OANDAのMT4を使って70ティックチャート

OANDAは取引プラットフォームにMetaTrader 4(MT4)を提供しています。MT4は世界中のトレーダーに使われており、自作でインジケーターや自動売買をすることも可能です。

オアンダジャパンの70ティックチャートMT4インジケーター

そこでOANDA Japanは口座開設した方限定に、さまざまなインジケーターや自動売買(EA)を公開しています。公式ホームページから無料でダウンロードして使うことができます。

デモ口座では使うことができません。

  • OANDAオリジナルEA/インジケータを利用可能
  • OANDA Forex Labsのデータを活用し、EAや、インジケータを開発
  • オートチャーティストをインジケータとして使えます

→詳しくはOANDA JapanへOANDA Japan

利用条件 無料
設定できるティック数 2~無限ticks
Mac対応 非対応

OANDA Japan公式サイト

70ティックチャートの表示方法を動画で紹介!

実際に動画で表示させてみました。

パラメーター入力の解説

MT4パラメータ設定

ティック数・・・初期設定では「5」になっていますが、70ティックチャートにしたいので、70と入力しましょう。

表示するバーの数・・・バーの数が多ければ多いほどMT4の動作が重くなると思うので、あまり増やしすぎてもいけません。まずはこのままの設定で表示させてみてから、調節しましょう

ティックカウンター・・・「現在のティック数/設定したティック数(70ティックに設定)」この表示を止める項目です。1本のバーができるまでにどれぐらいかかるのか予測することができ、非常に便利です。

【色の設定】・・・背景が黒の場合、白の場合を考慮して色を変更してみましょう。

【移動平均線の設定】・・・ボブ・ボルマンの設定では20期間のEMAとなっているのでこのままで大丈夫です。

OANDA Japan公式サイト