深夜に自動売買。トライオートFXのメリット・デメリット

寝て起きたら、インヴァスト証券からの注文成立メール。

【トライオートFX】注文成立のお知らせ
=====================
[約定成立日時]
2015/02/17 03:25:01
[商品]
EUR/USD
[売買]

[新規決済]
決済
[約定数量]
10,000
[約定価格]
1.13270
[取引価格]
1.13280
[損益]
2,367円
=====================

正直、含み損を抱えていた時間が長かったポジションだけに、ほっと一安心。
そして利食ったと思ったら、直後の反発で上がったところを、すかさずまた「EUR/USD 応用 レジスタンス」の仕掛けが作動し、深夜5時前に売りエントリーが入っていました。
まさに、トライオートに任せておいて、深夜にほったらかしで売ったり買ったりしてくれている感じですね。
EUR/USD 応用 レジスタンス仕掛け

下が、新しくなったトライオートのチャート。
テクニカル指標の種類が非常に豊富で、チャートの挙動も直感的でとても使い易いチャートに進化しています!
トライオートの新チャート

そして、2015年2月17日時点のトライオートFX口座の損益状況。
トライオートFXグランプリでは、依然トップの方が240万オーバーの利益とダントツですが、マイペースで地道に利益を積み上げていこうかなと思っています。
トライオートFXグランプリ結果2015年2月17日

→詳しくはインヴァスト証券公式サイトへインヴァスト証券公式サイト

ということで、ここまでトライオートFXを使ってみて最近感じたトライオートのメリット・デメリットを。

まず、トライオートFXのデメリット

システムトラブルが最近多くなってきたこと。
チャート機能の強化やAP注文の仕掛け変更が柔軟になったりと、素晴らしい進化をしているトライオートFXですが、昨日の夜もシステムにトラブルがあったようで、ログインしてもチャートが見られなかったり、APカードが開かなかったりで非常に重たかった。
有効証拠金額や評価損益はきちんと動いているので、売買はきちんと動作しているようですが、注文画面が重たければユーザーは実質使えない。
前回は、2月6日 22:30~23:00ごろと米雇用統計のタイミングだったんで、仕方がないかなとも思っていましたが、昨日などは20:00~00:00と時間も長くちょっと困りましたね。

FXをやる以上は様々なリスクを理解してやるのが大前提なので、システムトラブルによるリスクももちろん考慮しておかなければなりませんが、ここはもう少し頑張って欲しいところです。

そして、トライオートFXのメリット

やはり半自動売買的に取引してくれる点。
これはトライオートFXの真骨頂なのですが、やはり裁量取引時に弱点となる心理面の弱さをカバーしてくれるツールとして開発されただけに、うまく仕掛けが機能すれば、ほっておいても利益が出ているという点。
深夜であろうと、勝手に利食いして、反発して戻ったところを有利な位置から再度エントリーしてと、相場を監視していなくても思惑通りに利益を上げてくれることでしょうか。

もちろん、仕掛けを作る際に相場の方向性が間違っていたり、利食い・損切り位置をどこにするかなど、戦略が間違っていたら勝てないのは当然ですが、戦略がハマってその通りに自動的に取引して利益を積み上げてくれるのはトライオートFX最大の魅力ですね。

それともう一つは、進化・改善が早いという点。
先日のチャート機能の強化や土日のAP注文対応に引き続き、まもなく勝っている仕掛けが分かる「仕掛けランキング」機能や、スマホアプリのリリースが予定されているなど、進化・改善のペースが早いというのも大きな魅力。
トライオートFXがリリースされた直後に、インヴァスト証券さんへ取材に行かせていただき、「トライオートFXにかける思い」を直接聞かせていただいたというのも大きいですが、この商品をもっと磨きをかけてユーザーに役立つシステムを作ろう!お客様に勝って欲しい!と力を入れているのが伝わってきます。

>>> 【訪問取材】インヴァスト証券 トライオート Vol.

インヴァスト証券公式サイト

※この記事は、2015年2月17日時点の情報です。時間の経過とともに情報が更新される可能性がありますので、詳細は公式サイトでご確認ください。