マネーパートナーズ『かんたんトレナビ』売買シグナル予想ツール徹底解説

かんたんトレナビ

マネーパートナーズで使える未来予測・売買シグナルツール「かんたんトレナビ」は、一見すると他社の同種の他社ツールとあまり違いがないように感じられますが…。実際に使ってみるとそうではないことがわかります。
なんといっても対応通貨ペア数が多い。しかも2種類の商品まで分析できてしまいます。そして、値動きの予測分析チャートと売買シグナルが一画面に集約されているのがありがたい。

外為どっとコムやFXトレード・フィナンシャルのツールでは、未来予測チャートと売買シグナルの画面とが分かれています。ですが、この「かんたんトレナビ」はテクニカル指標によるシグナルの発生を表示するパネル、過去データに基づき未来の値動きを予測するチャートが同じ画面内でまとめて見ることができます。シグナルの発生に従って取引した場合の累計データ・明細データも表示。いちいち画面を推移させる手間が不要なのが便利です。

iPhone・Androidのスマートフォンにも対応。これは専用のアプリがあるのではなく、ブラウザ表示となります。さすがに全情報を一画面で網羅とはいきませんが、PC版と同様に20種類の通貨ペアと2種類の商品の分析が可能で、スマホで主に取引される方々にとっても満足のいく仕様となっています。

  • 豊富な20種類の通貨ペア、2種類の商品の分析に対応!
  • 売買シグナルパネル、予測分析チャートなどの情報が一画面に集約!
  • iPhone・AndroidスマホでもPCと変わらない機能を使用可能!

→詳しくはマネーパートナーズ公式サイトへマネーパートナーズ

分析可能な通貨ペア 20通貨ペア(+商品2種類)
米ドル/円、ユーロ/円、豪ドル/円、ユーロ/米ドル、ポンド/円、NZドル/円、南アランド/円、スイスフラン/円、カナダドル/円、トルコリラ/円、メキシコペソ/円、香港ドル/円、シンガポールドル/円、ポンド/米ドル、豪ドル/米ドル、ユーロ/豪ドル、ユーロ/ポンド、豪ドル/NZドル、ポンド/豪ドル、NZドル/米ドル、金/米ドル、銀/米ドル
分析可能な足種 5種類
1分足、5分足、30分足、1時間足、日足
売買シグナル対応
(テクニカル指標)
7種類
移動平均(単純)、移動平均(指数)、ボリンジャーバンド、一目均衡表、MACD、ストキャスティクス、RSI
Mac対応 対応
スマホ対応 iPhone・Android対応、ブラウザ起動

シグナルの発生地点、損益状況などもまとめてチェックできるPC画面

かんたんトレナビのトップ画面


かんたんトレナビのチャート多くの情報を網羅できるチャート画面
かんたんトレナビのチャート部分には現在のチャートを表示するとともに、過去データより近似チャートを自動検出し、これから予測される値動きを3パターンまで描いてくれます。
加えてチャートには赤色(買いエントリー)と青色(売りエントリー)の矢印を配置。テクニカル指標に基づいたシグナルの発生箇所もサクッと把握できます。表示するテクニカルの指定はシグナルパネルにてワンクリックで実行可能。

また、それぞれのテクニカル指標の売買シグナルに従って取引した場合の、損益状況もチャートの下部でチェックできます。さらにその下には小さめのサイズで、現在の値動きと似ている過去チャートを、一致率の高い順に3つまで並べてくれています。


シグナルパネル通貨ペア別・足種別パネルをチェック
チャートの左隣にあるパネルでは、各種テクニカル指標に基づいたシグナルの発生状況がまとめられています。「買」・「売」と文字が書かれているのは直近のローソク足で発生した場合で、発生してから時間が経過している場合は矢印となります(矢印の横にある数字は発生箇所から数えたローソク足の本数)。

表示形式は通貨ペア別パネルと足種別パネルが選択可能。左端には発生したシグナルの結果を合計し、総合判断として表示しています。


売買シグナルの設定画面通貨ペアやテクニカルなどの表示設定
設定では、表示させるテクニカルや通貨ペアについて、それぞれ個別にON/OFFの切り替えが行えます。
シグナルに従って取引した場合の明細データ・累計データはここの設定で隠しておくことができますので、お好みでチャートを大きめにするのも可能。
ちなみに、予測分析画面では、予測される値動きを非表示にさせる、といったこともできます。


豊富な銘柄の分析をスマートフォンのブラウザ画面でも利用可能

スマホ版のシグナル機能スマホ版のシグナルパネル
マネーパートナーズのかんたんトレナビはスマホにも対応しており、FXアプリの「HyperSpeed Touch」もしくは「HyperSpeed Touch nano」から起動。ブラウザ画面にてPCと変わらない分析を活用できます。
PC版と同じく合計22種類の銘柄について、シグナルの発生状況と、予測される未来の値動きをいつでもどこでもチェック可能。


スマホ版の予測分析チャートスマホ版の予測分析チャート
スマートフォン上でも、予測される値動きとシグナルの発生箇所をまとめて確認できます。
「−」、「+」のボタンをタップすることでサクサクと拡大縮小も行えて、使い勝手は快適。外出先でもユーザーの相場分析を手助けしてくれます。

マネーパートナーズ 公式サイト