FXニュース配信・メール配信サービス比較

FXニュース配信・メール配信サービス比較

最新のニュースから市場の状況を逐一把握しておくことは、トレードをする上で非常に重要なこと。このページでは人気FX会社の中でも、特に情報量が多く、「Globalinfo24(GI24、グローバルインフォ24)」、「MarketWin24(マーケットウィン24)」、「fx wave」などによるニュースだけでなく、独自のマーケット情報を発信している業者をご紹介します。ニュースのメール配信サービスを行っているFX会社もピックアップ!

FXニュース配信・メール配信サービス比較 一覧

※GI24=Globalinfo24、グローバルインフォ24
※MW24=MarketWin24、マーケットウィン24

FX会社 GI
24
MW
24
fx wave その他 独自情報 メール配信サービス
[外為どっとコム]
外為どっとコム

(※)
フィスコライブコメント、ロイター 動画配信、レポート、外為注文情報、売買比率、セミナー他多数 fx wave
[GMOクリック証券]
GMOクリック証券
ダウジョーンズ、日本証券新聞 GMOクリックTV 投資チャンネル
[FXプライム byGMO]
FXプライム byGMO
動画配信、独自戦略、レポート、セミナー他多数 GI24
[セントラル短資FX]
セントラル短資FX
CTFX(独自配信) 動画配信、マーケットコラム、マーケットファインダー、セミナー CTFX
[ヒロセ通商]
ヒロセ通商
Klug(クルーク) Over Shoot Alert、小林芳彦氏のマーケットナビなど
[外為オンライン]
外為オンライン
ロイター アナリストレポート、外為ラボなど fx wave
[SBI FXトレード]
SBI FXトレード
マーケット日記、注目の経済指標、トレード公開日誌など MW24
[みんなのFX]
みんなのFX
みんなの金トレ(投資セミナーコンテンツ)、FXブログ、売買比率
[JFX]
JFX
Klug(クルーク) 小林芳彦氏のマーケットナビ、LIVE配信など
[FXブロードネット]
FXブロードネット
読み上げ為替レートなど fx wave
[FXトレード・フィナンシャル]
FXトレード・フィナンシャル
今井雅人氏ツイートをMT4に表示、バイトレ損益情報など GI24
[YJFX!]
YJFX!
YJFX!アカデミー、スマホプッシュ通知(経済指標他)など GI24
[マネーパートナーズ]
マネーパートナーズ
Fisco 経済指標アラートメール、トレードレポートなど
[ひまわり証券]
ひまわり証券
ひまわりFX アカデミーチョイス(動画やWEBセミナー)、デイトレNAVIGATION(齊藤トモラニ氏)など

(※外為どっとコムでは「ニュース速報」としてDZHフィナンシャルリサーチ社の配信ニュースを閲覧できます)

Globalinfo24(GI24、グローバルインフォ24)

グローバルインフォ社のニュース配信サービスGlobalinfo24(もしくはGI24)は、今井雅人氏らが最新の市場ニュースを幅広く届けてくれる人気も認知度も高い情報元。経済指標の分析や要人発言の把握などにとても役立ちます。

MarketWin24(マーケットウィン24)

MarketWin24はジャパンエコノミックパルス社が24時間発信している情報サービス。市場の一層の広がりと共に質の高い情報を一般のトレーダーにも届けてくれます。

fx wave

DZHフィナンシャルリサーチ社が提供しているfx wave。例えば、OPバリア(オプションバリア)やNYカットオプションの情報といった、相場を左右するオーダー状況を確認できるなど、ある程度の値動きを判断する手助けとなってくれます。

外為どっとコム

外為どっとコムでは会員向けに、情報配信専用の「外為情報ナビ」ページを設けています。「GI24」と「ロイター」、「フィスコライブコメント」、DZHフィナンシャルリサーチからの「ニュース速報」と4社から配信される豊富なニュースを閲覧可能。スマートフォンでも全部読むことができます。
外為情報ナビではさらに、ユーザーのレベルにあわせた様々な動画配信、レポートなどの読み物も充実。どのレートに注文が集中しているかなどの情報を知ることができる「外為注文情報」は、トレードの際に参考になります。
マーケット情報の豊富さで選ぶなら、外為どっとコムの情報量、情報力は要チェックですね。

外為どっとコム ニュース画面

外為どっとコム 公式サイト

GMOクリック証券

GMOクリック証券では「MarketWin24」と「ダウジョーンズ」、「日本証券新聞」の3社から配信される最新ニュースを閲覧することができます。PCからでもiPhone・Androidのスマホアプリからでも、いつでもチェックが可能。
大和証券グループと同子会社である大和証券との業務提携により、2016年7月12日からは、「GMOクリックTV 投資チャンネル」の配信がスタートします。世界のマーケット情報をわかりやすく伝えてくれて、これもモバイル端末から視聴できます。
また、GMOクリック証券の会員マイページにて、FXネオ取引のヒストリカルデータをCSV形式にてダウンロードすることも可能。

GMOクリック証券ニュース画面

GMOクリック証券 公式サイト

FXプライム byGMO

FXプライム byGMOはマーケット情報配信のための特設サイトを用意しており、「GI24」と「MarketWin24」のニュースを配信から、毎朝5分ほどでサクッと相場状況を解説してくれる動画の「FXモーニングコール」、チーフストラテジストによる取引戦略の動画解説「プライム・ストラテジー」、豊富なレポートなど役立つ情報配信が満載です。
レポートではマーフィー氏こと柾木利彦がスパンモデルとスーパーボリンジャー、時間分析を活用して解説を行う「マーフィーのFXコーチングレポート」が毎週更新されており、ピンと来た方は要チェックです。
プライムはオンラインと会場とで実施するセミナーも非常に充実。会員であればすべてを無料で利用できますので、知恵を身につける場としても最適ではないでしょうか。

