トライオートFXがリニューアル!米ドル/円0.3銭などの業界最狭水準スプレッド(原則固定)、マニュアル注文の1,000通貨対応など

リニューアルしたトライオートFX

インヴァスト証券が2016年2月8日、リリースから約2年となる「トライオートFX」の大幅なリニューアルを敢行しました。
スプレッド幅(原則固定)が米ドル/円「0.5銭」 → 「0.3銭」に、ユーロ/円「0.8銭」 → 「0.5銭」(2/22〜)などへ縮められ、裁量トレードをメインに提供している他社と並ぶ業界最狭水準に。しかも、ユーロ/米ドルについては「0.7pips」 → 「0.3pips」(2/22〜)へと縮小!基準スプレッドとしては他社で主に提示されている0.5pipsよりも狭くなりました。
さらにAP注文(オートパイロット注文)だけでなく、マニュアル注文による裁量トレードでも1,000通貨単位からの取引が可能になり、裁量トレードとAP注文ともに取引ツールの性能が向上するなど。このページではトライオートFXの注目すべきリニューアル内容をご紹介していきます。

→詳しくはインヴァスト証券へインヴァスト証券

新しくなったトライオートFXの主なリニューアルのポイント

トライオートFXのリニューアルポイント

スプレッドの業界最狭水準化、しかもユーロ/米ドルは0.3pips!!

先にご紹介したように、リニューアルしたトライオートFXでは原則固定のスプレッド幅が業界最狭の水準へと縮小。米ドル/円やユーロ/円、豪ドル/円などの人気度の高い通貨ペアにおいては、GMOクリック証券やDMM.com証券などの提示している幅と並んでいます。

→詳しくはGMOクリック証券へGMOクリック証券

→詳しくはDMM.com証券へDMM.com証券

トライオートFXのスプレッド

裁量トレードの利便性が向上、1,000通貨単位の取引に対応など

リニューアル後のマニュアル取引画面

AP注文だけでなく、マニュアル注文においても1,000通貨単位からの取引が可能となります。トライオートFXの最たるメリットはAP注文による自動売買ではありますが、この改善により裁量トレードとの使い分けが行いやすくなりますね。
また、FIFO機能の追加や、建玉ごとにて一部決済ができるようになるなどのリニューアルも嬉しいです。さらにスマホアプリがバージョンアップし、チャートを見ながらの発注が可能になり、スマートフォンユーザーの環境も快適に。2月27日以降はPC取引画面のチャートも機能が向上します。

マニュアル取引のリニューアルポイント

自動売買注文の取引画面が進化、各種ウィンドウが1画面に集約

自動売買注文画面のリニューアル

ユーザーの利用率が81.4%(※)にものぼる自動売買注文についても様々なリニューアルが行われ、特に取引画面では「仕掛けランキング」、「クイック仕掛け」、「AP作成」の各種画面がすべて、ひとつの画面へと集約。これまではそれぞれ別のウィンドウにて開く必要があったのですが、この改善により各種機能の画面をサクサク切り替えることが可能となりました。
さらに下記のようなバージョンアップも実施、ユーザーから支持されている「仕掛けランキング」がスマホアプリにも装備されるなど、実用性が増しました。

(※2015年7月~12月インヴァスト証券調べ)

自動売買注文のリニューアル画面

トライオートFX進化キャンペーン、リアルトレードバトルも開催!

トライオートFX進化キャンペーン

インヴァスト証券では現在、トライオートFXのリニューアルにともなって「進化キャンペーン」を開催中。2月7日までに口座を持っている方に限るという条件付きですが、マニュアルと自動売買のどちらの注文も対象となり、新規約定と決済約定の両方の取引数量を計上し、合計で100万通貨以上の取引をすれば1万円をキャッシュバック。2016年に入ってすぐ始まった「ワントレで最大1万円」キャンペーンとあわせれば、最大で2万円のキャッシュバックとなります!

進化キャンペーン

第5回リアルトレード トライオートFXグランプリ

さらに、トライオートFXでは第5回となる「トライオートFXグランプリ」が2月8日よりスタート。賞金総額は511万円!総合ランキング、マニュアル部門、自動売買部門の3部門にて決済損益が競われます。
総合ランキングでは500位までが入賞、マニュアルと自動売買部門ではそれぞれ250位までが入賞者。各部門の1位には10万円が贈呈されるのが目玉ですが、500位であっても1,000円の賞金がもらえます。

第5回トライオートFXグランプリ

業界最狭水準のスプレッド(原則固定)となり、自動売買だけでなくマニュアル注文の使い勝手も向上、さまざまなキャンペーンも実施中のトライオートFXは、今後もさらに進化していってくれることでしょう。気になる方はインヴァスト証券の公式サイトへどうぞ!

インヴァスト証券公式サイト