バイナリーオプションに応用可能!FX各社の高機能チャートツール特集

国内FXバイナリーオプションを提供している各業者が、FXサービスにおいて提供している高機能チャートツールをまとめてご紹介します。
紹介している各社では、バイナリーオプション口座を利用するためにはFX口座の開設が必須であり、FXサービスの取引ツールも使用可能になるのですから、それらを活用しないのはもったいないです。ぜひとも、バイナリーオプション取引が行えて、かつ自分にとって最適と思えるFXチャートツールを使えるFX業者を探し出しましょう。
ちなみに、掲載しているFXツールはすべてWindowsとMacの両方に対応しています。

また、バイナリー業者に限らず、注目すべきFX業者の高機能チャートツールをまとめてスペックの徹底比較をしているページも用意していますので、そちらもぜひご参考ください。

バイナリーオプション業者の高機能FXチャートツール一覧

FX業者 ツール名 機能概要 公式サイト
GMOクリック証券
【外為オプション】
プラチナチャートプラス
(新FXネオ)
38種類のテクニカル指標、23種類の描画ツールを装備。表示可能な足種も18種類と豊富で3分足も利用可能。各種通貨ペアのプライスボードとチャートに加えて、最新のニュース情報と経済カレンダーも搭載。比較チャートでは全通貨ペアに加えて、日経平均やTOPIXといった指標との比較もできます。 [GMOクリック証券>詳細]
FXプライム byGMO
【選べる外為オプション】
プライムチャート
(選べる外貨)
54種類のテクニカル指標、27種類の描画オブジェクトを搭載。チャート分析機能に特化しておりサクサク動く操作感、各種パネルのレイアウトを自動整列できるのが快適。10種類のテクニカル指標による21種類の売買シグナル表示機能も利用可能。 [FXプライム byGMO>詳細]
IG証券
【IGバイナリー】
ProRealTimeチャート 82種類ものテクニカル指標を搭載し、足種も26種類と充実。ティックや秒足、月足までの単位を指定して表示足をカスタマイズすることも可能。5分ごとにトレンドラインを自動描画するなど独自の高機能が豊富。 [IG証券>詳細]
ヒロセ通商
【LION BO】
LIONチャート
(LION FX)
マイクロソフトのSilverlight仕様。売買シグナルや、希望のローソク足を2本選ぶだけで本数もしくは高値から安値の値幅がすぐにわかる計測ツールなど便利機能を搭載。チャート上に経済指標の発表箇所を表示してくれるのが親切。 [ヒロセ通商>詳細]
トレイダーズ証券
【みんなのオプション】
FXトレーダー
(トレード口座)
快適な操作感で、プライスボード、チャート、最新ニュースと経済指標などのパネルを自由に表示/非表示、配置のカスタマイズが可能。トレード口座における売買比率を公開しており、このツール内で表示することもできます。 [みんなのオプション>詳細]
トレイダーズ証券
【みんなのバイナリー】
FX TRADER2
(みんなのFX)
プライスパネルやチャートなど基本的なパネルを自分にあった配置・配色に変更可能。売買比率のチェックもでき、最大4種類の通貨ペアの値動きを重ねられる比較チャートも装備。FX TRADER2とみんなのバイナリーの画面には、それぞれの取引画面をワンクリックで表示できるボタンがあるのが便利。 [みんなのバイナリー>詳細]

GMOクリック証券「プラチナチャートプラス」

2016年、新FXサービスへ移行すると同時にプラチナチャートも「プラチナチャートプラス」としてリニューアルし、さらに使い勝手が向上しました。基本的な機能が充実していますし、一部のトレーダーから厚く支持されているペンタゴンチャートの描画といった機能が備わっているのも特徴的。ニュースパネルではMarketWin24とダウジョーンズ、日本証券新聞と3社から配信される情報を閲覧できます。インストール不要のブラウザ表示。
ちなみに、「外為オプション」の取引画面にプラチナチャートプラスをすぐ表示させられるボタンがあり、併用するのにお役立ちです。

→詳しくはGMOクリック証券公式サイトへGMOクリック証券

GMOクリック証券のプラチナチャートプラス

GMOクリック証券 公式サイト

FXプライム byGMO「プライムチャート」

「プライムチャート」はチャート分析機能に特化した高機能ツール。複数のパネルを表示させて、それらをワンクリックで整頓してくれる機能は本当に快適です。54種類が揃うテクニカル指標の中には、スーパーボリンジャー・スパンモデルといった人気のテクニカルも搭載。また、10種類のテクニカルに基づく売買シグナルを設定すれば、チャートにわかりやすくシグナル発生箇所を表示させることもできます。

→詳しくはFXプライム byGMO公式サイトへFXプライム byGMO

FXプライム byGMOのプライムチャート

FXプライム byGMO 公式サイト

IG証券「ProRealTime(プロリアルタイム)チャート」

まさにプロ仕様と言えるIG証券の「ProRealTime(プロリアルタイム)チャート」。数多くのインディケーターを標準装備しており、自動的にトレンドラインや水平線を描いてくれるといった魅力的な機能が充実しています。このページで紹介しているツールの中で唯一、秒足のチャートを表示できることもポイント。
ちなみに、プロリアルタイムチャートは月に4回以上の取引をすれば無料で使えますが、その条件を満たしていなければ1ヶ月に4,000円の使用料が必要ですのでご留意を。

詳しくはIG証券公式サイトへIG証券

IG証券のプロリアルタイムチャート

IG証券 公式サイト

ヒロセ通商「LIONチャート」

ヒロセ通商の「LIONチャート」では、メインのチャート画面とミニチャート画面に分かれており、後者のミニチャートでは直近100本のティックチャートをいつでもチェックできるのが便利です。メインのチャートを4画面、6画面へとスピーディーに変更できるもの快適。
売買シグナルをチャートに表示する機能、さらに経済指標の発表されるタイミングがわかりやすいよう、チャート上に表示する機能も搭載されています。

→詳しくはヒロセ通商公式サイトへヒロセ通商

ヒロセ通商のLIONチャート

ヒロセ通商 公式サイト

みんなのシストレ(トレイダーズ証券)「FXトレーダー」

2016年6月にリリースされた「FXトレーダー」は操作性が良く、各種画面も見やすいデザインとなっています。利用できるテクニカル指標は、単純移動平均線や指数平滑移動平均線、一目均衡表といった基本的なものから、スパンモデルとスーパーボリンジャーなどを搭載。バイナリーオプション口座ではなく、FXのトレード口座になるのですが、実際の取引に基づいた売買比率を自由にチェックできるのも魅力です。

→詳しくはみんなのオプション公式サイトへみんなのオプション

みんなのシストレのFXトレーダー

みんなのオプション 公式サイト

みんなのFX(トレイダーズ証券)「FX TRADER2」

このページで紹介している他のチャートツールもそうなのですが、「FX TRADER2」もブラウザ表示のツールでインストールは不要。プライスパネルやチャート、ニュース情報といったパネルを自由に配置できるカスタマイズ性を備えています。ユーザーの注文状況を確認できる売買比率(ポジション比率・人数比率)をチェック可能。
参考に挙げた画像の上部に小さく緑色で、「みんなのバイナリー」のボタンが配置されていますので、これをクリックすると素早くバイナリーオプション画面を呼び出すことができるのが便利です。

→詳しくはみんなのバイナリー公式サイトへみんなのバイナリー

みんなのFXのFX TRADER2

みんなのバイナリー 公式サイト



バイナリーオプション取引なら、ココ!