今注目のFX業者は トレイダーズ証券、SBI FXトレード、DMM.com証券!

ファイナンス・マグネイト東京サミット2015が開催されました

2015年7月29日に、世界規模のFX情報配信ウェブサイトを運営するファイナンス・マグネイトが主催する、東京サミット2015が開催。そこで、業界関係者による無記名投票にて、FX業界にて活躍する業者に対し、5部門の栄誉ある賞が贈られました。

トレイダーズ証券:ベスト・FXブローカー賞

ベストFXブローカー賞の楯みんなのFXやみんなのバイナリー、みんなのシストレを提供している「トレイダーズ証券」がベスト・FXブローカー賞を受賞。口座数は24万口座を突破し、取引ツールは積極的なバージョンアップが行われて使い勝手が良く、取り扱っている通貨ペアはどれも業界最狭の水準。
キャッシュバックや食品のプレゼントを実施するなど多様なキャンペーンも魅力的です。

みんなのFX(トレイダーズ証券)の紹介ページはこちら

トレイダーズ証券 公式サイト

SBI FXトレード:ベスト・トレーディングプラットホーム賞

「SBI FXトレード」はベスト・トレーディングプラットホーム賞を受賞しました。高機能でありながら、細やかな配慮が行き届いているリッチクライアント版ツールが非常に使いやすく、22種類ものテクニカルを搭載しているハイスペックのスマホアプリもかなり便利。プラットフォームだけでなく、米ドル/円の最小スプレッドは0.27銭という驚きの水準を実現しており、それ以外にも随時縮小を行っているなど、要注目です。

SBI FXトレードの紹介ページはこちら

SBI FXトレード 公式サイト

DMM.com:ベスト・マーケティングブローカー賞

DMM FXを運営する「DMM.com証券」がベスト・マーケティングブローカー賞を受賞。人気タレントなどを起用した日本人向けのコマーシャルを多く流しており、サミットを主催しているフォレックス・マグネイト社が発表しているFX取引高において、2015年第一四半期は世界No.1を記録。米ドル/円のスプレッドは0.3銭など業界最狭の水準を提供しており、様々なニーズに応じたツールも好評。今最も勢いのあるFX業社の一つです。

DMM FX(DMM.com証券)の紹介ページはこちら

DMM.com証券 公式サイト

FX取引高では、GMOクリック証券が再び世界第1位に!

また上記のサミットにて受賞とはなりませんでしたが、GMOクリック証券がここに来て更に勢いを増しています。第一四半期で1位だったDMM.com証券を見事に抜き、2015年第2四半期におけるFX取引高世界第1位を獲得しました(Finance Magnates「Q2 Report 2015」調べ)。

GMOクリック証券が2015年第2四半期、FX取引高世界第1位を獲得

2015年第2四半期FX取引高、世界第1位口座数が既に40万口座を突破している「GMOクリック証券」がここに来て更に勢いを増し、2015年第2四半期においてFX取引高、世界第1位を獲得しました(Finance Magnates「Q2 Report 2015」調べ)。
今年度には新サービスの開始も予定しており、人気女優を起用した新CMの放映もスタート。38種類のテクニカルを搭載する構成のチャートや、多様なツールに対応する取引システム、FX以外のサービスも取り扱っており管理の手間がかからないなど、見どころが非常に多い。今後の動向に、ますます目が離せません。

GMOクリック証券の紹介ページはこちら

GMOクリック証券公式サイト

※この記事は、2015年7月31日時点の情報です。時間の経過とともに情報が更新される可能性がありますので、詳細は公式サイトでご確認ください。