セントラル短資FX iPhoneアプリ「ウルトラFX」

セントラル短資FX ウルトラFXのiPhoneスマホアプリセントラル短資FXは3種類のFXサービスを展開。中でも市場直結型のウルトラFXは、投資家にとって最良のレートを提示し、低スプレッドを追求した取引環境を実現してくれます。「スキャルピングOK」と堂々とアピールしている数少ない国内のFXサービスですので、短期トレーダーの方は要チェック。
そんなウルトラFXはスマホアプリにも対応。スピーディーな発注機能に特化したシンプルな仕様となっており、操作性も抜群です。一括決済リトライや、自動決済トリガー注文といった便利な機能も搭載。PC取引のサポートや外出先での取引に、大いに役立ってくれる、洗練されたアプリケーションです。

→詳しくはセントラル短資FXへセントラル短資FX

足種 チャート搭載なし
テクニカル チャート搭載なし
描画ツール チャート搭載なし
情報配信等 発注機能に特化したアプリであり、マーケット情報の配信機能などは搭載なし
通知機能 搭載なし
ストレート成行とトリガー成行の新規注文

新規注文の画面iPhone版ウルトラFXでは、ストレート成行とトリガー成行による新規注文が行えます。
トリガー成行は、指定したレート以上もしくは以下へ、レートが変動した際に、新規注文が実行される発注形式。

新規発注と同時に決済トリガー注文が可能

自動決済トリガー注文ストレート成行による新規注文では、設定により自動決済トリガー注文が行えます。この機能をONにしておけば、新規注文の成立と同時に、自動でその後の決済の発注も可能です。
リミット、ストップ、OCOの3種類が用意されており、有効期限の指定もできます。スマホアプリでの取引をより快適なものにしてくれる便利機能。

ワンタップで即座に発注できるスピード注文

スピード注文の画面スピード注文では、売りあるいは買いのパネルをワンタップするだけで、素早く新規のストレート成行注文が行えます。また、一括決済をONにしておけば、通貨ペアごとにワンタップで一括決済をすることも可能。
変動していくレートや、指定証拠金、建玉の合計と評価損益といった情報をその場でチェックしつつ、スピード注文ができます。

スピード注文の一括決済を補助する機能を搭載

決済リトライ設定こちらは注文設定で指定できる決済リトライ設定。これをONにしておけば、スピード注文での一括決済が不成立となった場合、指定した回数だけ自動で再注文を繰り返すようになります。

プライスの更新設定は0.1秒から選択できる

プライス更新設定発注機能に特化したウルトラFXのアプリでは、設定によりプライス更新を0.1秒〜5.0秒の間隔にすることができます。
0.1秒という非常に短い間隔を選べるアプリは、そう多くはないでしょう。実際に設定してみると、レートがサクサク更新されて気持ちよいほどです。

数量の入力パネルが使いやすい

注文数量の入力パネル細かな点なのですが、最後にiPhone版ウルトラFXで使う数量入力のパネルをご紹介。このパネルは発注などで数量の項目をタップした際に表示されるもの。スルッと出てきます。それぞれの数字のボタンが大きくて使いやすい仕様。
スマホでFXをされる際に、数量の入力方式はちょっと気にしておきたい部分ではないでしょうか。

セントラル短資FX 公式サイト