IG証券のProRealTime(プロリアルタイム)チャートで70ティックチャートを設定する方法

IG証券のProRealTime(プロリアルタイム)チャートで70ティックチャート

IG証券では、ボブ・ボルマン(著)の書籍『FXスキャルピング』の中で紹介されているProRealTimeチャートの日本語版が利用できます。
利用するにはマイアカウントから有効にする必要がありますので、このページではProRealTime(プロリアルタイム)チャートを利用するための注意点から、設定方法、使い方まで詳しくご紹介します。

  • ボルマン氏が使用しているProRealTimeチャートの日本語版!
  • 設定するtick数に上限が無いので200ティックチャートも可能!
  • 一ヶ月に4回取引すれば実質無料で利用可能!

→詳しくはIG証券へIG証券

利用条件 月額4,000円ですが、一ヶ月に4回以上取引をすれば、該当月の料金が全額返金されます。
設定できるティック数 上限なし
Mac対応 対応

IG証券公式サイト

ProRealTimeでの70ティックチャート表示方法

IG証券 ProRealTime(プロリアルタイム)チャートで70ティックチャートを表示する方法を動画で解説!

ProRealTime(プロリアルタイム)チャートを有効化しよう

IG証券で口座を開設しただけでは、ProRealTimeチャートは利用できません。取引プラットフォームにログイン後、マイアカウントから各種設定の取引環境設定を開き、
「ProRealTimeチャート及びチャート直接取引を有効にする」にチェックを入れます。
ProRealTimeチャート及びチャート直接取引を有効にする

すぐに、ProRealTimeチャート利用料についての同意画面が立ち上がるので、内容に同意できれば、【同意する】をクリックします。
利用条件に同意する

設定が変更され、すぐに口座から4,000円が引き落とされます。
月に4回の取引をすると、毎月月末に月末利用料4,000円が全額払い戻されるので、実質無料でProRealTimeチャートが利用できます。
ProRealTimeの設定が変更されました

以上で、ProRealTimeチャートの有効化は完了です。

ProRealTimeチャートを起動しよう

取引プラットフォームのツールからチャートプログラムをクリック。
チャートプログラム

ブラウザ上に以下の画面が表示されるので、【Launch ProRealTime】をクリック。
Launch ProRealTime

itcharts.jnlpというファイルがダウンロードされるので、ダブルクリックしてProRealTimeチャートを起動します。

70tickチャートの設定方法

ProRealTimeチャートを起動した時に表示されているチャートでは、日足以下の時間足がグレーアウトしており選択できません。
起動時に表示されているチャート

リスト・ポピュラーマーケット画面から新規チャートをクリック。
リスト・ポピュラーマーケット画面

新しいチャートでは、日足以下の足種も選択できるので、【(x)ティック】を選択します。
(x)ティックを選択

数値を自由に設定できるので、70ティックチャートを表示したければ、70と入力します。200ティックチャートなら200と入力すればOKです。
(x)ティックを選んで70と入力すれば70ティックチャートを表示

チャート設定で、「次のイントラデイバーまでのカウントダウン表示」にチェックを入れると、次のバーを表示するまでのティック数をカウントダウン表示します。
次のイントラデイバーまでのカウントダウン表示

レートの下に、ティック数をカウントダウン表示します。
ティック数をカウントダウン表示

以上で、IG証券のProRealTimeチャートで70ティックチャートが表示できるようになります。
20EMAももちろん表示できますし、ボルマン氏が使用しているProRealTimeチャートの日本語版ですので、書籍『FXスキャルピング』を参考にトレードしたい方には一押しのツールです。

IG証券公式サイト

MacでもProRealTime(プロリアルタイム)チャートが利用できる

ProRealTimeチャートは、Javaのツールのため、Macでも利用可能です。ただし、ダウンロード時にセキュリティー設定でひっかかる場合がありますので、以下のように「セキュリティーとプライバシー」から起動することができます。

“itcharts.jnlp”は、開発元が未確認のため開けません。との画面が立ち上がるので、
itcharts.jnlpは、開発元が未確認のため開けません

Macのシステム環境設定の「セキュリティーとプライバシー」を開き、itcharts.jnlpを【このまま開く】をクリック。
セキュリティーとプライバシー

以上で、MacでもProRealTimeチャートで70ティックチャートを利用することができますので、ぜひ活用してください。

IG証券公式サイト