レンジバーチャートが使える国内FX業者はここだ!

レンジバーチャートが使えるFX業者 特集

レンジバーチャートとは、指定した値幅以上に価格が動いたときに新しくバーやローソク足が出現するチャートのことです。ボラティリティに基づいたチャートになります。時間軸は関係ありません。値幅が小さいとだましになることが多いので、そのだましを排除し、大きく動くときを限定して分析するチャートとなります。

「シンプル戦略」で強く勧めているレンジバーチャート

『ボリンジャーバンドとMACDによるデイトレード ──世界一シンプルな売買戦略 (ウィザードブックシリーズ)』

この本では「シンプル戦略」を掲げています。ボリンジャーバンドとMACDを使った言葉通りの簡単な手法。その「シンプル戦略」では一般的な時間足のチャートや出来高に基づいたチャート(ティックチャート)でもできるのですが、レンジバーチャートには大きなメリットがあり、ベストだと述べています。


本にはいくつかレンジバーが使えるチャートソフトも紹介されてあります。

Trade Navigator、TradeStaion、ThinkOrSwim、injaTrader、AT Charts、SirerraCharts、eSignal、MultiCharts、など・・・。

しかしどれも海外のチャートソフト。日本語のページも少なく、使うのはなかなか難しいと思います。しかも有料がほとんど。

そんな中、国内のFX業者でもレンジバーチャートが使えるところが実はあるのです!

レンジバーチャートが表示できるFX業者一覧

そのチャートを使える国内業者はこの2社。

FX会社 サービス名(ツール名) 利用条件 公式サイト
[デューカスコピー・ジャパン]
デューカスコピー・ジャパン
JForex 無料 [デューカスコピー・ジャパン>詳細]
[IG証券]
IG証券
ProRealTimeチャート 月額4,000円(使用当月中に4回以上の取引があった場合は無料 [IG証券>詳細]

デューカスコピー・ジャパンのJForex

JForexのレンジバーチャートの画像

200種類以上のインジケーターを搭載したJForex。レンジバーの設定は1ピップスから1000ピップスまで可能です。他にもティックチャートから、ポイント&フィギュアや練行足も表示できます。ラインブレイクといったあまり聞きなれないチャートまであります。自分でプログラムをすることでインジケーターも思いのまま。自由度の高さではどのFXツールよりもダントツ優れています。

設定方法

1. 「ツール」の「オプション設定」を選びます。
JForexのレンジバーチャート

2. 次に「期間」タブを選びます。
JForexのレンジバーチャートの設定

3. 「価格ベースの期間」を選び、種類を「レンジ・バー」に、数量を選びます。そして「>>」を押して追加します。最後に[OK]を押します。

4. あとはチャート画面から設定したものを選ぶだけです。

デューカスコピー・ジャパン 公式サイト

IG証券のProRealTimeチャート

IG証券のレンジバーチャート

IG証券のレンジバーチャートではボリンジャーバンドは表示できますが、MACDを同時に表示させることはできません。残念ながらMACDだけはローソク足チャートで表示することになります。

しかし、IG証券にはオートチャーティストがあります。うまく組み合わせることでオリジナル戦略が作れそうです。しかもFXだけではなく株式CFDや株価指数CFDもでき、10,000銘柄以上の国内外株式もカバー。自分に合ったボラティリティ幅の銘柄を探し出すことができます。エントリーチャンスにたくさん巡り合えるのがIG証券の魅力です。

設定方法

1. スパナのアイコンをクリックして設定画面を出します。

スパナ(レンチ)アイコンをクリック

2. 「スタイル」をレンジバーにします。

スタイルをレンジバーにする

3. ボックスサイズを変更します。

IG証券 公式サイト