「みんなのオプション」と「みんなのバイナリー」の違いは?

トレイダーズ証券が新たにバイナリーオプションを展開!「みんなのオプション」というサービス名で、リリース日は2015年12月26日。

トレイダーズ証券では、「みんなのFX」と「みんなのシストレ」という2サービスを展開しており、これまでも「みんなのFX口座」と口座振替ができる「みんなのバイナリー」というバイナリーオプションサービスはありましたが、今回リリースする「みんなのオプション」は、「みんなのシストレ」でのサービスとなります。

「みんなのオプション」と「みんなのバイナリー」の違い

「みんなのバイナリー」とは別のサービスとなりますので、「みんなのバイナリー口座」を保有している方も、「みんなのオプション」を取引するには新たに口座開設が必要になります。

ただし、バイナリーオプションの口座開設時にクリアしなければならない「BO取引に係る知識確認テスト」については「みんなのバイナリー」の口座を保有している方はこのテストが不要となるのは嬉しい点。

→詳しくはみんなのオプションへ みんなのオプション

→詳しくはみんなのバイナリー公式サイトへみんなのバイナリー

「みんなのオプション」と「みんなのバイナリー」の違いは?

「みんなのオプション」には、レンジオプションがある

では、両サービスの違いは?比較的にている点も多いのですが、決定的に違うのは、「みんなのオプション」にはレンジオプションがあるという点。
「みんなのバイナリー」ではラダーオプションだけですが、「みんなのオプション」では、ラダーオプションとレンジインオプション、レンジアウトオプションの3つの取引方法が可能ですので取引の幅が増えます。

「みんなのオプション」は、4通貨ペアで取引可能

また、取扱い通貨ペアについて。
「みんなのバイナリー」では、米ドル/円、ユーロ/円、ポンド/円の3通貨ペアですが、
「みんなのオプション」では、米ドル/円、ユーロ/円、ポンド/円、ユーロ/米ドルの4通貨ペアの取引が可能です。

その他の、商品特徴としては非常に似ており、1ロットあたりのペイアウト金額や取引開始時間、最大取引上限など共通する部分は多いです。
サービスはこれからですので、当然まだ月次取引実績は出ていませんが、1,2ヶ月経って、今後、月次取引実績として公表される勝率が「みんなのオプション」と「みんなのバイナリー」でどう差が出るかは見極めていきたいところです。

サービス名 みんなのバイナリー みんなのオプション
取引タイプ ラダーオプション ラダーオプション
レンジオプション
取扱通貨ペア 3通貨ペア
米ドル/円、ユーロ/円、ポンド/円
4通貨ペア
米ドル/円、ユーロ/円、ポンド/円、ユーロ/米ドル
取引限度額 1取引注文あたり50ロット
全オプション合計300ロット
1取引注文あたり50ロット
全オプション合計300ロット
取引回数 1日に11回 1日に11回
開始時刻 各時間の10分から開始 各時間の10分から開始
1ロット購入金額 50円〜990円 50円〜990円
ペイアウト金額/1ロット 1,000円 1,000円

みんなのオプション 公式サイト

みんなのバイナリー 公式サイト