FXプライム byGMO『ぱっと見テクニカル』未来相場予測ツール徹底解説

FXプライムbyGMOのぱっと見テクニカル

10社ほどの国内FX業者が提供する未来予測ツールの中でも、FXプライムbyGMOの「ぱっと見テクニカル」は特に導入の早かったツール。
分析可能な通貨ペアが18種類、足種は11種類と豊富な指定に対応しているのが特長的で、かつ検索の対象となるデータは、最大約12年分(ローソク足3,000本分)の過去チャートという点にも注目です。
2017年7月26日にはAdobe Flash PlayerからHTML5対応の仕様へとバージョンアップしています。

「ぱっと見テクニカル」は売買シグナルを搭載してはいませんが、未来の相場予測機能については非常に高いスペックを持っています。検索対象となるのは膨大な過去のデータであり、予測される値動きには常に高い一致率が表示されるのがありがたい。
他の予測ツールではあまり触ることのできない詳細設定が行えるのもメリットの1つ。近似のチャートの検索基準を調整したり、検索の対象となるローソク足の本数も変更できます。

「ぱっと見テクニカル」はFXアプリの「PRIMEアプリS」に内蔵されているのも嬉しいポイント。スマートフォン上で予測される値動きを確認し、そのまますぐに注文画面へ移行するなどの操作がサクサク行えます。
スマートフォンで複数の通貨ペアと足種について扱いやすい未来予測ツールをお探しであれば、FXプライムbyGMOの「ぱっと見テクニカル」がオススメです!

  • 最大12年分の過去データを自動で検索、未来の値動きを予測!
  • 豊富な18種類の通貨ペアと11種類の足種の分析に対応!
  • ぱっと見テクニカルはFXアプリ「PRIMEアプリS」に内蔵!

→詳しくはFXプライムbyGMO公式サイトへFXプライムbyGMO

分析可能な通貨ペア 18種類
米ドル/円、ユーロ/円、ポンド/円、豪ドル/円、NZドル/円、加ドル/円、スイス/円、SGドル/円、香港ドル/円、ランド/円、ユーロ/米ドル、ポンド/米ドル、豪ドル/米ドル、ユーロ/ポンド、トルコリラ/円、NZドル/米ドル、ユーロ/豪ドル、ポンド/豪ドル
分析可能な足種 11種類
10分足、15分足、20分足、30分足、1時間足、2時間足、4時間足、8時間足、日足、週足、月足
売買シグナル対応 なし
Mac対応 対応
スマホ対応 iPhone・AndroidFXアプリ「PRIMEアプリS」に内蔵

FXプライムbyGMO 公式サイト

見やすい画面、近似チャートの分割表示、詳細設定など利点が充実

ぱっと見テクニカル


全モデルの表示チャート画面は無駄のないデザイン
通貨ペアと足種の切り替えがスムーズに行えるのをはじめ、形状の比較対象となる過去データは同一通貨ペアと全通貨ペアのどちらかを選択可能。チャートに描かれる予想された値動きは、最近似〜第三近似のいずれか1本のみか、全モデルかも選べます。ラインの色は赤(最近似)・青(第二近似)・緑(第三近似)で色分けされています。


比較チャートチャートを4分割しての比較も可能
予想される動きの全モデル表示だけでなく、現在のチャートと検出された過去のチャート、それらを上下に並べて比較した画面を、すべて分割表示させることもできます。複数のデータを見比べることで、さらに信頼の置ける分析を期待できるのではないでしょうか。


ぱっと見テクニカルの詳細設定予測チャートの詳細設定
ぱっと見テクニカルでは過去データの検索機能を細かく設定することが可能です。「スムース強度」ではチャートの細かな上下の動きにどの程度マッチしたものを検出するかを調整、「近似検索対象期間」では検索の対象として遡る期間を指定、「予測本数」では予測として描かれるラインの本数を選択できるなど。未来予測型のチャートでこのような設定が行えるのは珍しいです。


最大3,000本分の過去チャート検索をスマートフォンでも利用可能

PRIMEアプリSのぱっと見テクニカルFXアプリに内蔵で発注画面などへの移行がサクサク
パソコンで利用する「ぱっと見テクニカル」も優秀なのですが、こちらのスマートフォンアプリ版も非常に扱いやすいツールです。

まず、専用アプリが別にあるのではなくFXアプリの「PRIMEアプリS」に内蔵されているのがメリット。いちいちアプリケーションを切り替える手間が不要で、ハイスピード注文への移行はもちろん、通常チャートやマーケット情報への移行もスピーディーに行えます。


スマホアプリでの全モデル表示PC版と同じく18通貨ペアと11足種の分析に対応
デザイン的にもとても見やすい仕様となっており、PC版と変わらず18通貨ペア、そして11種類の足種に対応しています。

検索・比較対象とする通貨ペアを同一のものか、もしくは全通貨ペアにするのかも指定可能。近似チャートを画像のように全モデル表示することもできて便利です。
チャートの高値と安値に時間とそのときのレートが表示してくれるのもグッド。


横画面のぱっと見テクニカル見やすい横画面表示に対応
スマートフォン版のぱっと見テクニカルは本体を傾けての横画面表示にも対応しています。横画面に対応している未来予測型のスマホツールはなかなかありませんので、広い範囲で過去チャートと比較する、といったこともしたい方はぜひ。

FXプライムbyGMO公式サイト