GMOクリック証券が「お金のデザイン」と業務提携し、ETF特化型投資一任資産運用サービスの提供を発表

GMOクリック証券がグローバル資産運用サービス「お金のデザイン」との業務提携、「ETF特化型投資一任運用サービス」を新たに提供することを発表しました。
お金のデザインは「お金を、将来の不安から希望に変える」ために、独自のアルゴリズムに基づいて、一人ひとりに適した資産運用サービスを低コストで提供することを目指す企業。

昨年にはインヴァスト証券が「トライオートETF」という新サービスを発表しており、今後は「ETF」サービスへの注目度が高まりそうです。

お金のデザインとGMOクリック証券の業務提携

→詳しくはGMOクリック証券へGMOクリック証券

ETF特化型投資一任運用サービス

ETF特化型投資一任運用サービスでは、世界中にある約6,000銘柄のETF(上場投資信託)から最適なものを抽出、組み合わせることによって、自分だけに合った投資を行うことが可能です。
9つの質問に答えるだけでポートフォリオを提案してくれるというシステムもあり、加えて、業界最低水準でのサービス提供が目指されています。
GMOクリック証券と、お金のデザインが提携することにより、より幅広いユーザーにとってさらに投資サービスを活用しやすい環境が整えられることに期待ですね。

お金のデザインのホームページでは、近日公開予定のポートフォリオを提案するサービスについて、事前登録が行えます。興味の湧いた方は、一度チェックしてみてください。

新FXネオサービスも始まるGMOクリック証券の今後に期待!

新FXネオは2月よりスタート

GMOクリック証券は2016年2月8日より新FXサービスの正式リリースもあり、今回発表された「ETF特化型投資一任運用サービス」とあわせて、ますます目が離せません。
株式や先物取引、CFDといった複数のサービスを運用しており、その全てをひとつのIDとパスワードで利用、振替もリアルタイムで行える「シングル・サインオン」方式が採用されていますので、FXに加えて新たなサービスを始めるという場合でも快適に利用できるでしょう。

GMOクリック証券公式サイト