FX取引高で世界トップ3に君臨するFX会社のスプレッド比較

スプレッド比較

2012年~2016年の5年連続でFX取引高【世界第1位】を達成したGMOクリック証券、FX取引高【世界第2位】でトップを追い上げるDMM.com証券、2012年第9位から2013年【世界第3位】と大躍進したYJFX!の3強によるスプレッド競争が激化しています。
このページでは3強FX業者が取り扱っている全通貨ペアのスプレッドをまとめて比較しています。口座開設の参考にしていただけますと幸いです。

FX業者のスプレッド縮小状況&キャンペーン情報にも注目!

また、世界トップ3の業者の情報に加えて、FX各社が開催しているスプレッド縮小キャンペーンも紹介。低スプレッドで業者を選ぶのであれば、ぜひご確認を!

3強FX会社のスプレッド縮小ニュース

【2017年8月〜】GMOクリック証券が11通貨ペアの通常スプレッド縮小

GMOクリック証券スプレッド縮小

2017年8月1日午前6時より、GMOクリック証券「FXネオ」にて11通貨ペアの通常スプレッド縮小が実施されました。ユーロ/円0.5銭、ポンド/円1.0銭、ユーロ/米ドル0.4pips、ユーロ/ポンド1.0pips、南アフリカランド/円1.3銭など(全て原則固定、例外あり)。FXサービスのさらなる低コスト化を実現。これはキャンペーンではなく継続的な縮小です。対象の通常スプレッドにおいて、DMM.com証券、YJFX!の2社に差をつける結果になっています。今後もスプレッド競争に注目です。

→GMOクリック証券GMOクリック証券

【新基準】DMM FXの11通貨ペア基準スプレッドが縮小!

新基準スプレッド一覧DMM.com証券は2017年8月からスプレッド縮小をキャンペーンとして実施していたのですが、同年11月からはそれが新基準スプレッドとして提供されるようになりました。
ユーロ円0.5銭、ポンド円1.0銭、NZドル円1.2銭など、11通貨ペアの基準スプレッドが縮小。

→DMM.com証券DMM.com証券


【期間限定】YJFX!がスプレッド縮小キャンペーンを継続実施!

キャンペーン期間:実施中 ~ 2017年12月15日(金)

ワイジェイFXスプレッド縮小

YJFX!は実施中のキャンペーンを延長&リニューアル。期間限定で15通貨ペアの原則固定スプレッドをさらに縮小して提供しています(各営業日午前9時~翌午前3時)。GMOクリック証券、DMM.com証券が提示するスプレッド幅と横並びの状態に。

→YJFX!YJFX!

3強FX会社の全スプレッド比較

※スプレッドはすべて原則固定(例外あり)
【最終更新日:2017年11月1日】

FX会社 [GMOクリック証券]
GMOクリック証券

(19通貨ペア)
[DMM.com証券]
DMM.com証券

(20通貨ペア)
[YJFX!]
YJFX!

(22通貨ペア)
USD/JPY
(米ドル/円)
0.3銭 0.3銭 0.3銭
EUR/JPY
(ユーロ/円)
0.5銭 0.5銭 0.7銭
→0.5銭
GBP/JPY
(ポンド/円)
1.0銭 1.0銭 1.2銭
→1.0銭
AUD/JPY
(豪ドル/円)
0.7銭 0.7銭 0.8銭
→0.7銭
NZD/JPY
(NZドル/円)
1.2銭 1.2銭 1.8銭
→1.2銭
CAD/JPY
(カナダドル/円)
1.7銭 1.7銭 1.8銭
→1.7銭
CHF/JPY
(スイスフラン/円)
1.8銭 1.8銭 2.4銭
→1.8銭
TRY/JPY
(トルコリラ/円)
2.9銭
ZAR/JPY
(南アフリカランド/円)
1.3銭 1.3銭 1.4銭
→1.3銭
EUR/USD
(ユーロ/米ドル)
0.4pips 0.4pips 0.6pips
→0.4pips
GBP/USD
(ポンド/米ドル)
1.0pips 1.0pips 1.5pips
→1.0pips
AUD/USD
(豪ドル/米ドル)
0.9pips 0.9pips 1.4pips
→0.9pips
EUR/CHF
(ユーロ/スイスフラン)
1.8pips 1.8pips 1.8pips
GBP/CHF
(ポンド/スイスフラン)
2.8pips 2.8pips 3.0pips
→2.8pips
USD/CHF
(米ドル/スイスフラン)
1.6pips 1.6pips 1.8pips
→1.6pips
EUR/GBP
(ユーロ/ポンド)
1.0pips 1.0銭 1.8pips
→1.0pips
USD/CAD
(米ドル/カナダドル)
1.8pips
NZD/USD
(NZドル/米ドル)
1.6pips 1.6pips 2.0pips
→1.6pips
GBP/AUD
(ポンド/豪ドル)
1.6pips 1.6pips
EUR/NZD
(ユーロ/NZドル)
3.5pips
EUR/AUD
(ユーロ/豪ドル)
1.5pips 1.5pips 2.3pips
→1.5pips
CNH/JPY
(人民元/円)
3.0銭
HKD/JPY
(香港ドル/円)
3.0銭
AUD/CHF
(豪ドル/スイスフラン)
3.0pips
CAD/CHF
(カナダドル/スイスフラン)
3.0pips
USD/HKD
(米ドル/香港ドル)
3.0pips

