FXスマホアプリでiPhone「3D Touch」を活用できる業者特集

3Dタッチ機能をFXアプリで活用2016年9月に最新の「iOS 10」が登場し、便利な機能がますます追加されているiPhone。さて、FX各社のアプリはこの発展に対し、どのような動きを見せているのでしょうか?
このページでは特にiPhone独自の機能である
「3D Touch」に注目して、それがスマートフォンでのFX取引環境にどう活かされているのかを、ご紹介していきます。
IG証券のiPhoneアプリがいち早く対応しており、2017年2月には新たに
ヒロセ通商のアプリでも3D Touchによる便利機能が追加されています!
現状ではこの2社くらいなのですが、これから対応業者が増えていくことは間違いないでしょう。各社で発表があり次第、順次こちらでお伝えしていきますので、ぜひご注目ください。

→詳しくはIG証券へIG証券

→詳しくはヒロセ通商へヒロセ通商

iPhoneの3D touch(3Dタッチ)対応のFXアプリ

IG証券「トレーディング・アプリ(iPhone / iPad版)」

3Dタッチ機能をFXアプリで活用IG証券のiPhone版とiPad版のトレーディング・アプリでは、2016年9月のバージョンアップを経て、いち早く3D Touchを活かした機能を実装しました。マルチタッチジェスチャー、3D Touchにより、従来よりもスピーディーにチャートを表示させられます。
IG証券はFX業者の中でも数少ない、アプリケーションのApple Watch対応も実施。新しい端末、新しい機能をとにかく早く活用してくれる姿勢に、今後のバージョンアップにも期待がかかります。

IG証券 公式サイト

ヒロセ通商「LION FX for iPhone」

ヒロセ通商のiPhoneアプリで3Dタッチ活用ヒロセ通商のiPhone版LION FXでは、2017年2月のバージョンアップにより3D Touchを活かした機能が追加。iPhoneのホーム画面にて、アプリのアイコンを強めに押すとメニューが出現します。
「注文を開く」「クイック注文を開く」「チャートを開く」「レートを開く」の中から、希望の項目をタップして該当の画面へ素早く移行可能。ただし、注文とクイック注文についてはログイン状態でなければ、ログイン画面を表示しますのでご留意を。
ヒロセ通商のスマホアプリは毎月のようにバージョンアップを続けており、着々と機能が拡大している取引ツール。常に更新されるアップデート内容が楽しみです。

ヒロセ通商 公式サイト