トライオートFXの仕掛けWARS攻略法!?【ここがポイント】

10月1日に仕掛けWARSの成績競争期間が始まり、ほぼ半月が経過しました。
すでに多くの仕掛けが登録され、熾烈な収益率争いが繰り広げられています。

まぁ、熾烈といっても仕掛けの登録は1人につき1つまでとなっていて、登録後は仕様を一切変更することができないので、仕掛けた後はじっと黙って見守っているしかないのですけれど。

そこで、ふと思いました。

これから仕掛けWARSに参加する方々は、現在ランキング上位に入っている仕掛けとその結果を参考にして、戦略を立てることができるのではないか、と。

現ランキングから見える事実は、これからの仕掛けWARS参加者は必見!?

というわけで、これから仕掛けWARSに参戦しようという方へご参考になればと思い、現在のランキングを眺めていて気付いた点、注目すべきポイントをお話していきます。
仕掛けの登録期間は今月末、10月31日(土)まで。まだ間に合います。

→詳しくはトライオートFXへトライオートFX 公式サイト

とりあえず、2015年10月13日の上位ランキングを見てみましょう。

仕掛けWARS上位ランキング

気になったのがトップ3の収益率が4位以下を引き離していることです。

トップ3の仕掛けの収益率は60%を上回っているのに対して、4位より下になると30%台。

しかし、ランキングに出ている数字を見れば分かるように、実現損益については、4位や5位の仕掛けの方が勝っています。

仕掛けWARSで争われるのは実現損益ではなく「収益率」

もう一度ルールを確認します。

トライオートFXの収益率とは

収益率で争っています。

その「収益率」とは・・

収益率とは、ランキングと同様の形で計算された「(期間中の実現損益±スワップポイント)/バックテスト証拠金*100%」のことで、仕掛けランキングに表示されている収益率と同じものです。
バックテスト証拠金はその仕掛けの必要証拠金に期間中の最大評価損失もしくは最大ドローダウンのいずれか大きい方の金額を加算した数値となります。

収益率を大きくするためには2つの方法があります。

①実現損益を大きくする
②バックテスト証拠金+最大評価損失or最大ドローダウンを小さくする

①のことしか考えてませんでしたが、意外と②を小さくすることで収益率が大きくなるのではと思いました。
要するに実現損益を大きくすることばかりを考えてAP注文(最大ポジション額)を大きくしてると、必然と必要証拠金も大きくなってしまって収益率を上げられない原因となりうるということです。

そしてもしかすると①よりも②の方が簡単なのではと思うのですが、どうでしょうか。

ランキングでトップ3に位置している仕掛けを見てみると、全てAP数(最大ポジション額)は「1本(10K)」となっています。

トップ3のAP数

この設定が本当に有効なのかどうかはともかく、事実そうなっています。

今後もう少し考察したいと思います。

インヴァスト証券公式サイト