GMOクリック証券(19通貨ペア)よりもDMM.com証券(20通貨ペア)の方が通貨ペア数が多く、それよりもYJFX!(22通貨ペア)が若干取り扱いが多くなっています。
上記の表を見れば一目瞭然なのですが、GMOクリック証券とDMM.com証券、キャンペーン実施中のYJFX!で被っている通貨ペアのスプレッドは同水準となっています。

基本スプレッド縮小&注目キャンペーンの開催情報!

次に、新たに基本スプレッドの縮小や、期間限定の縮小キャンペーンを開催しているFX業者を紹介。狭まっていく各社のスプレッドと、期間限定で見逃したくないキャンペーンに注目です。(※スプレッドはすべて原則固定)

外為どっとコムの11通貨ペア縮小キャンペーン

外為どっとコムのキャンペーン

外為どっとコムが11通貨ペアのスプレッドを縮小中!ユーロ/米ドルが0.3pips、ユーロ/円0.4銭まで狭められるなど。南アフリカランド/円の1.0銭にも注目です。
期間は2017年10月2日(月)AM7:00〜2017年12月30日(土)午前6:55まで。外為どっとコムは他にも上限なしのキャッシュバック・キャンペーンなども開催していてお得!

→外為どっとコム外為どっとコム

米ドル/円0.2銭!マネックスFXの縮小キャンペーンに注目

マネックスFXのキャンペーン

マネックスFXが大胆な縮小キャンペーンを実施。米ドル/円0.2銭をはじめ、ユーロ円と豪ドル/円とユーロ/米ドルは0.5銭(pips)に。1枚以下の注文に限られる条件つきではありますが、このスプレッド縮小は嬉しいですね。キャンペーン期間は2017年10月2日(月)AM7:00〜2018年3月31日(土)AM5:55まで限定。

→マネックスFXマネックスFX

FXプライムbyGMOが9通貨ペアのスプレッドを縮小!

2017年12月4日(月)よりFXプライムbyGMO「選べる外貨」にて9通貨ペアのスプレッドが縮小されます。ユーロ/円0.9銭やユーロ/米ドル0.6pipsなどの原則固定スプレッドが狭められます(例外あり)。高い約定力や情報力に定評があり、勝ち組トレーダーからも評価されているFXプライムbyGMOのサービスに注目です。

通貨ペア 従来スプレッド 2017年12月4日〜
ユーロ/円 1.3銭 0.9銭
スイスフラン/円 4.0銭 1.8銭
ユーロ/米ドル 1.0pips 0.6pips
ポンド/米ドル 3.0pips 1.8pips
豪ドル/米ドル 3.0pips 1.8pips
NZドル/米ドル 3.0pips 1.8pips
ユーロ/ポンド 2.0pips 1.0pips
ユーロ/豪ドル 3.0pips 1.9pips
ポンド/豪ドル 3.0pips 1.9pips

※スプレッドはすべて原則固定(例外あり)

→FXプライムbyGMOFXプライムbyGMO

FXブロードネットの業界最狭水準スプレッドに注目!

FXブロードネットは業界最狭水準

スプレッド幅の狭い業者をお探しであれば、ぜひFXブロードネットのサービスもチェックしてみてください。米ドル/円0.3銭原則固定をはじめ、ユーロ/円0.5銭原則固定ユーロ/米ドル0.3pips原則固定の幅を提示(例外あり)。基準の値としてはGMOクリック証券などの数値よりも狭く設定されています。

FXブロードネット 主要通貨ペアのスプレッド(例外あり)

米ドル/円 ユーロ/円 ポンド/円 豪ドル/円 ユーロ/米ドル
0.3銭原則固定 0.5銭原則固定 1.0銭原則固定 0.6銭原則固定 0.3pips原則固定

→FXブロードネットFXブロードネット

インヴァスト証券のトライオートFXがスプレッド縮小を敢行!

トライオートFXの業界最狭水準また、インヴァスト証券のトライオートFXではサービスをリニューアルし、原則固定スプレッド幅の大胆な縮小を敢行。米ドル/円0.3銭ユーロ/円0.5銭、そしてユーロ/米ドルは0.3pipsへ狭められるなど、力の入れようがヒシヒシと感じられます!

