<新FXネオ>GMOクリック証券 FXネオ新サービス開始期日がいよいよ発表!最大発注数量が500万通貨の取引モードは大口トレーダー必見!

FXネオ新サービスは2016年2月8日リリース予定

GMOクリック証券が2015年4月にリリース予定を明かしたFXネオ(FXneo)の新サービス、その移行スケジュールが2015年10月13日にいよいよ発表されました。6月にはスケジュールが延期、7月には未定となってやきもきさせられていましたが、遂にです!
公式サイトで発表された新たなスケジュールは以下の通り。

○2015年10月下旬:サービス内容の詳細を案内
○2015年11月30日:デモ取引サービス開始
○2016年1月18日:新サービス先行取引開始(モニター向け)
○2016年2月8日:新サービス正式取引開始
○2016年2月26日:現行のFXネオ取引サービス終了

(GMOクリック証券 公式サイトのお知らせページはコチラ

新サービスの正式な取引スタートは来年2016年の2月8日。その3週間前にはモニター向けとしての先行取引が可能になるとのこと。どういった基準でモニターが選ばれるのか定かではありませんが、ユーザーの皆様にいち早く情報を提供できるよう、可能であればモニター登録をして試したいところです。

FXネオの新サービスの開始は、当初の予定より先とはなってしまいましたが、デモ取引は早くも今年の11月30日よりリリースを予定。10月の下旬には気になるサービスの全貌が明かになるでしょう。まずはそちらに期待です。新情報を得られ次第、当サイトでもお知らせします!

→詳しくはGMOクリック証券へGMOクリック証券

最大500万通貨の発注が可能な大口取引モードに注目!

FXネオの新サービスでは、最大発注数量が500万通貨となる「Exモード」を新たに設けることが発表されています。現在のGMOクリック証券のFXネオでは、新規・決済のどちらも最大注文数量が、1度の発注につき200万通貨(米ドル/円のみ100万通貨)までとなっていますので、その上限が倍以上に引き上げられます。投資上限額を気にする大口トレーダー、投資家の方々にとっては要注目です。
GMOクリック証券は新サービスを「世界最速を目指した新FXシステム」とも謳っており、言わずと知れた業界最狭水準のスプレッドを誇る業者ですから、スキャルピングをされているトレーダーにとっても注目のサービスかもしれません。

他にも、ユーロ/豪ドル、NZドル/米ドル、英ポンド/豪ドル、ユーロ/ポンドの4つの通貨ペアの新たな取り扱いがスタート、Web取引画面のリニューアルといった内容も発表されています。
また、現FXネオのサービスが終了した際に持っているポジションと残高などは、自動的に新サービスへと移りますのでその点はご安心を。

GMOクリック証券は2015年上半期FX取引高世界第1位を獲得!

2015年上半期FX取引高世界第1位

GMOクリック証券は、2012年~2014年までの3年連続でFXサービスにおける世界取引高世界第1位(フォレックス・マグネイト社調べ)、2014年7月~2015年7月までのFX預かり資産は国内第1位を記録(矢野経済研究所調べ)。更に今年2015年の上半期においても、FX取引高世界第1位を獲得しています。
世界一のFX業者であるGMOクリック証券が、「史上最高のトレード環境をご提供!」と豪語している、新サービスには期待しないわけにはいきません。

GMOクリック証券公式サイト

※この記事は、2015年10月16日時点の情報です。時間の経過とともに情報が更新される可能性がありますので、詳細は公式サイトでご確認ください。