新FXネオのExモード(大口500万通貨取引)の約定力・約定スピードをデモ取引で体感!

新FXネオ徹底特集

2016年2月に正式リリースとなった、GMOクリック証券の「新FXネオ」。ブラウザ取引画面のユーザビリティ向上や新規に4通貨ペアが追加されるなど、リニューアル後の嬉しいポイントは様々です。

なかでも特に魅力的なのが、従来サービスと比べて約6倍となった約定スピード、そしてGMOクリック証券での大口取引を可能とする新設のExモード。約定力が増して、しかも発注上限が最大500万通貨へと引き上げられることによって、大口トレーダーやスキャルピングトレーダーにとっても注目のサービスへと進化しています。
特に米ドル/円に関しては、これまで発注上限が100万通貨だったのですが、一気にワンショット500万通貨までに増加したことで多くのユーザーに喜ばれているのではないでしょうか。

→詳しくはGMOクリック証券へGMOクリック証券

新FXネオデモ口座で、Exモードと進化した約定力を体感!

では、その約定力の進化はどれほどのものなのか?それを確認するために、まずはデモ取引を試してみてはいかがでしょうか。GMOクリック証券の公式サイトでデモ口座はすぐに開設できます。

このページでは、デモ口座でExモードを試す際と、500万通貨までの大口トレードをする際に、念のために知っておきたい点についてお話ししています。
初期設定ではExモードの切り替えをするチェックボックスがなかったり、デモ口座を申し込むときに資金をデフォルトの1,000万円にしていたら、500万通貨の取引ができなかったり…。
それぞれの疑問をサクッと解決する方法をお伝えします!

Exモードを使用するためには設定変更が必須!

初めてブラウザ取引画面を開いて、さっそくExモードの使い勝手を確かめようとしたのはいいのだけれど、肝心の切り替えボタンのようなものが見当たらない…。この記事を書いているFXナビのスタッフも最初は戸惑いました。デモでは使えないのだろうか?と。
そんなことはありません。「設定」で少し操作をする必要があるのです。

Exモードを使うために

「設定」をクリックすると、以下のような画面が出てきますので、「Exモード」のタブを選択してください。そして、「Exモードを利用する」の箇所にチェックを入れておく。これで新規注文画面やスピード注文画面にモードを切り替えるチェックボックスが現れます。

Exモードを利用する場合に

Exモードを利用するにチェック

ちなみに、通貨ペアを変更したりスピード注文画面を呼び出したときに、通常の取引モードがデフォルトになるのですが、「Exモード切替ボタン初期状態」をONにしておくと、Exモードに切り替わった状態で注文画面が呼び出せるようになります。大口取引主体でトレードしたいときはこの機能を使っておきましょう。

ExモードのON

デモ口座の口座残高は1億円まで自由に入金できる!

新設されたExモードへの切り替えは完了。では発注上限額である500万通貨のトレードをやってみてその約定スピードを確かめてみよう、と思って発注してみたら、「取引余力が不足しているため、注文を受け付けできません。」と拒否されてしまった!余力が「1,000万円」だからです。

取引余力の不足!

デモ口座のお申し込み

新FXネオのデモ申し込みの際に「口座残高」を指定する項目があり、この部分がデフォルトでは「1,000万円」となっているのですが、これは10〜9,999万円の範囲で自由に指定ができます。ですので、大口取引の試用が目当てであれば口座残高を最初から高く設定しておけば楽になるのです。


しかしながら、うっかり1,000万円のまま登録してしまった場合。面倒ですが、また登録し直す必要があるのでしょうか?
大丈夫です。このデモ口座では「デモ入金」が行えるからです。

デモ入金をするために

取引画面の「お知らせ・登録情報」のボタンをクリックすると、ユーザーの登録情報やメール配信設定が確認・変更ができるとともに、デモ入金も実行できます。

登録情報の変更

「変更」をクリックすると入力画面へと移行しますので、「デモ入金」の項目で「入金額」を指定してください。参考の画像ではとりあえず、9,000万円を入金しています。

登録情報の変更入力

入金後の余力

そして、「確認画面へ」移り、「変更」で決定。
するとすぐに反映されて、更新ボタンをクリックすると余力が「1億円」になります。これで500万通貨の取引が行えるように。登録のやり直しなどはしなくとも、すぐにデモ資金を増やすことができますので、ぜひご活用ください!

GMOクリック証券公式サイト