国内ビットコイン業界に新展開!FXTFがビットトレード(BitTrade)社の関連会社に

ビットトレード

ビットコイン、仮想通貨に対する注目度と需要は世界中で大きな盛り上がりを見せています。日本国内でも、国内取引所が増え始め、ビットコインによる決済サービスに対応する店舗が増加、テレビのニュースでも取り上げられる機会が多くなってきています。

そんな中で2017年6月に入り、FXトレード・フィナンシャルから新たな発表がありました。
2017年5月25日付でFXトレード・フィナンシャルは、ビットトレード株式会社への出資比率が25%になり、同社が関連会社となりました。
ビットトレードはビットコインの購入と売却ができ、ビットコインの送金と受け取りも行える業者。豊富なテクニカル分析機能と操作の快適性を備えたチャートツール。コールドウォレットによるビットコインの管理。スマホ環境にも完全対応しています。

FXTFは2016年より一般社団法人日本ブロックチェーン協会に参画し、公式サイトでもビットコインに関するページを用意するなどしていました。
FX業界で培われたノウハウが、ビットコイン業界でどのように活かされていくのでしょうか?今後の国内でのビットコイン・仮想通貨の発展、そしてFXTFとビットトレード社のサービス展開に注目です。

→詳しくはFXトレード・フィナンシャルへFXトレード・フィナンシャル

→詳しくはビットトレードへビットトレード

24時間365日、高性能ツールでビットコインの売買が可能

ビットトレードの取引画面

上記の画像はビットトレードで扱える取引ツールです。ブラウザ利用ですのでインストールは不要。100種類を超えるテクニカル分析を備えたTradingViewを採用。クリックによる注文操作、テクニカルのチャートへの反映、マウスのホイール操作によるチャートの拡大縮小など、快適な使い心地です。ビットトレードの公式サイトでは、口座を開いてなくても取引画面を見ることができますので、興味のある方はぜひ試してみてください。

取引できる銘柄はBTC/JPY現物。取引単位は0.0001BTC。最大で10BTCの発注が可能。売買手数料は0.00%(予告なく変更になる可能性あり)。現時点では1銘柄の現物のみ取り扱いとなっていますが、今後新たなサービスを導入する予定とのことなので、これからの発展にも期待です。

FXトレード・フィナンシャル公式サイト