかを選択できます。
もう1つは「購入価格通知」で、指定した回号での購入価格を希望の間隔(15分・30分・60分)ごとに知らせてくれるもの。チャンスを逃さないよう、ユーザーをサポートしてくれるお役立ちサービスです。

スマホツールが高性能。デモ利用にも対応

オプトレ!のスマホアプリオプトレ!はスマホ環境でも快適な取引ができます。選択した目標レートに応じて色分けされる見やすいチャートや、素早い発注。スマホでもラダーオプションとレンジオプションの両方が取引できて、その切り替えもサクサク行えます。
Androidは専用アプリが用意されているのですが、2017年9月14日よりiPhone版アプリは配信停止となっています。ただし、以前からブラウザ版の取引画面が提供されていますので、そちらから取引可能。ブラウザツールの今後のバージョンアップにも期待です。

よく見られている人気ページ