メキシコペソ/円のテクニカルチャート分析!2019年の見通し予想

メキシコペソ/円のテクニカルチャート分析

メキシコペソ。日本人にはあまり馴染みがない通貨ですが、ここ最近FX業者でメキシコペソ/円を取り扱うようになってきました。なぜならメキシコは高金利であり、メキシコペソ円はスワップが高いから。今後の予想をチャートを使ったテクニカル分析で予想してみます。(毎週月曜日に更新予定)

 

実際にメキシコペソ/円をスワップ狙いで10万通貨持ってみました。

FXプライムbyGMOのリアル口座に30万円(2018年8月1日)を入金し、メキシコペソ/円の買いを10万通貨保有してみました。

 

FXプライムbyGMOで半年間ポジションを持った結果

2018年8月1日から2019年2月27日

[スワップ]27,600円 [評価損益]3,300円

 

スワップが27,600円付きましたが、為替損益が24,300円もあり、トータルで3,300円となってしまいました。下落トレンド中にロングポジションを持つことは控えたいです。底を見極めるのが難しいと感じました。

 

メキシコペソ/円の日足チャート

長い下ヒゲが出ています。

 

まとめ
  • ポイントとなる6円を明確に越えてくるのかどうか
  • 最安値の5円が意識されている
  • 基本レンジ相場で安定している

 

メキシコペソ/円の週足チャート

6円を超えると次は直近の高値である6.42が意識されます。ここまで伸びるのかが焦点です。

 

メキシコペソ/円の月足チャート

仮に下落した場合は5円(最安値4.958)がポイントとなるでしょう。きちんと損切りができるかどうか。

 

ポイント

メキシコは産油国です。原油価格に左右されることもあります。

原油の月足

CFDを扱うFX業者の原油チャートも見ると成功する確率も上がるでしょう。

 

メキシコの主な経済指標カレンダー【2018年12月版】

時間 指標 前回 予想 結果
7日 23時00分 11月消費者物価指数(CPI) 0.52% 0.77% 0.85%
20日 28時00分 メキシコ中銀、政策金利 8.00% 8.25% 8.25%

 
 

メキシコペソのIMMポジションを見てみよう

今後のメキシコペソ円の動向、見通しを考えるのはなかなか難しいと思います。そこで参考にする指標としてCFTC(全米先物取引委員会)が毎週公開しているIMMポジションです。

メキシコペソのIMMポジション

オアンダジャパンではメキシコペソ円の取引はできませんが、英語のサイトでIMMポジションを公開しています。グラフ化され見やすいです。

「情報場所」 オアンダジャパン→マーケット情報→OANDAラボ CFTC’s Net non-commercial positions

メキシコペソでショートポジションよりロングポジションが多いときだけ、メキシコペソ円のロングをエントリーするというも一つの考え方だと思います。参考にしてみてください。

OANDA Japan公式サイト

タイトルとURLをコピーしました