大口トレーダーに朗報!トライオートFXのマークアップ手数料が、1取引50万通貨以上の取引は無料に!

インヴァスト証券から嬉しいニュースです!

2015年5月25日(月)より、トライオートFXのマークアップ手数料が引き下げられ、5,000通貨単位以上1万通貨未満取引の場合は半額に!そして50万通貨以上の取引に関しては、なんとマークアップ手数料が無料にまります!!

→詳しくはインヴァスト証券公式サイトへインヴァスト証券公式サイト

引き下げられるトライオートFXのマークアップ手数料

トライオートFXで自動注文機能オートパイロット注文を利用して取引する際は、マークアップ手数料という手数料が付加されます。

同じトライオートFXの取引でもマニュアル注文(裁量取引)時にはこのコストは不要ですので、このマークアップ手数料というのがAP注文のシステム利用料ということなのですが、この手数料が一部条件において2015年5月25日(月)より引き下げられることになりました。

50万通貨以上で取引する場合は、マニュアル注文時と同条件!

特に嬉しいのが、1取引50万通貨以上で取引する場合で、これまで片道0.3pipsであったのがなんと無料になります。つまりマニュアル注文時と同じ条件でAP注文が活用できるということです。

トライオートFXでは、米ドル/円0.5pips、ユーロ/円0.8pips、ユーロ/米ドル0.7pipsなどと、2015年4月1日より一部の基準スプレッドが大幅に引き下げられており、十分狭いスプレッドのサービスとなっていますので、50万通貨以上の場合にはこのスプレッドのみでAP注文が利用できるというのは非常に大きいことだと思います。

また大口取引だけでなく、新たに「5,000通貨以上1万通貨未満」という設定が設けられ、これまで1万通貨未満は一律片道4.0pipsであったものが、半額の片道2.0pipsへと引き下げられます。

以下は、新しいスプレッドと、2015年4月1日~4月30日の基準スプレッドに対する提示率です。
トライオートFXの新スプレッド

1万通貨で取引する場合のコストはこれまでと同じ条件ですが、少額、大口での取引がしやすくなったのは喜ばしいところです。

インヴァスト証券公式サイト

※この記事は、2015年5月22日時点の情報です。時間の経過とともに情報が更新される可能性がありますので、詳細は公式サイトでご確認ください。