スキャルピングOK 超短期取引も歓迎なFX業者

このページでは超短期トレード、スキャルピングによる取引を容認、あるいは歓迎しているFX業者を紹介しています。人手を介さないNDD方式などの採用により、高い約定力、取引の透明性を実現。スピーディーな取引ができるだけでなく、スプレッド幅に関しても低水準の数値を提示していますので、そういった取引環境にも注目です。
また、短期取引を想定して開発されたセントラル短資FXの「Uチャート」など、取引ツールの機能面や、その他のサービス面も大きな魅力。気になる業者があれば、公式サイトをチェックしてみてください。

スキャルピング取引にオススメのFX業者

FX業者 スプレッド
(米ドル円)
スプレッド
(ユーロ円)
一度の最大発注量 特長 公式サイト
[サクソバンク証券]
サクソバンク証券
変動制 変動制 2,500万通貨(通貨ペアにより変動) 月曜AM3時から取引開始
NDD方式
[サクソバンク証券>詳細]
[デューカスコピー・ジャパン]
デューカスコピー・ジャパン(JForex)
0.2〜0.4pips
(※1)
0.5〜0.7pips
(※1)
2,500万通貨 ECN直結
NDD方式
[デューカスコピー・ジャパン>詳細]
[セントラル短資FX]
セントラル短資FX(ウルトラFX)
0.40pips
(※2)
0.19pips
(※2)
100万通貨 短期売買特化ツール
NDD方式
[セントラル短資FX>詳細]
[ヒロセ通商]
ヒロセ通商
0.3銭
(原則固定)
0.5銭
(原則固定)
300万通貨(通貨ペアにより変動) 約定率99.9%(※3) [ヒロセ通商>詳細]
[EZインベスト証券]
EZインベスト証券(MT4)
変動制 変動制 30ロット MT4対応
NDD方式
[EZインベスト証券>詳細]
[フォレックス・エクスチェンジ]
フォレックス・エクスチェンジ(cTrader)
表記なし 表記なし 1,000万通貨 cTrader対応
DMA採用
[フォレックス・エクスチェンジ>詳細]
[JFX]
JFX
0.3銭
(原則固定)
0.4銭
(原則固定)
300万通貨(通貨ペアにより変動) 約定率99.9%(※3) [JFX>詳細]

(※1:デューカスコピー・ジャパンのスプレッドは2017/7/22〜2017/7/28における提示率95%の実績値)
(※2:ウルトラFXのスプレッドは2017年6月度の平均約定スプレッド)
(※3:ヒロセ通商とJFXの約定率は矢野経済研究所調べ)

ポイント
『FXスキャルピング』で紹介されている70ティックチャートにも注目

上記で紹介しているセントラル短資FXの「Uチャート」と、デューカスコピー・ジャパンの「JForex」では、ティック数を自分で指定することでチャート表示をカスタマイズできる機能が備わっています。
この機能を使えば、『FXスキャルピング(ボブ・ボルマン著)』という書籍で紹介されている、70ティックチャートの再現が可能です。気になる方は特集を用意していますので、ぜひそちらもお立ち寄りください。

サクソバンク証券【SaxoTrader】

サクソバンク証券はスキャルピングに最適

サクソバンク証券は世界標準の高品質サービスを提供。まさに中上級者のトレーダー、プロトレーダー向けの業者と言えます。スタンダードコースとアクティブトレーダーコースの2種類のコースを用意しており、スキャルピング取引には特に後者のコースがオススメ。インターバンク直結のNDD方式を採用しており、変動制のスプレッドは業界最狭水準。米ドル円は1,200万通貨まで、ユーロ米ドルであれば2,500万通貨までの最大発注数量も魅力です(ただし平常時の市場環境の場合)。

サクソバンク証券 公式サイト

デューカスコピー・ジャパン【JForex】

デューカスコピー・ジャパンの短期トレード

デューカスコピー・ジャパンへは当サイトで社長への直接インタビューを実施。そこでスキャルピングに関して伺ったところ、「ウェルカムです」とのご回答をいただけました。
デューカスコピー・ジャパンではECNという方式を採用しており、ここでも取引時に人手を介することがなく、すべてのユーザーが高い流動性の中で、同一の価格にて取引が行えます。実際に取引されているユーザーの発注状況を知ることができる板情報も見ることが可能。
また、ワンショット上限が最大2,500万通貨というスペックは、超短期トレーダーにも大口トレーダーにも非常に嬉しい部分でしょう。

デューカスコピー・ジャパン 公式サイト

セントラル短資FX【ウルトラFX】

NDD採用のウルトラFX

セントラル短資FXが提供しているサービスの一つ「ウルトラFX」は、公式サイトで「スキャルピングOK」とアピール。NDD(Non Dealing Desk)方式を採用しており、2015年の約定率は99.9%の実績を実現、複数のカバー先からユーザーにとって最も有利なレートを提示し、快適な取引環境をもたらしてくれます。

短期トレードに非常に役立ってくれる取引ツール「Uチャート」も大きな魅力。市場の動きを感じられる独創的なティックチャート、プライスアクションに注目したCustom足機能など、取引に役立つ機能が多く備わっています。
Uチャートの使用条件はこれまで前月に1,000万通貨以上の取引が必要だったのですが、この条件が緩和されて500万通貨以上となりこれは朗報。今後のバージョンアップにも期待です。

セントラル短資FX 公式サイト

ヒロセ通商【LION FX】

ヒロセ通商の約定率と約定スピード

ヒロセ通商は成行約定率99.9%(矢野経済研究所調べ)、約定スピード平均0.004秒、最速0.001秒という実績を誇っており、多くのユーザーからの信頼されているFX業者。
23行から提供されるレートより最適な数字を採用することで、業界最狭水準スプレッド(原則固定、例外あり)の提示していますので、スキャルパーにとってもメリットは多いでしょう。

積極的なアップデートが行われる各種取引ツール、50種類の豊富な通貨ペア、23種類の注文方法、バラエティ豊かなキャンペーンの開催など、様々な面でニーズに応えてくれます。短期売買をするのであれば、まずチェックしておきたいFX業者です。

ヒロセ通商 公式サイト

フォレックス・エクスチェンジ【俺のFX】

JFXはスキャルピングOK

FOREX EXCHANGE(フォレックス・エクスチェンジ)の「俺のFX」サービスでは、DMA(Direct Market Access)を採用。約定確認を行わない特長を備えており、最大で4ms(4/1000秒)のスピードでの約定を可能としています。大口投資家の方、スキャルピング・トレーダーの方も納得できるトレード環境が整っているのと言えるでしょう。
フォレックス・エクスチェンジは、世界中の多くのトレーダーに愛用されている「cTrader」を、国内で唯一使えるFX業者であることも大きなポイント。高性能プラットフォームが、直感的な取引をもたらしてくれます。

FOREX EXCHANGE 公式サイト

JFX【MATRIX TRADER】

JFXはスキャルピングOK

ヒロセ通商の子会社であるJFXでは、公式サイトで「スキャルピングOK」と謳っています。親会社と同じく米ドル/円0.3銭(原則固定、例外あり)など業界最狭水準スプレッドを提示、取引ツールについてもWindowsだけでなくMac専用アプリといったものも用意しているのがありがたい。
キャッシュバックキャンペーンなどが毎月充実しており、取引量が多くなればなるほどお得になる、そんな仕組みが用意されているのも見所です。取引量に応じた食品プレゼントキャンペーンも実施していますので、FXをしながら食料を確保したい、という方は注目です。

JFX 公式サイト