10秒足でスキャルピング!秒足ができるFX業者はこちら

多くのFX業者のチャートソフトに1分足はあります。では1分以下の秒足というものはあるのでしょうか。実は秒足を表示できるFX業者があるのです。10秒足や30秒足のように1分よりも細かく相場分析して、高速スキャルピングで数秒で利益を得ているトレーダーもいます。バイナリーオプションをされている方の中にもいるかもしれません。今回は「秒足」をキーワードに特集です。

ティック足 vs 秒足、どちらがいいのか?

ティック足というのは価格が変化したときに送受信されるティックというデータの回数を基準にできたローソク足で分析するものです。非時系列チャートの一種で、時間の概念がありません。激しく価格が動くときはローソク足の形成も早く、ボラティリティが小さいときはローソク足の形成がゆっくりとなります。よって横軸が時間ではないので、1分足のチャートと比べるとやはり違ってきます。

一方、秒足だと1分足チャートなどと同じような形状になります。価格が動かないときでも定期的にローソク足が生成され、最近では10秒足が人気のように思えます。

どちらがいいかは分析の考え方によって違ってきます。バイナリーオプションのように決められた時間があるのであれば、秒足がいいのかもしれませんし、スキャルピングのスタイルに合わせて選ばなければならないでしょう。

秒足が表示できるFX業者一覧

FX会社 ツール名 設定可能単位 ツール利用条件
[デューカスコピー・ジャパン]
デューカスコピー・ジャパン
JForex 7種類(ティック・秒・分・時間・日・週・月) 無料
[IG証券]
IG証券
ProRealTimeチャート 8種類(ティック・出来高・秒・分・時間・日・週・月) 月4回以上の取引を行えば無料で使用可能。未満であれば月額4,000円

デューカスコピー・ジャパン『JForex』

JForexはカスタマイズが自由自在に可能!やりたいことは全て出来てしまうそう言っても過言ではありません。高性能ツールの代表格です。当然秒足の表示も可能でさらにその秒足に230種類以上のインディケーターを追加できます。これだけの機能を無料で使えるのはデューカスコピー・ジャパンだけ。トレード初心者から本格的なプロまでお薦めできるツールです。

秒足の設定の仕方

デューカスコピー・ジャパンのJForexの設定

「オプション設定」→「期間」→「期間のカスタマイズ」、そして「時間ベースの期間」を選び、Unitsを「sec」にします。あとはタイム・フレームを選ぶだけです。

デューカスコピー・ジャパン 公式サイト

IG証券『ProRealTimeチャート』

カスタマイズではこちらも負けてはいません。多彩な分析ツールが搭載されています。使用料金がかかりますが、月に4回以上トレードをすれば無料で使うことができます。

秒足の設定の仕方

チャートの上の項目にあるところを「(x)秒」に変えて期間を指定するだけで完了です。

IG証券『ProRealTimeチャート』の設定

IG証券 公式サイト