SBI FXトレードがトルコリラ/円や韓国ウォン/円など、14通貨ペアの新規取り扱いを開始!

新規通貨ペア14種類の取扱い開始

SBI FXトレードが2016年11月14日より新規通貨ペアの取扱いをスタート!14種類の通貨ペアが一挙に追加され、同社のFXサービスにて取引できるのは26通貨ペアとなりました。
新たに加えられたのはトルコリラ/円や韓国ウォン、台湾ドル/円、ポンド/豪ドルなど。

→詳しくはSBI FXトレードへSBI FXトレード

新規14通貨ペアの原則固定スプレッド幅を公開中

SBI FXトレードでは注文数量によって変動するスプレッドが設定されており、その基本となる幅が公表されていますので、ここでもお知らせします。

と、スプレッドは変わっていくと言ったのですが、トルコリラ/円と韓国ウォン/円、香港ドル/円についてはどの注文数量でも原則固定となっていますね。
高金利通貨、スワップポイントを狙えることで注目されるトルコリラ/円は4.8銭。このスプレッドはヒロセ通商(4.9銭原則固定)、外為どっとコム(7.0銭原則固定)と比べても低水準となっています。

(ちなみにSBI FXトレードでは、ロスカット時は最も狭いスプレッド幅が適用されます)

新規通貨ペアのスプレッド

スマホ対応を開始した「積立FX」サービスにも注目!

積立FXをスマホで取引

FXでの通貨ペア追加とあわせて、SBI FXトレードで提供されている「積立FX」にもぜひご注目を。
1〜3倍の低レバレッジによるリスクを抑えた取引ができて、設定を行えば定期的かつ自動的に外貨を購入してくれるというもの。

積立FXはこれまではパソコンのみで取引可能だったのですが、ようやくiPhoneやAndroidスマホにもサービスが対応しました。

SBI FXトレード公式サイト