【マネックス証券】tradableがリニューアル!ツール画面からアプリストアが開けるように

tradable画面

2015年7月18日、マネックス証券が提供している、エンターテイメント感覚で扱える取引ツール「tradable」の大幅なリニューアルが行われました。version51.46から65.7へと移行し、フラットデザインの導入がなされて取引画面は非常にシンプルに、かつ今まで以上にスタイリッシュとなった印象。新しくワークスペースを開くのも簡単です。また、チャートやレートなどの各ツールはドラッグすることで、シームレスにツール画面の外へ出すこともできます。

→詳しくはtradable公式サイトへtradable公式サイト

tradableプラットフォーム上からそのままappstoreが開ける!

tradableアプリストア画面tradableのツール上で手早く<appstore>を開くことが可能になるという、かなり嬉しいリニューアルも実施されました。いちいち別のウィンドウでアプリストアへ行く必要がなくなり、ツール画面の左上にある水色のボタンを押下すれば、appstoreがプラットフォームに出現します。
カテゴリごとに好きなアプリを探せるのはもちろん、ダウンロード数のランキングや、各アプリのレビュー(文章はほぼ英語ですが)も閲覧できます。
既にあるアプリをワークスペースに反映させる場合は、このappstoreの右上に表示されている【アプリを適用する】の部分をクリック、使用したいツールを選択すればオーケーです。初期状態から多数のインジケーターも備えられており、これらはチャートまでドラッグすれば利用できるようになります。

FX PLUSスマホアプリも7月24日にアップデートの予定

tradable以外にも、7月24日(金)にはマネックス証券が取り扱っている、「FX PLUS」のiPhone/Android用スマートフォンアプリの大きなリニューアルが予定されています。
新規・決済・ドテンの注文をシステムが自動で選択してワンクリックだけで取引が行えるようになる<クイック注文>や、それにともなってクイック注文の対象ポジションを選べるように。チャートの4分割表示も行えて、各チャートのチャート周期なども変えることが可能になります。ツールデザインの全体的なリニューアルも実施、検索機能も追加、注文などの操作を行っている途中で別の画面へ移動しても、前の操作画面がそのままになって途中から再開できるなど細かな点も改善。

smaho

リニューアルされたtradableは無料のデモもありますので、気になった方は公式サイトにてぜひ使ってみてください。手早く自分に合ったアプリを採用し、自分だけの快適な環境を作り上げていける、tradableでしか味わえないエンタメFXの感覚をどうぞ。

tradable公式サイト

※この記事は、2015年7月21日時点の情報です。時間の経過とともに情報が更新される可能性がありますので、詳細は公式サイトでご確認ください。