セントラル短資FX「みらいチャート(形状予測ツール)」が売買シグナル追加など大幅リニューアル!

みらいチャートがリニューアル

セントラル短資FXが未来予測型ツールの「みらいチャート」を、2016年9月12日(月)より大幅にリニューアルすることを発表しました。
「みらいチャート」は過去のチャートデータを自動で検索し、現在のチャートと類似した動きを検出、その結果に基づき未来のチャート形状を予測するという便利ツールです。
今回のリニューアルにより、「売買シグナル」機能が新たに追加され、ブラウザ表示によるマルチデバイス対応も実施。さらに対応する足種と通貨ペアが追加されるなど、分析可能な幅が大きく広がります。

→詳しくはセントラル短資FXへセントラル短資FX

セントラル短資FX「みらいチャート」のリニューアルポイント

公式サイトにて発表されたリニューアルポイントは以下の通りです。

  • 売買シグナル機能の新規追加
  • FlashからHTML5への移行によるマルチデバイス対応
  • 「CAD/JPY」「EUR/AUD」の通貨ペア追加
  • 「1分足」「10分足」の対応足種追加
  • チャート描画本数が200本から2,000本へ増加

新しくなったみらいチャートの画面

複数のテクニカル指標により導かれた売買シグナルの発生を、まとめてチェックできるようになる機能も追加されるのは嬉しいポイントですね。

また、従来のみらいチャートでは、アプリに内臓という形式で利用できたのですが、リニューアル版はPCとスマホ、タブレットそれぞれよりブラウザのマイページからアクセスする仕様となります。
新規で2つの通貨ペアが追加されて分析可能な通貨ペアは15種類に、足種は7種類まで増えます。
さらに機能面の強化されたみらいチャートが気になる方は、リニューアルバージョンを要チェックですね。

セントラル短資FX 公式サイト