GMOクリック証券が5年連続でFX取引高世界第1位を獲得!

GMOクリック証券「FXネオ」が2016年の年間FX取引高にて世界第1位を獲得。2012年から数えて5年連続の第1位を獲得しました(Finance Magnates調べ)。

GMOクリック証券が5年連続FX取引高1位

2016年2月に大幅な刷新が実施されたFXネオサービスや、そこで提供されている初心者から経験者の投資家まで幅広く使われている取引ツール、米ドル/円0.3銭などの業界最狭水準を誇る原則固定スプレッド(例外あり)など、多くの点がユーザーに支持された結果でしょう。第三者機関から高く評価されている24時間のサポート体制にも、信頼感があります。

当サイトでは月ごとに、FX会社の取引高比較をしていますが、GMOクリック証券の取引高はダントツと言える結果を発表していました。
2017年はどのようなサービス展開を見せてくれるのでしょうか。今後の進展に期待です。

→詳しくはGMOクリック証券へGMOクリック証券

GMOクリック証券「FXネオ」サービスの特長

2016年に刷新された新FXネオサービス

昨年2016年2月にGMOクリック証券のFXサービスは大幅リニューアルを敢行。従来よりも約6倍の約定スピードや、新規通貨ペアの追加、取引画面の刷新、そして1度の発注上限が500万通貨まで拡大されるExモードの新設など、様々な点でサービスの拡充が行われました。
これについては特集ページを用意していますので、そちらもぜひお立ち寄りください。

新FXネオ

初心者の方でも扱いやすいPC、スマホの取引ツール

使いやすい取引ツール

リニューアルされたPC用のブラウザ取引画面はサクサク動いて情報の把握に便利。38種類のテクニカル指標と23種類の描画オブジェクトを搭載した「プラチナチャートプラス」も、比較チャートや分割機能などの多機能を備えており、オススメ。

iPhoneとAndroid、それぞれに対応しているFXスマホアプリも非常に使い勝手がいいです。ワンタップでの素早い発注や高機能チャート、豊富なマーケット情報といったメリットが詰まっていますので、外出先での取引も快適に行えます。


業界最狭水準のスプレッドを提供

低スプレッド

GMOクリック証券のFXサービスでは、米ドル/円0.3銭、ユーロ/円0.6銭、ユーロ/米ドル0.5pipsなど最狭水準のスプレッドを提供(全て原則固定、例外あり)。取引手数料は0円で低コストにてトレードできるのは大きな魅力。
高水準のスワップポイントも実現しています。


第三者機関から高く評価されているサポート体制

GMOクリック証券はHDI-Japan格付けにより、Webサポート部門にて国内最高評価の三つ星を獲得しています。フリーダイヤルかメールによるサポートは24時間体制という安心感。
FX取引を始めたばかりといった方々にとって、これは嬉しいことでしょう。

三つ星を獲得したサポート体制


GMOクリック証券のサービスには他にも様々な魅力があります。FXだけでなく、バイナリーオプションの「外為オプション」や、株式、CFD、新しくサービスが始まったmaneoなど、多くのサービスを取り扱っています。
気になった方はぜひ、公式サイトもチェックしてみてください。

GMOクリック証券公式サイト