メキシコペソ/円(MXN/JPY)取扱い業者のスワップポイント比較

トルコリラ/円のスワップポイント比較

最近メキシコの金利が注目が集まっています。2016年1月に3.25%だった政策金利は2016年2月には3.75%へ。2016年6月に4.25%、2016年12月に5.75%というふうに推移していき、2017年6月22日には「7.00%」の政策金利が発表されました。上昇傾向にあります。

アメリカを除いて各国低金利を目指しているなか、これだけ積極的に利上げを実施しているのは珍しいです。高金利通貨の代名詞であるトルコリラに比べるとまだ金利は低いですが、豪ドル、NZドルに比べると2倍以上の金利です。
今後さらに上昇してくる可能性もあり目が離せません。スワップポイントを狙う上でもリスク分散(ポートフォリオ)という点において、選択肢の一つに十分入ってきました。

メキシコの政策金利推移

国名 政策金利名 金利 発表日
メキシコ 翌日物銀行間レート 7.00% 2017/6/22

メキシコペソ円を取引できるFX業者は5社のみ

政策金利の上昇傾向もあってFX取引でも注目度が高まっているMXN/JPYですが、現時点ではMXN/JPYを取引できるFX業者はかなり限定されています。
MXN/JPYを取り扱っているFX業者は、外為どっとコム、ヒロセ通商、IG証券、マネーパートナーズ、サクソバンク証券の5社だけです(2017/12/06時点)。

このページでは取り扱いしている数少ないFX業者に関して、特にオススメの会社・サービスをピックアップして紹介しています。ご参考ください。

外為どっとコムはメキシコペソ分析レポートを配信

外為どっとコムでメキシコペソ円を取引MXN/JPY取り扱いFX業者の中でも外為どっとコム(外貨ネクストネオ)のサービスは要チェック。
スワップポイントは15円固定と高水準。スワップ固定化は2017年7月から継続して実施されています。外為どっとコムならではの業界最狭水準スプレッド0.5銭原則固定も魅力的(例外あり)。

さらに、情報力に定評ある外為どっとコムは高金利通貨の相場分析レポートも充実。メキシコペソ相場に関しては、野村雅道氏の「バモスメヒコレポート」
フィスコ社の「フィスコウィークリーレポート」の2種類のレポートを配信。口座開設すると無料で読めます。特定の高金利通貨に特化したレポートを配信する業者は貴重!

外為どっとコム 公式サイト

スワップ・スプレッド比較(2017年12月更新)

※スワップポイントは1万通貨単位です

【最終更新日:2017年12月5日】

FX業者 買スワップポイント スプレッド レポート配信 スワップポイントページ 公式サイト
[ヒロセ通商]
ヒロセ通商
20円 2銭
(※1)
× スワップ一覧 [ヒロセ通商>詳細]
[外為どっとコム]
外為どっとコム
15円固定
(期間限定)
0.5銭 スワップ一覧 [外為どっとコム>詳細]
[マネーパートナーズ]
マネーパートナーズ
10円 0.5銭
(※2)
× スワップ一覧 [マネーパートナーズ>詳細]
[サクソバンク証券]
サクソバンク証券
8.83円 変動制 × スワップ一覧 [サクソバンク証券>詳細]

(※:スワップポイントは常に変動しますので、最新の数値は各社スワップポイントページでご確認ください)
(※スプレッドは原則固定、例外あり)
(※1:ヒロセ通商のスプレッドは2017年10月2日~2017年10月31日の配信実績)
(※2:マネーパートナーズのスプレッドは10:00〜28:00の時間帯で原則固定、例外あり

ポイント
外為どっとコム・ヒロセ通商のスワップポイントは要チェック!

外為どっとコムは買スワップが15円固定(期間限定)。スワップポイントは通常、日毎に変動するのですが、固定となっていますので、安定した提供が期待できます。

そしてヒロセ通商のスワップポイントにも注目です。以前までは0円だったのですが、2017年11月13日からプラスに転じて、2017年12月5日時点では買スワップ20。スプレッドは2銭原則固定(例外あり)となっています。要注目。

マネーパートナーズも高スワップで低水準のスプレッドを提供中です。FXプライムbyGMOの新規取扱も発表されており、今後はより競争が激しくなっていくのではないでしょうか。各社の情報は随時更新していきますので、当ページをぜひご活用ください。

メキシコペソ円取り扱い業者の特長

外為どっとコム「外貨ネクストネオ」

【Point.1】15円固定のスワップポイント & 業界最狭水準スプレッド!

スワップポイント固定

外為どっとコムは比較的早い段階からメキシコペソ円を扱っていました。スワップ固定も以前から実施。着々とスワップポイントを得ていたい方には、外為どっとコムはメリットある業者ではないでしょうか。ただし、固定は期間限定となっています。以後も延長される可能性はありますが、この機会をお見逃しなく。

【Point.2】野村雅道氏、FISCO社のメキシコペソ関連レポートを無料配信!

