メキシコペソ/円のテクニカルチャート分析!2018年の見通し予想

メキシコペソ/円のテクニカルチャート分析

メキシコペソ。日本人にはあまり馴染みがない通貨ですが、ここ最近FX業者でメキシコペソ/円を取り扱うようになってきました。なぜならメキシコは高金利であり、メキシコペソ円はスワップが高いから。今後の予想をチャートを使ったテクニカル分析で予想してみます。(毎週月曜日に更新予定)

実際にメキシコペソ/円をスワップ狙いで10万通貨持ってみました。

FXプライムbyGMOのリアル口座に30万円(2018年8月1日)を入金し、メキシコペソ/円の買いを10万通貨保有してみました。

【2018年12月10日現在】
[スワップ]18,920円 [評価損益]マイナス29,080円

メキシコペソ/円の日足チャート

メキシコペソ円の日足

上昇の勢いは感じられません。買いなら6円を超えてからか。少し下がる可能性もありそうです。

まとめ
  • ポイントとなる6円を明確に越えてくるのかどうか
  • 最安値の5円が意識されている
  • 基本レンジ相場で安定している

メキシコペソ/円の週足チャート

メキシコペソ円の週足

6円を超えると次は直近の高値である6.42が意識されます。ここまで伸びるのかが焦点です。

メキシコペソ/円の月足チャート

メキシコペソ円の月足

仮に下落した場合は5円(最安値4.958)がポイントとなるでしょう。きちんと損切りができるかどうか。

ポイント

メキシコは産油国です。原油価格に左右されることもあります。

原油の月足

CFDを扱うFX業者の原油チャートも見ると成功する確率も上がるでしょう。

メキシコの主な経済指標カレンダー【2018年9月版】

時間 指標 前回 予想 結果
7日 22時00分 8月消費者物価指数(CPI) 0.54% 0.51% 0.58%


月足チャートで推移を確認

MXN/JPYの月足チャートです。(画像は外為どっとコムの外貨ネクストネオ)

メキシコペソ/円の月足チャート

5.000を底と考え、長期で持ち続けるなら買いの場所とも言えそうです。ここ最近はアメリカの大統領選に影響されました。今後もトランプ大統領の政策や発言などによりメキシコペソ円は大きく動くことも十分にありえます。

ちなみにメキシコペソの通貨記号は「$」となり、アメリカのドルと同じことから「Mex$」と表記されることもあるそうです。そして通貨単位にセンターボがあり、1ペソは100センターボになります。

メキシコペソのIMMポジションを見てみよう

今後のメキシコペソ円の動向、見通しを考えるのはなかなか難しいと思います。そこで参考にする指標としてCFTC(全米先物取引委員会)が毎週公開しているIMMポジションです。

メキシコペソのIMMポジション

オアンダジャパンではメキシコペソ円の取引はできませんが、英語のサイトでIMMポジションを公開しています。グラフ化され見やすいです。

「情報場所」 オアンダジャパン→マーケット情報→OANDAラボ CFTC’s Net non-commercial positions

メキシコペソでショートポジションよりロングポジションが多いときだけ、メキシコペソ円のロングをエントリーするというも一つの考え方だと思います。参考にしてみてください。

OANDA Japan公式サイト

メキシコペソ/円と米ドル/円の相関関係は?

メキシコペソ/円と米ドル/円との関係を見てみましょう。10年以上の長期チャートで比較してみました。

G.comチャートで見るメキシコペソ/円とドル/円の相関関係

2015年の期間は相関関係が崩れていますが、その他の期間は1に近い値で相関があると言えるでしょう。円高か円安かの判断をしっかりとするためにもドル円の動きにも注視した方が良さそうです。

このようにメキシコペソ/円との相関関係を簡単に見ることができ、チャートの比較ができるのが外為どっとコムのG.comチャートの特徴です。他の通貨ペアとも比較して分析をしてみてください。

外為どっとコム公式サイト