ペンタゴンチャート(五角形チャート)が使えるFX会社

ペンタゴンチャートでFX(為替相場)分析

ペンタゴンチャート黄金比率ペンタゴンチャートとは、正五角形(ペンタゴン)の図形をチャート上に描いていき、相場の動き読むテクニカル分析の一つです。
正五角形はどこをとっても辺A:B=1:0.618、C:DもE:Fも1:0.618の黄金比率で構成されており、これはフィボナッチ数列の複合体なのです。
その対角線に沿ってトレンドが形成されたり、対辺を戻りのメドとして反転する場合が多いことから為替相場でも分析手法として脚光を浴びています。


ペンタゴンチャートを無料で使えるFX4社を紹介!

このペンタゴンチャートが使えるFX会社は限られていますが、GMOクリック証券の「プラチナチャートプラス」、セントラル短資FXの「プログレッシブチャート」、アイネット証券の「i-NET TRADER(ダウンロード版)」であれば、口座を開けば誰でも無料でペンタゴンチャートを利用可能です!
また、新たにFXプライム byGMOがリリースした「プライムチャート」にも五角形チャートが搭載。最新のHTML5チャートでペンタゴンチャートが利用できます(プライムチャートはスマホやタブレットでも使用可能)。

ペンタゴンチャートを使えるFX業者一覧

FX会社 搭載ツール 利用形式 特長 公式サイト
[GMOクリック証券]
GMOクリック証券
プラチナチャートプラス ブラウザ 比較チャート、日経平均などのチャートにも描画可能 [GMOクリック証券>詳細]
[FXプライム byGMO]
FXプライム byGMO
プライムチャート ブラウザ 54種類のテクニカル指標、27種類の描画機能を搭載。スマホ利用可能 [FXプライム byGMO>詳細]
[セントラル短資FX]
セントラル短資FX
プログレッシブチャート ブラウザ インストール不要。発注、描画、チャート分割などの操作がサクサク動く [セントラル短資FX>詳細]
[アイネット証券]
アイネット証券
i-NET TRADER ダウンロード 川口一晃氏の週間レポートが無料(会員限定) [アイネット証券>詳細]

GMOクリック証券

[GMOクリック証券]

GMOクリック証券では「プラチナチャートプラス」にペンタゴンチャートが搭載されており、口座を開設すれば期限なく無料で利用可能です。新FXネオへのサービス移行に伴い、細部まで刷新されたプラチナチャートプラスは、非常に直感的で分かりやすく操作できますので、初心者でも簡単にペンタゴンチャートを描く事ができます。
プラチナチャートプラスには、全38種類の人気テクニカル指標と25種類の多彩な描画オブジェクトを搭載しており、「五角形チャート」というメニューがあるのでそれをクリックするとペンタゴンチャートを簡単に描くことができます。

また、ダウや日経平均にペンタゴンチャートを描画したければ、比較チャートやプラチナチャートCFDで利用できるので、こちらもオススメです。

米ドル円スプレッド0.3銭原則固定など業界最狭水準スプレッドと、非常に高機能で使いやすい取引ツールが人気を呼び、FX年間取引高で世界第一位の実績を持つFX会社です。

GMOクリック証券のペンタゴンチャート

GMOクリック証券の特長
  • スプレッドは業界最狭水準の米ドル/円0.3銭原則固定!!
  • FX年間取引高で5年連続世界第1位の実績!
  • 新FXネオへのサービス移行に伴い大口取引モードも!

→詳しくはGMOクリック証券公式サイトへGMOクリック証券


FXプライム byGMO

[FXプライム byGMO]

FXプライム byGMOが新たにリリースした高機能チャート「プライムチャート」にペンタゴンチャート(五角形チャート)が搭載されています。為替のプロが監修したというプライムチャートは、描画機能だけで27種類も搭載されており自在に描写・分析が可能です。テクニカル指標も人気のスーパーボリンジャーやスパンモデルをはじめ全54種類と豊富で、複数チャートの起動もクリックするだけ!
最新技術のHTML5ベースのツールですので、インストール不要で即利用可能というのも嬉しいポイント。

FXプライム byGMOのペンタゴンチャート

FXプライム byGMOの特長
  • 2016年5月リリースされたばかりの最新チャート!
  • インストール不要!最新技術のHTML5ベースチャート!
  • 為替のプロが提供する20種類以上のマーケット情報が魅力!
プライムチャートはスマートフォンでも利用可能!

スマホでペンタゴンちなみにこのプライムチャートはブラウザ表示であり、iPhoneやAndroidのスマホ、iPadなどのタブレットでも活用することができます。つまり、外出先などでパソコンがなくとも、スマートフォン上でペンタゴンチャートの描画が可能ということ。
ただし、スマホの場合はどうしても画面は小さくなってしまいますし、PC版とは使い勝手も異なってきますので、使いこなすのには慣れが必要かと思われます…。
とはいえ、モバイル端末でペンタゴンチャートを使える業者というのは、ここに掲載している中ではFXプライム byGMOだけですので、興味のある方はぜひチェックしてみてください。


→詳しくはFXプライム byGMO公式サイトへFXプライム byGMO


セントラル短資FX

[セントラル短資FX]

セントラル短資FXでは、Web取引ツールから呼び出せるプログレッシブチャートにペンタゴンチャートが搭載されています。プログレッシブチャートは2016年2月より大幅にグレードアップされ発注機能も新たに追加搭載!
ブラウザーから利用できるシステムですがテクニカル指標は非常に豊富で、描画機能にはペンタゴンチャートの他にも「日柄計算」も装備されています。テクニカル指標の表示設定などチャート設定は20種類まで保存する事が可能で、最大12画面のチャートを一覧表示させることができます。
また、プログレッシブチャートの他にも、自動売買も可能なPCインストール型の高機能ツール「クイックチャート・トレードプラス」もあり、非常に充実した環境でトレードできます。

セントラル短資FXのペンタゴンチャート

セントラル短資FXの特長
  • ブラウザから気軽に利用できるWeb取引ツールでペンタゴンチャートを!
  • チャート形状予想ツール「みらいチャート」も利用可能!
  • 自動売買も可能なクイックチャート・トレードプラスもおすすめ!

→詳しくはセントラル短資FX公式サイトへセントラル短資FX


アイネット証券

[アイネット証券]

アイネット証券のアイネットFX取引用ツール、「i-NET TRADER(ダウンロード版)」にペンタゴンチャートが搭載されました。ペンタゴンチャートの国内第一人者である川口一晃氏が監修し開発されたツールで、簡単な操作で正五角形のペンタゴンが描けるのが特徴です。また、i-NET TRADERは、Macにも公式対応しているのでMacユーザーにとっても朗報です。他にも独創的なテクニカル指標や描画オブジェクトを備えており、アイネットFXの口座を持てば豊富なツール類が利用できますので、チャートにこだわりたい方に人気です。FX書籍がもらえるタイアップキャンペーンも実施中ですので口座開設の際はお見逃しなく!

アイネット証券のペンタゴンチャート
[1]のマークから、ペンタゴンチャートを描くことができます。

アイネット証券の特長
  • i-NET TRADERには、GMMAチャートも搭載!
  • トラップ系のループイフダンも使える!
  • FXナビ × アイネットFX限定タイアップキャンペーンも実施中です!

【アイネット証券】

→詳しくはアイネット証券公式サイトへアイネット証券