野村雅道氏・フィスコウィークリーレポート

外為どっとコムは情報力の高さが魅力。口座を開くと20以上の番組配信や多数の個性的なレポートをすべて無料で閲覧できます。
2017年10月6日よりスタートした野村雅道氏の「バモスメヒコレポート」、フィスコ社による市場分析レポートも無料で配信。

野村雅道氏の「バモスメヒコレポート」はMXN/JPYの相場分析に特化しており、毎週金曜日に配信を実施。フィスコ社のウィークリーレポートはメキシコペソ/円だけでなく、トルコリラ/円、人民元/円についてファンダメンタルとテクニカル両面から解説してくれます。こちらは毎週月曜日の配信。
概況や為替相場の見通し、想定レンジ、中期目標値なども明記されていますので、投資判断の参考にすることができます。チャートも掲載。メキシコペソの詳細なレポートを提供しているFX業者は貴重です!

【Point.3】高金利通貨を対象としたキャッシュバックキャンペーン開催

外為どっとコムのキャンペーン

外為どっとコムでは、取引数量が増えれば増えるほど、キャッシュバック金額が増加する、「高金利通貨スペシャルキャンペーン」を開催。メキシコペソ円だけでなく、トルコリラ円と南アフリカランド円もキャンペーン対象です。上限はありませんので大口で取引される方にオススメ!

外為どっとコムはメキシコペソ円だけでなく、トルコリラ/円南アフリカランド/円も取り扱っていて、キャンペーンも頻繁に開催。いずれもスプレッドは狭い水準で、スワップポイントも高水準。
初心者の方にも扱いやすい取引ツール・チャートツールは、PC版もスマホアプリ版も好評。高金利通貨だけでなく、主要通貨ペアのスプレッドも業界最狭水準です。外為どっとコムの会員であれば無料で閲覧できるマーケット情報の充実も魅力。高金利通貨を取引される場合は、外為どっとコムは要チェック!

まとめ
  • スワップポイント15円固定は外為どっとコムだけ!
  • 2種類のメキシコペソ関連レポートを毎週配信!
  • 高金利通貨キャッシュバックキャンペーンは上限なし!

外為どっとコム公式サイト

マネーパートナーズ「パートナーズFX」

【Point.1】メキシコペソ円の取扱開始!0.5銭の業界最狭水準スプレッド(※)

マネーパートナーズのMXN/JPY

2017年7月17日より、マネーパートナーズがMXN/JPY取り扱いを開始。「パートナーズFX」では0.5銭の業界最狭水準スプレッド(※)にて提供。さらに、2017年12月5日の付与分は1万通貨につき10円とスワップポイントも高水準です。
マネーパートナーズは30万口座を突破。「パートナーズFX」サービスは、8年連続約定力No.1の実績(矢野経済研究所調べ)。トルコリラ/円も高水準のスワップポイントで提供しており、こちらも注目です。

(※上記スプレッドはコアタイム10:00~28:00の時間帯にて原則固定、例外あり)

【Point.2】「パートナーズFX nano」でもメキシコペソ円を取引可能

政策金利

パートナーズFXだけでなく、「パートナーズFX nano」口座でもMXN/JPYを取り扱い。同サービスでは100通貨単位の小額トレードができます。
2017年7月25日の実績では、100通貨あたり+0.11の買スワップが提供されていました。


【Point.3】「かんたんトレナビ」はMXN/JPYのチャート分析に対応

政策金利

マネーパートナーズの「かんたんトレナビ」は、7種類のテクニカル指標に基づく売買シグナルの表示と、未来の値動きの予測をしてくれる便利ツール。名前のとおり簡単に扱えますので、初心者の方にも人気の分析ツールです。

「かんたんトレナビ」はパートナーズFXで取引できる、20通貨ペアすべての分析に対応しているのが魅力。もちろん、MXN/JPYにも対応しています。値動きの判断に参考にしてみてはいかがでしょうか。


まとめ
  • 最狭水準スプレッド・高水準スワップが魅力!
  • 未来予測型チャート「かんたんトレナビ」が無料で使える!
  • パートナーズFXは8年連続約定力 No.1!(矢野経済研究所調べ)

マネーパートナーズ 公式サイト

ヒロセ通商「LION FX」

高水準のスワップポイント、米ドル/メキシコペソも取り扱い

ヒロセ通商

ヒロセ通商のメキシコペソ/円スワップポイントは、2017年12月5日時点で20円という高水準。2017年11月中頃から継続的に高い数値で提供を続けていますので、MXN/JPYを取引されるのであれば要チェック。

