スマホアプリ版「MetaTrader 4(メタトレーダー4、MT4)」iPhone/Android

スマホアプリ版MT4iPhoneあるいはAndroidスマホで使えるスマホ版MT4(MetaTrader 4、メタトレーダー4)をご紹介です。PC版も非常に高い性能を誇っていますが、スマホアプリ版も高機能で多機能。
サクサク操作できる発注機能もあり、30種類の多彩なインジケーターを標準装備し、描画機能は携帯端末でありながら24種類も搭載してます。チャートの背景色の変更や、インジケーターのパラメーターの細かな設定もできてカスタマイズ性能も高い。
また、描画したラインが別の時間足のチャートにも反映されるのが嬉しいポイント。外出先での取引、チャート分析にかなり役立ってくれます。


MetaTrader 4を取り扱っている国内FX業者をチェック!

複数口座の管理が可能
複数口座の管理が可能

国内ではFXトレード・フィナンシャルやOANDA Japan、外為ファイネストやFOREX.comなどのFX業者がMT4(メタトレーダー4)を取り扱っています。アプリでは複数業者の口座をまとめて管理できるのも魅力。

会社は異なってもアプリ自体は同じですので、口座を開設する業者を選ぶ場合は各社の基本的な取引ルールを見てご判断を。スプレッドや取引単位、オリジナルインジケーターなど、各MT4サービスの比較特集ページを用意していますので、ぜひそちらをご参考ください。

スマホアプリ版MT4スペック

足種 9種類(1分足、5分足、15分足、30分足、1時間足、4時間足、日足、週足、月足)
テクニカル 30種類(Average Directional Movement Index(ADX)、Bollinger Bands(ボリンジャーバンド)、Envelopes(エンベロープ)、Ichimoku Kinko Hyo(一目均衡表)、Moving Average(移動平均)、Parabolic SAR(パラボリックSAR)、Standard Deviation(標準偏差)、Average True Range(ATR)、Bear Power(ベアパワー)、Bulls power(ブルパワー)、Commodity Channel Index(CCI)、DeMarker(デマーカー)、Force Index(フォースインデックス)、MACD、Momentum(モメンタム)、Moving Average of Oscillator(移動平均オシレーター)、Relative Strength Index(相対力指数)、Relative Vigor Index(相対活力指数)、Stochastic Oscillator(ストキャスティクス)、Williams’ Percent Range(ウィリアムズ%R)、Accumulation/Distribution(A/D)、Money Flow Index(マネー・フロー・インデックス)、On Balance Volume(オン・バランス・ボリューム)、Volumes(出来高、ボリューム)、Accelerator Oscillator(アクセラレーター・オシレーター)、Alligator(アリゲーター)、Awesome Oscillator(オーサム・オシレーター)、Fractals(フラクタル)、Gator Oscillator(ゲーター・オシレーター)、Market Facilitation Index(マーケット・ファシリテーション・インデックス))
描画ツール 搭載(垂直線(縦線)、水平線(横線)、トレンドライン、アングルトレンド、サイクルライン、矢印線、等距離チャンネル、標準偏差チャンネル、回帰チャンネル、アンドリュービッチフォーク、ギャンライン、ギャンファン、ギャングリッド、フィボナッチリトレースメント、フィボナッチタイムゾーン、フィボナッチファン、フィボナッチアーク、フィボナッチチャンネル、フィボナッチエクスパンション、エリオット推進波、エリオット修正波、長方形、三角形、楕円形)
通知機能 プッシュ通知(PC版MT4との連動可能)

(※アプリ内のテクニカル指標はすべて英語表記となります)

FXTFがスマホアプリ版MT4のセミナー動画を無料公開!

FXTFのひろぴー氏セミナーFXトレード・フィナンシャルは2017年3月より、専業トレーダーのひろぴー氏によるWEBセミナーを公開中です。無料公開されてますので、FXTFで口座を開設していなくても視聴可能。
インストール方法やログイン、発注方法などの基本的な使い方から、実際にチャートをしてスマホ版MetaTrader 4ならではの便利機能、小技などを丁寧に紹介してくれます。興味のある方はぜひ!


