DMM.com証券【DMM FX】(iPhone、iPad、Androidにも公式対応)

FX業界初!60万口座達成のDMM.com証券(※)

「DMM FX」

DMM.com証券の運営するDMM FXは2017年7月に口座数が60万を突破。国内口座数第1位を記録しています(※)。
常に強烈なキャンペーンで最狭水準スプレッド業者として業界を引っ張ってきたDMM.com証券!米ドル/円【0.3銭原則固定】!取扱う全20通貨ペアは驚きの狭さで、基準スプレッドをどの位の割合で配信したのかという配信率も毎月公開されていますのでぜひチェックしてみてください。
取引ツール類も豊富で、PC版ではDMMFX PLUS、DMMFX ADVANCE、DMMFX MINIと3つのツールが用意されており、さらに29種類のテクニカルツールを搭載した高機能なプレミアチャートも。いずれもMacにも公式対応しているのでAppleユーザーにも最適です。
他にはないポイント制度やLINEを用いたサポートなど、DMM FXならではの特長も多数あります。

(※口座数国内1位は2017年1月末時点、ファイナンス・マグネイト社調べ。口座数は2017年7月31日DMM.com証券調べ。DMM FXと外為ジャパンFXを合算した数値です)

→詳しくはDMM FX公式サイトへDMM FX

スプレッド
米ドル/円 0.3銭原則固定
ユーロ/円 0.5銭原則固定
ポンド/円 1.0銭原則固定
手数料 無料
取扱通貨数 20通貨ペア
取引単位 1万通貨単位
初回入金額 5万円
Android対応 Androidアプリ有り
iPhone対応 iPhoneアプリ有り
Mac対応 Mac対応
デモ デモあり

(※ユーロ/円とポンド/円のスプレッドは2017年10月31日(火)マーケットクローズまでの期間限定)

「DMMFX PLUS」で自分に合った取引環境を

DMM FXの取引ツールあらかじめ任意の<利食い>と<損切り>の値を設定しておくことで、新規注文と同時に指値・逆指値の注文を一度に行うようにしておくことができます(ストリーミング注文の場合は損切りのみ可能)。
取引画面のレイアウトも自由に変更することができるほか、一部の画面を別窓にて開くポップアップ機能も備えております。ただしそのポップアウト機能はGoogle Chrome、FirefoxまたはSafariに限りますのでご注意を。
「DMMFX PLUS」の他にも、よりシンプルな画面の「DMMFX ADVANCE」、新規ストリーミング注文や決済などしか行えませんが非常にコンパクトな「DMMFX MINI」といったツールもあります。

「プレミアムチャート」は29種類のテクニカルを搭載

「DMMFX PLUS」と「DMMFX/CFD ADVANCE」、もしくは「DMMCFD BASIC」の取引画面から開ける「プレミアムチャート」。簡単に複数チャートを同時に表示させることができたり、29種類の多彩なテクニカル指標を使えるだけでなく、チャート上の経済指標の発表時間にマークが表示されるようになっておりクリックするだけでその情報を確認することができてとても便利。
また、DMM CFDの全27銘柄から選んだチャートを重ねるということまで可能となっており、通貨ペアのレートと株価や金、原油などの値動きを比較して分析することができます。トレード手法の幅が広がるかもしれません。
DMM FXのプレミアチャート

キャンペーンも豊富。ポイント制度もあり!

新規口座開設キャンペーンだけでなく、DMM FXは独自のポイント制度も導入しています。新規でポジションを持つごとにポイントがたまっていき、取引量に応じてランクアップしていき更に獲得できるポイントが上昇。ポイントは1,000ptから1pt=1円として交換してくれるということです。

取り扱い通貨ペアは全20種類。スマホアプリが使いやすい!

DMM FXのスマホアプリDMM FXの通貨ペアは20種類で、取引単位は10,000通貨からとなっています。iPhoneとAndroidのスマホアプリでは小さいながらチャートの4分割表示ができるなど、快適な取引が外出先でも行えます。また、アプリではなくブラウザ上からもトレード可能、携帯電話での取引にも対応しています。
要望を受けて取引ツールのバージョンアップを順次していったり、業界初のサービスとして「LINE」を通じたカスタマーサポートもスタートするなど、ユーザーへの配慮も人気を支える要素の一つでしょう。気になった方はぜひ公式サイトへ。

DMM FX 公式サイト