GMOクリック証券 iPhoneアプリ「GMO-FX DASH」

※GMO-FX DASHは2017年11月6日(月)に新規ダウンロードが終了します。終了以後にアプリをダウンロードする場合は「iClickFXネオプラス」をご利用ください。

GMO-FX DASH「GMO-FX DASH」はGMOクリック証券「FXネオ」の最新スマホツール。更新間隔がとにかく速いです。従来のiClickFXネオプラスでは、レート・チャートの更新は秒単位でしたが、「GMO-FX DASH」はリアルタイム更新。それも、PCツールと遜色ないほどのスピードです。現存するFXアプリの中では、トップクラスのスピードを誇ると言えるでしょう。急な相場変動への対応の最適。「ダッシュ」の名称がまさにピッタリですね。短期トレード、スキャルピングトレーダーにも注目していただきたい。

新規注文でも決済画面でもチャートが見れる。足種が17種類と豊富。チャート拡大縮小の範囲が業界トップクラス(本当にすごい!)。トレード日記を搭載。スパンモデルとスーパーボリンジャーが使える。などなど、他にもメリットが充実。

→詳しくはGMOクリック証券へGMOクリック証券

足種 17種類(ティック、1分足、3分足、5分足、10分足、15分足、20分足、30分足、1時間足、2時間足、4時間足、6時間足、8時間足、12時間足、日足、週足、月足)
テクニカル 12種類(単純移動平均線、指数平滑移動平均線、ボリンジャーバンド、一目均衡表、スーパーボリンジャー、スパンモデル、MACD、RSI、ストキャスティクス、DMI、RCI、平均足)
描画ツール 搭載(トレンド、平行、水平、垂直、フィボナッチ・リトレースメント、マグネット機能有り)
情報配信等 ダウ・ジョーンズ、NSJ日本証券新聞、MarketWin24、経済カレンダー
通知機能 なし
リアルタイム更新「スピード注文チャート」搭載

縦表示のスピード注文チャート前述のように、GMO-FX DASHのレート・チャート更新はリアルタイム。その利点はスピード注文にも存分に活かされています。画像は米ドル/円の「スピード注文チャート」の実際の画面。
上部に表示できるチャートは、拡大縮小が可能。その場で足種を変更できるのが便利。また、右上のボタンを押せば、チャートの表示/非表示を切り替えできます。

画像では1分足チャートを表示。Tickから月足まで17種類すべて見れます。スピード注文を使った短期トレード、スキャルピングにお役立ち。
ただ、このチャートにはテクニカル指標と、描画したラインが表示されないのが少し残念。今後のバージョンアップに期待です。


横表示のスピード注文こちらは横表示のスピード注文チャート。これなら、お気に入りのテクニカル指標、引いたラインを見ながら取引きができます。
もちろん、所持しているポジションの損益(pips)なども表示。ここで全決済も実行できます。

横画面のスピード注文チャートを使うには、横画面の通常チャートにて、上部の「SPEED」ボタンを押せばOK。縦表示のスピード注文画面からは移行できない仕様になっています。

通常の新規発注・決済の画面でもチャートが見れる

通常の発注画面スピード注文でチャートが見れるのは、それほど珍しくはありません(リアルタイム更新のチャート併用は多くないです)。
ですが、GMO-FX DASHでは、成行や指値/逆指値、IFDなど通常のトレード画面でもチャートが見れるのが特徴的。しかも、決済注文でもチャートが表示できます。
チャート時間足の変更もできますから、新規でも決済でも発注の判断をするのに便利です。

拡大と縮小で表示できるチャートの範囲がトップレベル

拡大縮小がすごいGMO-FX DASHはチャートもリアルタイム更新。同社のPCツール「プラチナチャートプラス」と更新頻度を比べてみたのですが、ほぼ同時で驚かされたほど。従来のスマホ環境では満足できなかった方も、ぜひ実際に触ってみてほしいです。

さて、画像は日足チャートなのですが、これは最大まで縮小したもの。2013年11月の値動きまで見れてます。日足で4年前のチャートまで確認できるスマホアプリは貴重。
ヒロセ通商のアプリも縮小率が素晴らしかったのですが、比べてみると、GMO-FX DASHの圧勝でした。
縮小率が高くて、かつ操作性もよく、変にふにゃふにゃ動くこともない。ストレスフリーな点も嬉しいです。

スパンモデルとスーパーボリンジャーを初搭載

スパンモデルとスーパーボリンジャー搭載GMO-FX DASHは12種類のテクニカル指標を搭載。この種類は決して多いわけではないのですが、スパンモデルとスーパーボリンジャーが使える点に注目です。
スパンモデル・スーパーボリンジャーは、柾木利彦氏(マーフィー氏)が開発した人気のテクニカル指標。
GMOクリック証券のツールにはこれまで搭載されていなかったのですが、このアプリで初の搭載が実現。リアルタイム更新のチャートで、ぜひご活用ください。


ポイント
バージョンアップして見やすく

2017年8月3日にGMO-FX DASHがバージョンアップ。テクニカル指標のラインについて太さと色が調整されて、以前よりも見やすくなりました。バージョンアップ前と後の画像を比べてみると、ラインが前よりくっきり描かれているのがわかります。背景の色などに関して、自分好みに変えられる機能などもあれば嬉しいですね。

GMO-FX DASHは17種類もの足種を表示できる

チャートの足種を表示当サイトでは20種類以上のFXアプリを調べてきましたが、その中でも、17種類の足種が使えるアプリはGMO-FX DASHだけです。TICKから月足まで自由に表示可能。
従来のGMOクリック証券のアプリと違うのは、3分足・20分足・2時間足・6時間足・12時間足の搭載です。5種類も増えてますね。

5種類のライン描画ツールを搭載

ライン描画トレンドライン、平行ライン、垂直ライン、水平ライン、フィボナッチ・リトレースメント。以上の5種類の描画ツールが使えます。種類については、従来のiClickFXネオプラスと違いはないです。高値安値に吸いつくマグネットも変わらず搭載。

描画したラインは、他の画面へ移行したり、アプリを一旦終了した場合でも、保存されるのがメリット。ただし、他の時間足のチャートには反映されません。


マーケットウィン24、ダウ・ジョーンズ、日本証券新聞のニュース

ニュースGMO-FX DASHアプリでは、MarketWin24とダウ・ジョーンズ、日本証券新聞のニュースを自由に読めます。スマホアプリで3社からの配信ニュースが確認できるのは魅力。細かな点ですが、それぞれの見出しにベンダーごとのマークが振られているのが親切です。


経済カレンダー経済カレンダーももちろん見れます。前回・予測・結果の数値をいつでもどこでもチェック。5日後の予定まで確認が可能です。

GMOクリック証券 公式サイト