Win-invest Japan【Winらくトレ】

Winらくトレは着実にスキルを磨ける支援サービス

Win-invest Japan

「Winらくトレ」はWin-invest Japan株式会社のセミナー講師であり、現役トレーダーでもある齊藤トモラニ氏が自ら配信する<トレード支援情報配信サービス>です。20EMAや75EMA、独自のインジケーターであるWBR(Win-Bollin-Rsi)が示すサイン、市場の状況を元にしたトモラニ氏の見解とトレード状況が、リアルタイムに配信されます。
公式サイトにも大きく記載がある通り、トレードで利益を出すのはもちろんのこと、「Winらくトレ」はFXを本当に学びたい方へ向けたサービス。順次配信されるメールをしっかりと読み、実際のトレード画面も確認、その上で自らのトレードスタイルを築き上げていくには地道な努力が不可欠です。なので、利益を出せる必勝法や簡単に結果を出したいという人には不向き。
ただし、本気でFXにて利益を出したい、学んで腕を磨きたいという意志のある人にとっては、非常に有益なサービスです。

→詳しくはWin-invest Japan公式サイトへWin-invest Japan

Win-invest Japan


貴重な齊藤トモラニ氏のチャートを共有

トモラニ氏が自らのチャートを共有してくれますので、プロが描くサポートライン、レジスタンスライン、トレンドラインを実際に見ることができます。最も基本的で、かつ重大な基準となるラインは、引き方を間違えば大きな失敗に繋がることもあり得ます。チャートの引き方はネットで調べられても、リアルタイムでプロが描くラインと、自分のラインとを随時見比べることが可能なのは、Winらくトレのサービスならでは。
実際に共有したチャート画像

メール配信サービスで日常的にスキルアップ

Winらくトレ メール配信サービス1日の内に2、3通ほど、独自のトレード手法に基づいて導き出された注目すべきチャートのポイントについて、解説が配信されます。どのような動きがあればエントリーすべきなのか、ここはじっくりと様子を見ておくべきなのか、といった見解を随時伝えてくれます。
また、毎週日曜日には<先週の振り返りと鉄板パターン構築>と称して一週間のまとめと詳細なチャートの解説、そして<来週の戦略>をチャート上に予想できるラインを描くなどして伝えてくれます。
読み続けることによって自然とトレードの考え方が鍛えられるだけでなく、20EMAと75EMA、WBRなどの活用方法をしっかりと理解できるようにもなります。

WBR(Win-Bollin-Rsi)とは?

「WBR(Win-Bollin-Rsi)」とは、トモラニ氏が自ら考案した、RSIとボリンジャーバンドを組み合わせたインジケーターです。「山チク」や「谷チク」という独特のサインからエントリーのポイントを見つけ出すことが可能なもの。
ボリンジャーバンドの生みの親である、ジョン・ボリンジャー氏のアドバイスから作られたこの「WBR」については、市販の【簡単サインで「安全地帯」を狙うFXデイトレード FXコーチが教えるフォロートレード】という本を読んでいただければと思います。「WBR」を実践したときのトレード結果の成功と失敗について、かなりのページ数を割いており、具体的にその有用性が実感できます。

簡単サインで「安全地帯」を狙うFXデイトレード

ちなみに、ひまわり証券では「HWBR」と名称は少し異なっていますが、齋藤トモラニ氏が生みだしたテクニカルを無料で使用することができます!「HWBR」が気になった方は、紹介ページを用意していますので、ぜひそちらもお立ち寄りください。

Win-invest Japan訪問取材!

実際に、Win-invest Japan社に伺い、杉田会長と齊藤トモラニ社長にも取材させていただきました。FXにかける想いや、「Winらくトレ」のサービスを通して実現したいことなど本音で沢山伺ってきましたので、ぜひ訪問取材のページもご覧ください。

>>> ウィンインベストジャパン訪問取材

Win-invest Japan 公式サイト