FXプライム byGMOニュース画面

FXプライム byGMO 公式サイト

セントラル短資FX

セントラル短資FXでは「GI24」と「MarketWin24」の最新ニュースに加えて、独自に情報配信を行っている「CTFXニュース」があることにご注目。独自のニュースを配信している業者は非常に珍しいです。CTFXニュースはPCとスマホの両方で読むことができ、さらにメール配信を受けることもできて便利。
また、会員でなくても見ることのできる公式サイトのページにて、5人のスペシャリストによるマーケットコラムの「マーケットビュー」、過去200本分ものデータをCSV形式にてダウンロードできるなどの太っ腹な「マーケットファインダー」というコンテンツもあります。ユーザーの取引環境をしっかりと考えてくれるセントラル短資FXの心構えがうかがえますね。

セントラル短資FX ニュース画面

セントラル短資FX 公式サイト

ヒロセ通商

ヒロセ通商は「fx wave」と「Klug(クルーク)」の2社によるニュースを配信。随時配信される最新のニュースが確認できるほか、週ごとに更新される「fx wave weekly」ではまとまった見解を読むことができます。
ヒロセ通商にて口座を開いていれば、経済指標をメール送信してくれるサービスや、自分が指定しておいたレートに達すればメールで知らせてくれるという便利なサービスもあり。
口座を開いていなくても読めるコンテンツとして、ヒロセ通商の公式ブログである「かざみどり」ではチャートなどと併せて市場の解説を行ってくれます。また「Over Shoot Alert」というサービスもあり、現在地と移動平均値との乖離率から、買われすぎ売られすぎの状況といったものの把握を手助けしてくれるもの。気になった方は公式サイトでチェックしてみてください。

ヒロセ通商 ニュース画面

ヒロセ通商 公式サイト

外為オンライン

外為オンラインは「MarketWin24」、「fx wave」、「Reuters(ロイター)」の3つの情報源から豊富な最新ニュースを届けています。特に「fx wave」では携帯メールサービスも実施しているので、ニュースを素早く確認したいという方は、口座を開けば無料で利用できますので、ぜひ。
また、口座を開設していなくても公式サイトで閲覧できる情報サービスが充実しており、FX初心者が知識を得るためにも活用できるのが嬉しいところです。外為オンラインのシニアアナリスト佐藤正和氏によるレポートや、実践チャート術。著名なアナリストが随時レポートを更新する外為ラボもためになります。

外為オンライン ニュース画面

外為オンライン 公式サイト

SBI FXトレード

SBI FXトレードは「MarketWin24」によるニュースに加えて、2016年には「グローバルインフォ24」からの最新ニュース配信にも対応。
ニュース画面がとても使いやすく、日付をカレンダーから選べるほか、ニュースをカテゴリごと通貨ごとに絞ることができます。経済指標、指標カレンダーへすぐに移行できるのも便利なポイント。スマートフォンによる操作も、ニュースの詳細画面をスライドさせるかボタンをタップするかで、次のニュースの詳細へ移れます。
「FX情報メール」サービスもあり。MarketWin24が配信するニュースを、カテゴリや通貨、配信時間、曜日を指定した上で受信することが可能です。経済指標アラームも利用できます。
また、口座を開設していなくても公式サイトから閲覧できる情報がかなり豊富。現役ディーラーの日記や、注目すべき経済指標、週ごとのレポートなど、自分に合った情報を探してみてください。

SBI FXトレード ニュース画面

SBI FXトレード 公式サイト

みんなのFX(トレイダーズ証券)

みんなのFXでは「GI24」と「fx wave」の両方から随時配信される豊富なニュースを読むことができます。サンプルとして掲載した画面はWEB取引画面のものになっており、タブをクリックするだけでGI24かfx waveのどちらかだけを並べたり、日付と日時で絞ることが簡単にできます。
スマートフォンのニュース画面では、一覧をタップすればその詳細が表示されて、そこから左右にスライドするだけで次のニュース、前のニュースの詳細へ移ることができて気持ち良いです。
独自の情報配信サービスとして行っている、「FXブログ」では、その日の経済指標の一覧やチャート画面などと併せて注目すべき指標とそれにたいするコメントを読むことができます。

みんなのFXニュース画面

みんなのFX 公式サイト

JFX

JFXからは「fx wave」と「Klug(クルーク)」のニュースを受け取ることができます。1日に最大で380本もの最新情報を得ることができ、取引ツールのMATRIX TRADERでは日付(カレンダーで指定)や情報ベンダーでニュースを絞ることが可能です。
代表取締役である小林芳彦氏が自ら配信する「小林芳彦のマーケットナビ」では、速報をはじめモーニング・ショットとイブニング・ショットを音声にて解説。マーケットの解説をリアルタイムで配信するコンテンツもあり。プロの意見が参考になります。
また、小林氏のTwitterが人気で、フォロワーが3万人を突破しています。新鮮かつ別の視点からの見方を得たいという方は、とりあえずフォローしてみてはいかがでしょうか。

JFX ニュース画面

JFX 公式サイト

FXブロードネット

FXブロードネットで口座を開けば、「MarketWin24」と「fx wave」の2社から配信されるニュースを見ることができます。取引画面のニュースにて、日付やカテゴリ、配信元にて絞れるほか、キーワード検索もできるのが便利です。
口座を開いていれば無料で、最新の情報を「fx wave携帯メールサービス」で受信することも可能。配信される情報メールは指定することができます。

FXブロードネット ニュース画面

FXブロードネット 公式サイト