BW MFI(マーケット・ファシリテーション・インデックス)を使えるFX業者特集

マーケット・ファシリテーション・インデックスというインジケーターをご紹介致します。英語ではMarket Facilitation Index。略して「MFI」ということで、Money Flow Index(マネーフローインデックス)と勘違いされることも多いインジケーターです。両方とも出来高を使うのでさらに混同してしまいそうですが、計算式や表示の仕方など全く違ったものです。MT4では区別するために「BW MFI」と表示されます。

マーケット・ファシリテーション・インデックスとは

ビル・ウィリアムズ氏(Bill Williams)が開発した代表的な6つのインジケーターのうちの1つ。1ティック毎の価格の変化を計算し、計算された値の変化に注目します。

開発したインジケーターについては、ビル・ウィリアムズ著の本「Trading Chaos: Applying Expert Techniques to Maximize Your Profits」(英語)があります。

計算式

MFI = (高値 – 安値) ÷ 出来高

(FXなので出来高はティック数となります)

このインデックスと出来高の変化を棒グラフと色で見ていきます。

インジケーターの見かた

MFIの見方

上はMT4の画像になります。色はデフォルトのカラーです。

黄緑:MFI値上昇&出来高増加

参加トレーダーが増加し、トレンドがでている状態。

茶色:MFI値下降&出来高減少

相場参加者が少なくなり、トレンドが終わりを示している。

青:MFI値上昇&出来高減少

大多数のトレーダーの動きではなく、反転の可能性あり

ピンク:MFI値下降&出来高増加

買いと売りの激しい攻防。今後どちらか一方に進みやすい。

出来高(Volume)の大きさによりMFIの値が大きく変わってきます。市場参加者が多いときの値動きに注目です。

MFI(マーケット・ファシリテーション・インデックス)を扱っているFX業者

MT4では標準搭載されています。

その他のツールでは1社だけになります。

FX会社 取引ツール 搭載インジケーター ツール利用条件
[デューカスコピー・ジャパン]
デューカスコピー・ジャパン
JForex BWMFI 口座開設者は無料

デューカスコピー・ジャパン

「JForex」標準搭載のインジケーター数は200以上と他社のツールと比べて断トツ!

JForexのMFI

JForexにないインジケーターを探す方が難しい。マーケット・ファシリテーション・インデックスも当然のごとくあります。プログラムも可能で自作インジケーターや自動売買も思いのまま。これが無料で使えるのが不思議なぐらい。板情報も公開し透明性の高いのも特徴です。ECN方式を採用し約定率も高い。全てを兼ね備えたFX業者と言っても過言ではないでしょう。

デューカスコピー・ジャパン 公式サイト