トライオートFX 主要通貨ペアのスプレッド(原則固定 例外あり)

米ドル/円 ユーロ/円 ポンド/円 ユーロ/米ドル
0.3銭
(提示率97.70%)
0.5銭
(提示率97.95%)
1.0銭
(提示率98.04%)
0.3pips
(提示率98.29%)

(※提示率は2016/8/1〜2016/8/30までの実績です)

→インヴァスト証券インヴァスト証券

続いて、スプレッドだけでは口座を開くFX会社を選びづらいという方のために、預かり残高や口座数、利用できる取引ツールや独自のサービスといったポイントについても、比較してみました。

3強FX会社の取引高/預かり残高/口座数 比較

GMOクリック証券、DMM.com証券、YJFX!の預かり残高、口座数、取引高を一覧しました。具体的な数字を並べて見ていくと、口座数ではDMM.com証券がトップでも預かり残高、実際のユーザーの取引高においてはGMOクリック証券が上回っている、というような面が見えてきます。

FX会社 GMOクリック証券
[GMOクリック証券]
DMM.com証券
[DMM.com証券]
YJFX!
[YJFX!]
取引高
(単位:百万通貨)
1,035,534 747,885 268,346
預かり残高
(単位:百万円)
117,141 95,015 92,131
口座数 466,630 550,428 320,644

※矢野経済研究所調べ(2017年1月)

3強FX会社のチャート機能/ニュース 比較

言うまでもないことですが、実際にトレードする際の環境は非常に重要。自分好みの足種やテクニカルが取引ツールには備わっているのか、配信されるニュースはどうなのか。比べてみましょう。

FX会社 GMOクリック証券
[GMOクリック証券]
DMM.com証券
[DMM.com証券]
YJFX!
[YJFX!]
チャートの種類 ティック、1分足、3分足、5分足、10分足、15分足、20分足、30分足、1時間足、2時間足、4時間足、6時間足、8時間足、12時間足、日足、週足、月足、年足 ティック、1分足、5分足、10分足、15分足、30分足、1時間足、4時間足、8時間足、日足、週足、月足 ティック、1分足、5分足、15分足、30分足、1時間足、2時間足、4時間足、日足、週足、月足
ツールのテクニカル種類 38種類 29種類 31種類
マーケット情報、ニュース Market Win24, 日本証券新聞, ダウジョーンズ GlobalInfo24ニュース, 時事通信社 GlobalInfo24ニュース

3強FX会社の信託保全先/自己資本規制比率 比較

どれほど口座を開く手続きが簡単となり、ユーザーの間口が広くなったとしても、取引するのはお金ですのでやはり安全面は大切です。資金を預けることになる信託保全先などを見ていきましょう。

FX会社 GMOクリック証券
[GMOクリック証券]
DMM.com証券
[DMM.com証券]
YJFX!
[YJFX!]
信託保全先 三井住友銀行、みずほ信託銀行、三井住友信託銀行、日証金信託銀行 日証金信託銀行、株式会社SMBC信託銀行 三井住友銀行、みずほ信託銀行
自己資本規制比率 481.0% 740.8% 1325.0%

※自己資本規制比率:GMOクリック証券とDMM.com証券は平成28年12月末時点、YJFX!は平成29年1月末時点

3強FX会社の独自サービス/特徴 比較

基本的なFXサービスについて比較していきました、他にも3社によって独自のキャンペーンを展開していたり、他にはない取引システムを提供するなどしています。バイナリーオプションの取り扱いがあるかないかという違いもあり。

FX会社 GMOクリック証券
[GMOクリック証券]
DMM.com証券
[DMM.com証券]
YJFX!
[YJFX!]
独自のサービス ヒストリカルデータのダウンロード、FXツールバー 取引通信簿 MT4チャート、リミッター設定
バイナリーオプション 外為オプション なし オプトレ!
トレードランキング トレードアイランド なし ファイナンススタジアム

3社が開催中のプレゼント・キャンペーン情報

FX会社 キャンペーン概要 取引量
[GMOクリック証券]
GMOクリック証券
新規口座開設と期間内の新規約定取引で3,000円〜最大30,000円をキャッシュバック 新規約定100万通貨〜2,500万通貨以上
[DMM FX]
DMM FX
新規口座開設+初回入金10万円以上+新規取引500Lot以上で10,000円、同条件をスマホからの取引で満たした場合は合計20,000円をキャッシュバック 新規取引500Lot以上
[YJFX!]
YJFX!
新規口座開設と期間内の新規約定の取引量に応じて3,000円〜最大27,000円をキャッシュバック 新規約定100万通貨〜1,500万通貨以上


ここで紹介したGMOクリック証券、DMM.com証券、YJFX!にはまだまだ人気の秘密はあると思いますが、その概要はお伝えできたのではないかと思います。
FX会社で迷われている方はまず、非常に高い実績を誇る3強FX会社での口座開設をご検討してみては、いかがでしょう。とりあえず、気になった方は公式サイトへ!

→GMOクリック証券GMOクリック証券

→DMM.com証券DMM.com証券

→YJFX!YJFX!