【FXTF MT4】1,000通貨コースでスプレッド縮小キャンペーンを開始!米ドル/円は0.3pips!

FXTF MT4スプレッド縮小キャンペーン

MT4なのに、米ドル/円0.3銭!

FXトレード・フィナンシャルが、「FXTF MT4」における1,000通貨単位取引のサービスを開始するのに伴って、主要通貨ペアのスプレッドを大幅に縮小するキャンペーンを実施しています。
キャンペーンは既に始まっており、2015年7月27日(月)~2015年8月31日(月)NYクローズまでの期間限定で、(※)対象となるのは1,000通貨コースで取引をしているユーザーとなります。

※2015年9月1日(火)より新たにFXTF MT4のスプレッド縮小が開始。キャンペーン期間は2015年9月30日(水)NYクローズまでとなります。

→詳しくはFXトレード・フィナンシャル公式サイトへFXトレード・フィナンシャル公式サイト

FXTF MT4 縮小スプレッド一覧

米ドル/円=0.3pips、ユーロ/円=0.6pipsというスプレッドの値は、FX取引高が世界トップレベルである業者のスタンダードな口座と並んでいます。
期間限定とはいえ、MT4でありながら驚くほど狭いスプレッド値を提供しているFXトレード・フィナンシャルは、MT4ユーザーや興味のある方にとって目が離せないFX会社です。豪ドル/米ドルのスプレッド1.0pipsについては、他の人気FX会社の最狭水準よりも低い値を実現しているという力の入れよう。
具体的な数値が気になるという方は、【FX取引高で世界トップ3に君臨するFX会社のスプレッド比較】ページもありますので、そちらもチェックしてみてください。

FXTF MT4の独自ツール「Mini terminal」による裁量トレード

Mini terminalFXトレード・フィナンシャルは、MT4における裁量トレードにも注力しており、特に独自のツールである「Mini terminal」が非常に便利。利益の金額と許容可能な損失を指定した上でトレードが行えたり、チャートから素早く注文内容の変更が行えるなど、MT4にて裁量トレードをする上で非常に役に立ちます。世界トップクラスのFX業者の、裁量トレード口座と並ぶスプレッドでトレードが行える今、FXTF MT4で裁量トレードをしてみてはいかがでしょうか。
「Mini terminal」についてはFXトレード・フィナンシャル徹底特集ページにある、【FXTF MT4の発注ツール Mini terminal(ミニターミナル)】にて詳しい紹介をさせていただいていますので、そちらもぜひお立ち寄りください。

10,000通貨コースから1,000通貨コースへの変更は1週間単位で申請が必須

「FXTF MT4」で口座を新たに開設した場合は、自動的に1,000通貨コースに設定された状態で取引をスタートでき、スプレッド縮小キャペーンの対象となります。
ただし、既に「FXTF MT4」の口座を持っているのであれば、1,000通貨コースへの移行を申請しなければ、従来の10,000通貨単位で取引するコースのままとなり、キャンペーンの対象外となります。
FXトレード・フィナンシャルのマイページにある、FXTF MT4のページよりコース変更の申し込みが行えます。1週間単位での切り替えとなっていて、締め切りは毎週土曜日の午前7:30。翌週から変更後のコースでトレードが開始できるように。また、申し込みしても変更前のコースで決済していないポジションを所持したままですと、変更が行われないのでご注意ください。

<コース変更手順>

FXTFの口座をお持ちの方は、マイページにログインしてFXTF MT4のページで、コース変更申請ボタンをクリック。
MT4コース変更申請ボタン

以上で申請は完了しますが、実際にコースが変更されるのは翌週の月曜日からとなりますので、ご注意ください。
変更適用は、翌週月曜日から

ちなみに、1,000通貨コースと10,000通貨コースとでは、通貨ペアの表示が異なります。1,000通貨コースの場合は<USDJPY-cd>や<EURUSD-cd>というふうに<-cd>が後ろに付きます。10,000通貨コースでは<USDJPY>、<EURUSD>という一般的な表示。ちゃんとコースが変更されているか、この点ですぐに確認した方が良いでしょう。
1,000通貨コースは、後ろに「-cd」が付く

FXトレード・フィナンシャル公式サイト