外貨両替(コンバージョン)・現受けもできるFX業者比較

FX業者で外貨両替コンバージョン特集

FX業者によっては取引サービスだけでなく、日本円を米ドルやユーロなどの外貨に「両替(コンバージョン)」できるサービスを取り扱っている会社もあるのをご存知でしょうか。あるいは、保有している外貨のポジションをそのまま受け取る「現受け」(※)によって、外国通貨を得られるというサービスを扱っている業者もあります。

銀行窓口や外貨ショップなどに比べて、FX口座を利用して外貨を両替する方が掛かる手数料が安いのが魅力。受取の手数料が別に発生するものの、海外旅行や留学などの際に活用しない手はありません。FX口座の開設は無料で、FXをせずに外貨両替だけ利用するということも可能です。

では、どのFX業者で両替もしくは現受けを行うのが最も効率的なのでしょうか?サービスを取り扱っている会社をまとめ、手数料や対応通貨の内訳などの情報を比較してみましたので、ぜひご参考にしてください。

※現受けとは?

現受けとは所有している買いポジションを円ではなく、外貨のまま受け取ることです。そのため、この方法で外貨を受け取る場合はFX取引を行いポジションを持つ必要があります。

両替(コンバージョン)もできるFX業者比較

FX業者
(公式サイト)
対応通貨 両替手数料
(1通貨毎)
受取手数料 最短受取可能日 受取
[ワイジェイFX(YJFX!)]ワイジェイFX(YJFX!) 8通貨 無料 1,500円(1回サービス利用毎) 2営業日 外貨預金口座(※)
[セントラル短資FX]セントラル短資FX 7通貨 無料(各通貨レートに10銭の上乗せ) 三井住友銀行:無料
みずほ銀行:無料
三菱東京UFJ銀行:本店は無料、同行他支店は1,500円
その他金融機関:一律1,500円
(詳細は各金融機関でご確認を)
4営業日 外貨預金口座(※)
[マネースクウェア・ジャパン]マネースクウェア・ジャパン 7通貨 3〜10銭 6,000円(50万通貨毎) 約1週間 外貨預金口座(※)
[マネーパートナーズ]マネーパートナーズ
【現受け】
6通貨 10銭 空港受取:500円(1回サービス利用毎) 4営業日 成田・羽田・中部国際・関西国際空港
5通貨 10銭 マネパカードチャージ:無料 マネパカードへのチャージ
[マネーパートナーズ]マネーパートナーズ
【外貨口座受取】
9通貨 20銭 2,500円(1回サービス利用毎。同一通貨で2万通貨以上の場合は無料) 3営業日 外貨預金口座(※)
[マネックスFX]マネックスFX 2通貨 20銭 2,000円(1件毎) 4営業日 外貨預金口座(※)

(※外貨預金口座での出金の場合、銀行によってはリフティングチャージ(外貨取扱手数料)などの手数料が別途必要な場合があります)

ワイジェイFX(YJFX!)

YJFX!の現受は手数料無料YJFX!では外貨exにて口座を開いていれば、「現受」という形でFX口座を介した外貨の受け取りが可能です。「現受」は「両替」とは違い、保有している買いポジションを外貨のまま受け取る、という形になりますので、新規エントリーが必須です。なので、FXトレードをするつもりはない、という方にとっては取っ付きにくいかもしれません。
とはいえ、外貨出金手数料が1,500円必要(2015年11月1日より改定)ではあるものの、両替手数料はワイジェイFX!が負担してくれるので無料になるというのは大変お得。普段からFXで取引しているユーザーには利用しやすいのでは。(ただし、利用する金融機関によっては、外貨exからの送金受取時の費用(リフティングチャージ)や、口座から出金される際の手数料(出金手数料)がそれぞれ発生する場合があります。)

手続きは、希望の外貨の買いポジションを所持している状態で、取引画面のメニューにある「通貨の交換(現受・現渡)」から実行できます。
米ドル、ユーロをはじめとした8通貨ペアを対象。外貨預金口座での受取となりますので、その準備が必要となります。通貨交換の単位は1,000通貨~、香港ドルのみ10,000通貨~になります。

対象通貨 米ドル、ユーロ、ポンド、豪ドル、NZドル、加ドル、スイスフラン、香港ドル
両替単位 1,000通貨から(香港ドルのみ10,000通貨から)

