トライオートFXがさらに4通貨ペアのスプレッドを縮小!ユーロ/円は0.5銭、ユーロ/米ドルは0.3pips!

トライオートFXのスプレッド縮小

ユーロ/米ドルは0.3pips!4通貨ペアのスプレッド幅縮小!

2016年2月8日にリニューアルしたインヴァスト証券の「トライオートFX」が、人気の4通貨ペアについてスプレッドの縮小を実施しました。スプレッド幅の縮小は、リニューアルと同時にすでに行われていたのですが、そこからさらに狭められます。
ユーロ/円は0.6銭 → 0.5銭、英ポンド/円は1.1銭 → 1.0銭、豪ドル/円は0.7銭 → 0.6銭、そしてユーロ/米ドルは0.4pips → 0.3pipsに!(すべて原則固定)
このユーロ/米ドルの0.3pipsは、GMOクリック証券がキャンペーンで提示している0.4pipsや、DMM.com証券の0.5pipsなどよりも、基準スプレッドとしては低い水準です!(2016年2月23日時点)

トライオートFXがスプレッドをさらに縮小

→詳しくはインヴァスト証券へインヴァスト証券

GMOクリック証券と外為どっとコムが期間限定でスプレッド幅を狭めるキャンペーンを開催中なのですが、このトライオートFXの縮小は期間限定ではありません。
他のFX業者も追従してくるのでしょうか?期間限定のスプレッドキャンペーンが延長されるか、もしくは期間限定ではなくなったり、別の会社がスプレッドを狭めたり…。激しくなる競争に期待ですね!

インヴァスト証券のトライオートFXでは、自動売買注文もバージョンアップされてより使い勝手が向上しており、またマニュアル注文の1,000通貨単位での取引が可能となるなどのリニューアルを敢行。
数年前まではインヴァスト証券は、それほどスプレッドの低い業者ではなかったのですが、トライオートFXのリリース後は徐々にその幅を狭めており、この2月からは一気に業界最狭水準のスプレッドを提示するようになりました。
AP注文を活用した自動売買を活用したいユーザーにとっても、裁量トレードを主に行いたいトレーダーにとっても、非常にメリットのあるFXサービスです。

インヴァスト証券公式サイト