FX VRトレードアプリ徹底特集! 仮想空間のディーリングルームで新時代の取引

VR対応FXアプリ特集

FX × VR(バーチャルリアリティ)の新時代が到来!

2017年1月31日に、GMOクリック証券が金融業界初となるVRアプリ「GMO-FX VRトレード」をリリースしました。このアプリは、利用者の周囲に仮想のディーリングルームを展開。まさに新時代のFX VRトレードを可能としました。

VRといえば、スマホで使えるアプリの配信や、家庭用ゲームに対応した最新の機器が発売されるなど、世界中で大きな話題となっています。
GMOクリック証券のアプリ登場を皮切りにして、今後は他社からも新たなアプリケーションが出てくるのでしょうか。機能が拡大すれば、複数のモニターを用意する必要がなくなってしまう、かも?

このページでは、新たなFXサービスの可能性を広げるVRアプリを徹底特集します。VR対応のFXアプリ最新情報、リリースされたアプリの詳細情報、実際に使ってみてのレポートなど、余すところなくお伝えしていきます。

→詳しくはGMOクリック証券へGMOクリック証券

VR対応FXアプリ 各社の最新情報!

2017年2月1日
GMOクリック証券】iPhone版「GMO-FX VRトレード」リリース
2017年1月31日
GMOクリック証券】Android版「GMO-FX VRトレード」リリース
2017年1月27日
GMOクリック証券】スマホ用VRトレードアプリのリリース発表

GMOクリック証券がFXVRアプリをリリース!

VR対応FXアプリ特集VRをFXにいち早く取り入れたのはGMOクリック証券。高い技術力を駆使して作られたアプリは、VRゴーグルを装着したユーザーの周囲に、いつでもどこでもディーリングルームを展開させます。
リアルタイムに変動するレート、180°に広がるワイドチャート、ニュース配信、経済指標のチェックも可能。新規発注、そして全決済の機能も備わっています。
VRモードでは手を一切使うことなく、目線を動かすだけですべての操作が可能。初めて使われる方のために、女性キャラクターが案内してくれるチュートリアルも搭載しています。

口座を開設していなくても、アプリのダウンロードは無料で行えます。VRを活用したトレード環境とは一体どんなものなのか?まずはこの「GMO-FX VRトレード」でぜひお試しください。

GMO-FX VRトレード 機能一覧

発注機能 レート表示 チャート表示 ニュース 経済指標 iPhone Android

VR(バーチャルリアリティ)の世界を体感

バーチャルリアリティVR(バーチャルリアリティ/virtual reality)とはコンピュータにより人工の空間を作り出して、それを仮想現実として使用者に認識させる技術です。映像作品や最新のゲーム機器、あるいは軍隊の訓練で活用されることもあるそうです。
GMOクリック証券の「GMO-FX VRトレード」では仮想のディーリングルーム、そこに立つアシスタントの女性などが出現し、夢のような空間を演出してくれます。

VRを体感するためには対応するゴーグルが必要で、それを装着することで現実には存在しない空間を、まるでそこにあるかのように知覚することが可能となります。


スマホ装着型VRゴーグルを紹介

ここでは、VR体験には必須のゴーグルをご紹介。実際に購入して使ってみて気づいた点や注意しておきたいポイントなど、レビュー形式でお伝えします。ぜひVRゴーグル選びの参考にしてください。