ヒロセ通商は50通貨の豊富な通貨ペアを取り扱っており、その中には米ドル/メキシコペソ(USD/MXN)も含まれています。
ヒロセ通商はトルコリラ/円も取り扱っていて、NZドル/円と豪ドル円に関しては固定スワップポイントを実現しており魅力的。

ヒロセ通商は毎月実施しているキャンペーンがかなり充実しており、中でも食品プレゼントは特に精力的に開催されています。中華料理やお肉など、忙しくされている主婦の方や、仕事をしながらFXをされている方々にとっては嬉しいはず。
オリコン日本顧客満足度ランキングFX取引部門総合第1位(2013年・2014年・2015年)の実績あるFX業者でもありますので、ぜひ気になる方は公式サイトにも立ち寄ってみてください。

ヒロセ通商 公式サイト

IG証券

2017年4月24日にFX新銘柄が追加されました!

IG証券では2017年4月に新銘柄の追加が実施。待望のMXN/JPYの取扱いがスタートしました。同時に、ノルウェークローネ/円(NOK/JPY)、スウェーデンクローナ/円(SEK/JPY)、ポーランドズロチ/円(PLN/JPY)が新規追加。
IG証券は上級者、あるいはプロ仕様の高性能プラットフォームを提供。高度な分析機能を用いて取引するには最適と言えるFX業者です。

IG証券 公式サイト

くりっく365でもメキシコペソ円の取引が可能に!

政策金利

平成29年10月30日から「くりっく365」でも待望のメキシコペソ円が取引可能となります。岡三オンライン証券のくりっく365では上場初日からメキシコペソ円の取扱いをスタート!
取引に対応している店頭FX業者が少ない中、くりっく365の参入でスワップポイントやスプレッドの競争は加速するのでしょうか?今後の動向から目が離せません!

岡三オンライン証券 公式サイト

月足チャートで推移を確認

MXN/JPYの月足チャートです。(画像は外為どっとコムの外貨ネクストネオ)

メキシコペソ/円の月足チャート

5.000を底と考え、長期で持ち続けるなら買いの場所とも言えそうです。ここ最近はアメリカの大統領選に影響されました。今後もトランプ大統領の政策や発言などによりメキシコペソ円は大きく動くことも十分にありえます。

ちなみにメキシコペソの通貨記号は「$」となり、アメリカのドルと同じことから「Mex$」と表記されることもあるそうです。そして通貨単位にセンターボがあり、1ペソは100センターボになります。

メキシコペソのIMMポジションを見てみよう

今後のメキシコペソ円の動向、見通しを考えるのはなかなか難しいと思います。そこで参考にする指標としてCFTC(全米先物取引委員会)が毎週公開しているIMMポジションです。

メキシコペソのIMMポジション

オアンダジャパンではメキシコペソ円の取引はできませんが、英語のサイトでIMMポジションを公開しています。グラフ化され見やすいです。

「情報場所」 オアンダジャパン→マーケット情報→OANDAラボ CFTC’s Net non-commercial positions

メキシコペソでショートポジションよりロングポジションが多いときだけ、メキシコペソ円のロングをエントリーするというも一つの考え方だと思います。参考にしてみてください。

OANDA Japan公式サイト

メキシコペソ/円と米ドル/円の相関関係は?

メキシコペソ/円と米ドル/円との関係を見てみましょう。10年以上の長期チャートで比較してみました。

G.comチャートで見るメキシコペソ/円とドル/円の相関関係

2015年の期間は相関関係が崩れていますが、その他の期間は1に近い値で相関があると言えるでしょう。円高か円安かの判断をしっかりとするためにもドル円の動きにも注視した方が良さそうです。

このようにメキシコペソ/円との相関関係を簡単に見ることができ、チャートの比較ができるのが外為どっとコムのG.comチャートの特徴です。他の通貨ペアとも比較して分析をしてみてください。

外為どっとコム公式サイト

トルコリラ/円などの通貨ペアにも注目

メキシコペソ/円の他、トルコリラ/円や南アフリカランド/円などに関しても、スワップポイントを狙う際に注目しておきたい業者を特集するなどしています。6種類の通貨ペアのスワップポイントをまとめた比較早見表もぜひご活用ください。

FX業者のスワップポイント比較/早見表
各社スワップポイント早見表
トルコリラ/円スワップポイント比較
トルコリラ/円特集
豪ドル/円(AUD/JPY) おすすめ取扱い業者のスワップポイント比較
豪ドル/円特集
南アフリカランド/円 
お薦め取扱い業者のスワップポイント比較
南アフリカランド/円特集
NZドル/円 お薦め取扱い業者のスワップポイント比較
NZドル/円特集

2017年12月5日現在の政策金利

日本
日本
0.10%
豪州
豪州
1.50%
NZ
NZ
1.75%
南アフリカ
南アフリカ
6.75%
メキシコ
メキシコ
7.00%
トルコ
トルコ
8.00%