FXTF MT4にピボット・ポイントやCCI(売買シグナル対応)など、山中康司氏監修のインジケーター3種が新規追加!

FXトレード・フィナンシャルが「FXTF MT4」サービスで使えるインジケーターを新たに追加、あるいはバージョンアップしての提供を開始しました。
新規追加されたのは、MT4セミナーの講師もされている山中康司氏の監修による3種類のインジケーター、「FXTF – Fibo_Pivot」「FXTF – CCI_signal」、そして「ハイロー・アクティベーター」です。
さらに便利になって登場したのは、日本時間をチャートに表示できる
「FXTF – JapanTimeLabel」と、複数の通貨ペアのチャートを重ねられる「FXTF – OverLay Chart」の2種類。
FXTF MT4ではいずれも無条件で利用が可能です。気になる方はぜひチェックしてみてください。

→詳しくはFXトレード・フィナンシャルへFXトレード・フィナンシャル

山中康司氏が監修した3種類のインジケーターが登場!

ピボット・ポイント表示ツール

ピボットポイント表示FXTF MT4にてピボット・ポイントを表示できるインジケーターの「FXTF – Fibo_Pivot」。
一般的なピボットに加えて、フィボナッチ計算に基づくピボットも使用できるのが魅力です。
その日のピボットだけをチャートに表示する「Today」と、加えて過去分も表示させる「Historical」を選択でき、ラインの色やスタイルも修正可能。


CCIに売買シグナルを追加したインジケーター

CCI売買シグナル標準的なCCI(Commodity Channel Index)について、14期間CCIによるゼロ・ライン抜けから「6本経過したところを売買シグナルとする」という基準にもとづいた、シグナルの表示機能を追加したインジケーター。
ラインとあわせて表示されているラインが緑色になったときに新規買い、赤色になったときは新規売りというように見ることができます。


ハイロー・アクティベーター

ハイロー・アクティベーターハイロー・アクティベーターは3期間の安値移動平均線と、3期間の高値移動平均線とを表示させるもので、決済のタイミングをはかる際に役立ってくれるテクニカル指標。


ユーザーの要望を受けて2種類のツールがさらに便利に!

日本時間ラベル表示ツール

日本時間ラベル表示ツール日本時間を表示するツールはすでにあったのですが、この改良版ではローソク足のすぐ近くに時間を表示するようになり、見やすくなっています。
日時の表示形式を自分好みに設定できるなどのユーザビリティも向上。


複数チャートを重ねて表示できるインジケーター

チャートを重ねて表示新しくなった「FXTF – OverLay Chart」では、3種類以上のチャートを重ねて表示させることができ、それぞれの色をわかりやすく設定可能。さらに、重なると見づらかった価格ラベルを左右に動かすこともできるようになり、ますます扱いやすくなりました。


FXTF MT4では、他社にはないオリジナルインジケーターを豊富に揃えており、それらはすべて無料で使用可能です。
また、当サイトでもFXTF MT4にて使っていただける、バイナリーオプション用のインジケーターなどを配布しております。どなたでも自由にダウンロードしていただけますので、そちらもぜひご活用ください。

バイトレナビの案内

FXトレード・フィナンシャル公式サイト