高金利通貨とトラリピでスワップポイントを狙う!

M2JFX トラリピ特集

マネースクウェア・ジャパンのM2JFXでは、トルコリラ/円や豪ドル/円、NZドル/円などの高金利通貨を取扱い。スワップポイントを狙っていきたい相場であれば、じっくりと成果を待つトラリピ®の取引スタイルと相性がいいですので大きなメリットでしょう。

しかも、マネースクウェア・ジャパンではスワップ金額のスプレッドがゼロになるキャンペーンを、2016年2月15日〜12月30日まで実施中!金利差相当額を支払う必要が生じるような場合、その負担を軽減してくれるありがたいものですので、ぜひこの機会をお見逃しなく。

→詳しくはマネースクウェア・ジャパンへマネースクウェア・ジャパン

スワップ金額のスプレッドがゼロ!支払い時の負担を軽減

スワップ金額のスプレッドがゼロ!

スワップの軽減

スワップ金額のスプレッドがゼロになるというのは、つまり「買スワップの金額」と「売スワップの金額」が同一になるという意味です。
これにより金利差相当額を支払う必要がある場合の負担が軽減されますので、マイナスのスワップポイントとなるポジションを保持し続けるようなとき、得られる収益にじわじわと差が出てくるでしょう。トレンド相場で役に立つ決済トレールについても同様のことが言えます。


トラリピ ハーフ&ハーフでの取引にも負担軽減が有効

ハーフ&ハーフ

また、売りのトラリピと買いのトラリピを半分ずつ仕掛ける「トラリピ ハーフ&ハーフ」という取引方法にも効果を発揮してくれます。この取引方法は、買い(もしくは売り)のみのトラップを複数仕掛ける場合よりもリスクを減らすことが可能になるテクニック。さらにマイナスのスワップが軽減されれば、より扱いやすいものとなるでしょう。

高金利通貨のトルコリラでトラリピを活用!

マネースクウェア・ジャパンのトルコリラ:円

トルコリラの2016年6月時点での政策金利は7.50%であり、豪ドルなどと比べて明らかに高い数値となっています。得られるスワップポイントについては、他のFX業者よりも特別高いというわけではないのですが、トルコリラ/円を対象としたキャンペーンを開催するなどの見所が多いですので、高金利通貨での取引をされる方は要チェックでしょう。

トラリピでは複数のトラップを仕掛けて細かな値動きから成果を狙うものですので、ポジションを持ち続けることができずスワップを得づらいのではと思われるかもしれません。が、細かな利益を狙うトラリピと、スワップポイントを狙うトレードとを同時に行うことで臨機応変に対応することも可能です。マネースクウェア・ジャパンならではのこの取引手法、ぜひ活用を検討してみてください。

トラトラ戦略

M2J高金利通貨普及プロジェクトによる様々な取り組み

M2J高金利通貨普及プロジェクト

「マネーゲームではない、資産運用としてのFX」を提唱するマネースクウェア・ジャパンでは、「M2J高金利通貨普及プロジェクト」を実施。
セミナーの開催や公式サイトでのレポート掲載、FXのバーチャル体験などが行えるHarmoney.jpにて、トルコやオーストラリアについて書かれた電子書籍を配信といった多くの取り組み行っています。通貨やその国自体についてしっかりと理解を深めた上で取引をしたい、そんな思いを持っておられる方には最適な環境と言えるのではないでしょうか。

マネースクウェア・ジャパン 公式サイト