未来予測チャート・売買シグナルのパラメーター値を徹底比較

signalpanel外為どっとコムやFXトレード・フィナンシャル、ヒロセ通商などが提供している未来予測型・売買シグナルは、簡単な操作で扱えるにもかかわらず、有益な情報をもたらしてくれる便利なツール。
過去のデータに基づき未来の値動きを予測してくれたり、複数のテクニカル指標から導き出される売買シグナルを一覧表示してくれることで、経験者からも初心者からも多くの指示を集めています。

ところで売買シグナルについてですが、これは対応しているテクニカル指標のパラメーター値が固定となっているのはご存知でしょうか?

未来予測チャートの売買シグナルは、テクニカルのパラメーター値が固定

設定を変更しようとされた方などであれば、すでにお気づきではないかと思います。
もしかすると手動で細かく設定可能なものがあるのかもしれませんが、少なくともこのページで紹介する6社の売買シグナル機能搭載の未来予測ツールについては、パラメーターは固定となっています。

売買シグナル機能にも対応しているそれらの未来予測ツールは、Fintech社により開発されたもの。FX業者は違うが仕様の似通っているツールを見かけられる方もおられることと思います。そのFintech社による売買シグナルは、テクニカル指標(単純移動平均やボリンジャーバンド、一目均衡表など)のパラメーターが固定となっているのです。

ただし、実はFX業者によって固定のパラメーター値が異なっている!

各社のパラメーター設定値

テクニカル指標のパラメーターについては、普段からテクニカルを分析に用いているトレーダーにとってはとても重要なポイント。せっかくの便利ツールである売買シグナルも、自分のスタイルには合っていない基準によるものであれば、使いづらいです。

が、使用を諦める前に、実はFX会社によって売買シグナルで用いられるテクニカルのパラメーターが異なっているという点に注目していただきたい。
大きく数値が異なるわけではないのですが、よくよく見てみると自分に合った設定が見つかるかもしれません。

そこで売買シグナルを提供している6社について、固定となっているパラメーターを一覧表にまとめてみました。興味の湧いてきた方はぜひご参照ください!

売買シグナルのテクニカル固定パラメーター一覧表

※一目均衡表(転換線:9、基準線:26、先行1:26、先行2:52、遅行:26)とMACD(MACD:12,26、シグナル:9)については数値に違いがないため除いています。

FX会社 移動平均(単純) 移動平均(指数) ボリンジャーバンド ストキャスティクス RSI
外為どっとコム
ぴたんこテクニカル
短期:5
長期:21
短期:5
長期:12
移動平均:21 %K:9
%D:3
slow%D:3
短期RSI:9
中期RSI:14
マネーパートナーズ
かんたんトレナビ
短期:5
長期:25
短期:5
長期:10
移動平均:20 %K:14
%D:3
slow%D:3
短期RSI:7
中期RSI:14
FXトレード・フィナンシャル
FXTF未来チャート
短期:5
長期:13
短期:5
長期:13
移動平均:25 %K:5
%D:3
slow%D:3
短期RSI:7
中期RSI:14
ヒロセ通商
さきよみLIONチャート
短期:5
長期:21
短期:5
長期:12
移動平均:21 %K:9
%D:3
slow%D:3
短期RSI:9
中期RSI:14
JFX
未来予測チャート
短期:5
長期:21
短期:5
長期:12
移動平均:21 %K:9
%D:3
slow%D:3
短期RSI:9
中期RSI:14
ひまわり証券
さきどりテクニカル
短期:5
長期:13
短期:5
長期:13
移動平均:25 %K:5
%D:3
slow%D:3
短期RSI:7
中期RSI:14