MT4スマホアプリへのログイン

ログイン画面各社サービスにて口座を開設し、MetaTrader 4アプリのログイン画面で情報を入力。FXトレード・フィナンシャルなどのデモ口座を持っていれば、デモ利用も可能です。また、それらの登録を行っていなくても試用できます。
実際に使って感覚を確かめてみたい方は、まずダウンロードしてみてください。


発注はリアルタイムに変動するチャートを見ながら実行可能

発注画面PC版と同様に設けられている気配値のウィンドウから、希望の通貨ペアをタップ。すると「トレード」「チャート」「詳細」の3項目が表示されます。「トレード」を選択すると注文画面へ移行。
リアルタイムに変動するレートとチャートを見ながら発注が実行できます。「即時実行」「Buy Limit」「Sell Limit」「Buy Stop」「Sell Stop」のいずれかの発注方法を選び、各種数値を入力。サクサク動いてくれるのが快適です。


チャートでは30種類のインディケーターを試用可能

MT4アプリのチャート様々な分析機能の搭載はスマホ版でも発揮。30種類の豊富なインディケーターを標準装備しており、それぞれ細かくパラメーターと、ラインのピクセル、色などカスタマイズも可能です。
インディケーターの名称は英語表記ですが、わかりやすい名前ですので特に困ることはないかと思います。
多機能ではあるのですが、扱いやすく難しい操作も不要でありがたいです。
ちなみに、背景色やローソク足などのカラーは設定で変更可能。


インディケーター追加画面こちらはインディケーターの選択画面。英語ですが、Bollinger Bands(ボリンジャーバンド)、Moving Average(移動平均)など、普段からチャート分析に使われているテクニカル指標などは、容易に判別できると思います。
これだけ種類が揃っているスマホアプリは珍しい。


インディケーターのパラメーター設定Ichimoku Kinko Hyo(一目均衡表)の設定画面を参考に挙げています。転換線、基準線、先行スパン Bの数値から、各種ラインと雲の色を指定可能。描画されるラインなどは、ピクセル1〜4までを指定して太さを変更できます。初期設定はピクセル1ですので、細くて見づらい場合は設定の変更を。


24種類の描画オブジェクトを自由に使える

描画オブジェクトの追加上記の表に記載したように、インジケーターだけでなく描画オブジェクトの搭載も多彩なのが特長。垂直線や水平線、トレンドラインなど基本的なライン描画から、チャンネル、ギャン、フィボナッチ係数、エリオット波動、図形。合計24種類も備わっています。スマホアプリでこれだけ描画機能が充実しているものも貴重。


スマホでの正確な描画を可能にする便利機能

描画の便利機能描画ツールの種類が豊富なだけでなく、補助的な機能が備わっていることにも注目です。スマホでは指で描画することになるのですが、その場合通常は押さえている箇所が隠れてしまいます。が、MT4アプリでは指を当てている箇所を別画面で表示。これはかなり便利です。また、フィボナッチ・リトレースメントを描くとき、近くのヒゲに勝手に吸いついてくれる機能もあり。

それから、描画したオブジェクトが別の時間軸のチャートにも反映されるのが嬉しい。他のアプリでは、足種を変更しただけでラインが消えてしまうのが多いです。スマホで取引をされる機会が多い方は、要チェック。


MetaTrader 4設定画面

スマホ版MT4の設定画面アプリの下部には「気配値」「チャート」「トレード」「履歴」「設定」の5項目が並んでいます。こちらは「設定」の画面。ここではデモ利用をしています。言語の設定などを実行可能。

また、この設定画面にて口座の新規登録、あるいは別口座への切り替えが行えます。FXトレード・フィナンシャルやOANDA Japanなど、口座情報を一度登録しておけば変更は簡単。しかも、米ドル/円の日足を表示していた設定などを記録してくれるのが便利です。特定の通貨ペア専用、短期トレード専用など、複数の口座を使い分けている場合はかなり快適。


チャート設定チャート設定画面はこのようになっています。バーチャート、ローソク足、ラインチャートからタイプを選択可能。ボリューム、アスク価格ライン、期間区切り線、トレードレベル、OHLC、データウィンドウ、それぞれの表示ON/OFFを切り替えて、自分にあったチャート設定をしていただけます。カラーの設定もここで実行。