【FX週刊チャート分析】緊急事態宣言相場(日足からテクニカル分析)[2020年4月14日]

外出しても当然人通りが少なく、寂しい感じです。5月6日まで長いようで短いような、短いようで長いような、もやもやとした気持ちで過ごさないといけないのは結構つらいかも。

ドル円を中心としたクロス円とドルストレート。そしてダウです。動画でも解説しました。スイング向けの分析となります。参考になれば幸いです。

2020年4月14日(火)14時時点での相場分析

自粛相場

 

ドル円

 
ドル円の日足です。

ドル円の日足

この後の展開が読みづらいです。直近の高値と安値をブレイクしたところでトレンドとなるとは思えず。ボラが小さくなってしまい、判断が難しくなっています。

 

ドル円の週足です。

ドル円の週足

112.20円以上は大きなレジスタンスと見れます。下はヒゲとなっているところですね。終値確定で超えられるかどうか。

 

ダウ先物

ダウの日足です。

ダウの日足

下げ止まってはいます。しかし、ここから上げ続けるというイメージが湧きません。コロナが解決しない限り、どこかのタイミングで下落が始まると思ってます。ここでロングはできません。

 

ユーロ円

ユーロ円の日足です。

ユーロ円の日足

ユーロ円はテクニカル泣かせです。こうなると高値と安値をブレイクするまで様子見です。

 

ポンド円

ポンド円の日足です。

ポンド円の日足

ポンド高の影響か上昇しつつあります。ただこれもどこまで続くか判断が難しいです。

 

ユーロドル

ユーロドルの日足です。

ユーロドルの日足

ユーロドルもドル円と同じようなペナントになっています。では上昇となったとしても買うことはできず。明確なトレンドとならない限りはノートレをしたいです。

 

ポンドドル

ポンドドルの日足です。

ポンドドルの日足

上昇しているのは分かりますが、とても買える感じではありません。たしかに直近の高値も超えましたが。1.32を超えて初めて買おうという気になります。

 

この状況でトレードをしようとは思いません。自分のトレードパターンになってからトレードするのがいいと思ってます。次のイベントがあるまで様子見(トレード自粛)したいです。

 

次回の動画記事は4月21日の14時頃になります。最後まで見てくださり、ありがとうございました。

見ているFXチャートはゴールデンウェイ・ジャパンのMT4です。CFDも表示することができます。ぜひ一度試してみてください。

 

FXナビでは毎週火曜日に、ドル円を中心とした相場分析の動画を配信しています。
解説を担当しているのはFXトレード歴10年のスタッフ、Masaです。
忙しい合間にもサクッと視聴できるよう5分でまとめています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました