電話でFX運用相談も可能!マネースクウェア・ジャパンが新たにトラリピ・フルサポートプログラムを開始

M2JFX トラリピ特集

マネースクウェア・ジャパンが「トラリピ・フルサポートプログラム」という新サービスを開始しました。
トラリピ・フルサポートプログラムは、独自の発注管理機能であるトラップリピートイフダン®(トラリピ®)を用いた資産運用をサポートしてくれるもの。2016年7月にお客さまサポート満足度第1位を獲得(※)したことを記念して誕生しました。

→詳しくはマネースクウェア・ジャパンへマネースクウェア・ジャパン

(※2016年7月に行われた、株式会社ネオマーケティングの「資産運用とお客さまサポートに関する調査」による)

トラリピ・フルサポートプログラムの5つのメリット

トラリピ・フルサポートプログラム

プログラムでは、トラリピの運用プランをコンサルタントが行ってくれる「運用プランご提案サービス」、トラリピを使って取引することによるリスクを「見える化」してくれるサービス、実質無料でコンサルタントに相談できる「何でも相談」サービスなど、5つの特典を受けることができます。

サービス 概要
運用プランご提案 運用資金を伝えるだけでコンサルタントが運用プランを作成。ユーザーはその中から好きなものを選ぶことができる。発注は自身で実行。運用プランは毎月5件まで作成してもらえる
損失リスク「見える化」 シミュレーション機能などを利用し、トラリピを運用した場合の為替リスク・ロスカットリスクを計算して数字で伝えてくれるリスク管理サービス
トラリピ・バックテスト コンサルタントがバックテストを行い、リピート回数や期間内の最大評価損などのデータを、原則3営業日以内に伝えてくれる。毎月10件まで
応用テクニックレクチャー 決済トレールを用いたトラリピやT字型フォーメーション、F式トレールトラリピといった、発注管理機能をさらに活用するための応用テクニックを解説
トラリピ「何でも相談」 以前よりコンサルティングサービスという相談窓口があり、電話で運用の相談が行えたのですが、トラリピ・フルサポートプログラムではこれが毎月3回まで実質無料。発注やリスクに関してコンサルタントの診断を聞くことが可能。ただし相談内容は「トラリピを使った運用方法」のみ

フルサポートプログラムを受けるための条件

プログラムを受けるための条件は「2016年10月1日(土)~2017年3月31日(金)の期間内に、FX口座にて合計で200万円以上のご入金」を行うことと、「マイページ「キャンペーン」内の該当ページからエントリー(お申込み)」することの2つです。ただし、現金残高が1,000万円以上の場合は無条件で利用可能。

トラリピを使っての取引をやってみたいけど、プランを立てるための時間がない、あるいはどのように考えればいいのか分からない…。そのような思いを抱かれている投資家の方々のために用意された、「トラリピ・フルサポートプログラム」。トラリピ運用の支えに特化したサービスに興味のある方は、ぜひマネースクウェア・ジャパンをチェックしてみてください。

マネースクウェア・ジャパン 公式サイト