バイナリーオプション各社の取引画面で比較

バイナリーオプションでは各社の基本的な取引概要ももちろん大事ですが、実際にトレードを行う取引画面も非常に重要なポイント。でも全ての業者のデモを試して回るのは、ちょっと手間が掛かります。
ということで、このページではバイナリーオプションを取り扱っている各業者の、取引画面をまとめて一覧にしてみました。サンプルとして画像を貼っていますので、全体的な見やすさ、状況と情報の把握しやすさといった点をチェックしてみてください。気になるものがあれば、そのまま公式サイトへどうぞ。

GMOクリック証券【外為オプション】

外為オプション取引画面

外為オプションの取引画面のトップでは、チャートと注文画面に加えて、本日の経済カレンダーと保有サマリーをまとめて確認することが可能となっています。希望の通貨ペアをクリックすれば瞬時に画面を切り替えることができ、終了したものとこれからの回号を開くこともできます。
注文画面は1つの目標レートに絞るシングルと、その回号での目標レートを全て表示するマルチが選べます。シングルですと、現時点での倍率がいくらなのか分かり、ありがたいです。
指標の発表がある時間には、チャートの下部に赤色のマークが表示され、これをクリックすると指標の内容が見れるというのも便利。

GMOクリック証券 公式サイト

FXトレード・フィナンシャル【バイトレ】

バイトレ取引画面

バイトレ1000との統合により、1,000円もしくは10,000円のペイアウト金額を面倒な操作は要らず、即座に変更することができるシステムになりました。
バイトレラダー、バイトレレンジ、バイトレタッチの画面への移行、6種類ある通貨ペアの取引画面を切り替えるのもスムーズに行えます。チャートの上に各回号を選択する箇所があるのですが、これはALL、もしくは指定の通貨ペアに絞ることが可能です。
チャートの右上にあるマークをクリックすると、非常に高機能なぶんせきチャート画面へと移ることができます。豊富なインジケーター、チャートの表示方式の切り替え、充実の描画ツール(例えばフィボナッチ垂直リトレースメント、フィボナッチアーク、回帰曲線など)が搭載。触ってみると、こんなに機能あるのかと感心すると思いますので、ぜひデモでお試しを。

FXトレード・フィナンシャル 公式サイト

ヒロセ通商【LION BO】

LION BO取引画面

LION BOは、無駄なく必要な画面がまとまっているという印象です。目標レートの表示と注文画面、チャートと、載せている画像ではちょっと見えづらいかもしれませんが、下部に保有明細を確認できる箇所もあります。細かな特徴として、各画面の左上に設けられている三角のようなマークをクリックすると、個別に画面を縮めて隠すこともできます。
大きな特徴は、値動きを表すチャートと並んで置かれている、もう1つのチャート。これは銘柄ごとの購入価格もしくは清算価格の、取引時間内での推移を描いたものです。所持しているオプションの価格が、どのように上がっているのか下がっているのか、一目で確認できて便利です。

ヒロセ通商 公式サイト

トレイダーズ証券【みんなのオプション】

みんなのオプション取引画面

トレイダーズ証券が2015年末より新たにリリースした「みんなのオプション」の取引画面はこちら。各情報が見やすく配置されており、ラダーとレンジオプションの切り替え、通貨ペアの変更といった操作がとても快適に行えて気持ち良いです。上部に設けられている「シストレ」、「FX」のボタンからそれぞれのトレード画面へ素早く移行可能。
右に配置されているプライスボードは「シングル」と「マルチ」の2つの表示方法があり、「シングル」にすればペイアウト倍率と、購入価格と同時に売却価格もチェックできます。

みんなのオプション 公式サイト

トレイダーズ証券【みんなのバイナリー】

みんなのバイナリー取引画面

チャート画面は大きくて見やすく、クロスするラインで現時刻と現レートを表示してくれ、配置されている「-」と「+」のボタンを押すことで、3段階に表示の倍率を変更することもできます。ポジション一覧をトップ画面の下部にて見ることも可能。
タブのクリックで通貨ペアを素早く切り替え、ALLの選択でチャートは隠れますが全ての目標レートを一気に確認できます。
また、表示される数は少なめですが、みんなのバイナリーの対象通貨に関連する国の指標が発表される時間には、チャート上に「▽」のマークが出ます。これにカーソルを合わせると、その場で内容と重要度、数値が表示されます。

みんなのバイナリー 公式サイト

IG証券【バイナリーオプション】

IG証券バイナリーオプション取引画面

IG証券のバイナリーオプションは、専用のツールではなくウェブベースプラットフォーム内の銘柄の1種類として取り扱われています。銘柄がFXだけではなく他と比べて圧倒的に多く、やや取っ付きにくい印象があるのですが、慣れれば非常に使いやすく、高性能。
特にバイナリー・ラダーオプションであれば、ファインダ画面などに並ぶ銘柄の右端あたりにある、マークをクリックするだけで、チャート画面を開くことが可能。これは個別の画面ですので、他のラダーのチャートも同時に開くことができます。リアルタイムな動きをするストリーミング・チャートであることも大きな特徴。

IG証券 公式サイト

FXプライム byGMO【選べる外為オプション】

選べる外為オプション取引画面

選べる外為オプションの画面は、上記の外為オプションとやや構造が似ていますが、回号と通貨ペアを選択する箇所や、一箇所の目標レートの注文画面を開くのみであること、などが違っています。
チャートは選択した目標レートによって分かりやすく色分けしてくれ、注文の操作を行う箇所は各ボタンアドが大きく見やすいです。下には保有サマリーを一覧してくれるところもあり。
バイナリーオプションにも活用できる便利ツールの、チャートナビプライムと、ぱっと見テクニカルへすぐに移れるボタンが配置されているというのが親切ですね。

FXプライム byGMO 公式サイト



バイナリーオプション取引なら、ココ!