ワイジェイFX(YJFX!) 公式サイト

セントラル短資FX

セントラル短資FXの外貨両替サービスセントラル短資FXが提供しているサービスの一つ、FXダイレクトプラスにて外貨両替が利用できます。Web取引システムにて行う操作は分かりやすく、両替手数料も無料なのが嬉しい。ただし、外貨へ両替する際のレートは、通常配信しているレートに10銭が加算された外貨両替レートとなりますので、その点はご留意ください。外貨の送金に掛かる手数料は金融機関ごとに変わってきます。

2015年11月に条件が緩和された外貨両替レート優遇サービスもあり
口座を経由した両替とは別に、セントラル短資FXが外貨両替を専門とするトラベレックスジャパン社と提携したサービスにも注目。「申込日が属する月またはその前月中に「FXダイレクトプラス」「セントラルミラートレーダー」「ウルトラFX」のいずれかの取引口座で1回以上お取引された」方は、トラベレックスジャパン社において最大10万円相当まで優遇レートを適用した外貨両替が実施できます。対応通貨は33通貨で空港や市街地での受け取りも可能。

対象通貨 米ドル、ユーロ、ポンド、豪ドル、NZドル、加ドル、スイスフラン
両替単位 下限なし(一回の両替上限は20万通貨単位)

セントラル短資FX 公式サイト

マネースクウェア・ジャパン

マネースクウェア・ジャパンでは取引画面のメニューにある、「両替」を選択して実行することができます。6種類の外貨に対応しており、両替手数料は1通貨あたり3~10銭と低めに設定されています(サービスの状況と通貨単位により両替手数料は変動。詳細は公式サイトのコチラを)。出金に掛かる手数料は50万通貨ごとに6,000円と、やや高めでしょうか。
両替の方法は取引画面から行い、成行により現在の価格で両替するか、指値の設定により希望のレートでの両替を狙う。もしくは保有しているポジションの両替が可能です。

対象通貨 米ドル、ユーロ、ポンド、豪ドル、NZドル、加ドル
両替単位 1,000通貨から

マネースクウェア・ジャパン 公式サイト

マネーパートナーズ(現受け)

マネーパートナーズのパートナーズFXで口座を開設すれば利用できる、この現受けサービスは、FX口座を利用した外貨両替をするならココ!というくらいイチ押しです。
WEB取引画面にて外貨を買発注してから現受けを実行し、任意の空港(成田、羽田、中部国際、関西国際空港のいずれか)にて受け取るというもの。両替手数料は1通貨につき10銭と安価であり、サービス利用でかかる手数料も500円。外貨預金口座を開く必要もありませんので、非常に利用しやすく、便利です。

あるいは、マネパカードへのチャージも可能であり、その場合は手数料無料ですので、そちらも要チェック。

主要通貨に対応しているのに加え、日本から近い韓国ウォンと中国元にも対応しているのも大きなポイント(空港受取の場合)。両替の単位がパック形式なるものをとっており、通貨ごとに異なっていますので、サービスの詳細を更に知りたい方は、公式サイトをチェックしてみてください。

Manepa Card(マネパカード)にも注目
マネーパートナーズは便利なプリペイドカード「Manepa Card」も取り扱い。年会費は無料、5通貨に対応しておりクレジットカードと比べて手数料などがお得。旅先で必要なだけ外貨を引き落とせるといったメリットが満載のManepa Cardも要チェックです。

→詳しくはマネパカードへマネパカード

マネーパートナーズの空港受取サービス

対象通貨 空港受取の場合
米ドル、ユーロ、ポンド、スイスフラン、韓国ウォン、中国元
マネパカードへのチャージの場合
米ドル、ユーロ、ポンド、オーストラリアドル、香港ドル
両替単位 下限なし(ただし受け取る金額には通貨ごとに設定があります。例:米ドル=100ドル・500ドル・1,000ドルごと等)

マネーパートナーズ 公式サイト

マネーパートナーズ(外貨預金口座での受取サービス)

マネーパートナーズの外貨両替(コンバージョン)マネーパートナーズでの両替のもう1つのパターンは、外貨預金口座を利用した外貨の出金。両替の手数料は変わりませんが、外貨預金口座の用意が必要ですので、空港での受取サービスとは違い、銀行によってリフティングチャージなどが生じる場合があります。
ですが、南アフリカランド以外のマネーパートナーズが取り扱っている9通貨が両替の対象となるのがメリット(韓国ウォンと中国元はなし)。また、出金時に掛かる手数料は1回につき一律2,500円。ただし、2万通貨以上の場合に限り手数料は無料となります。

対象通貨 米ドル、ユーロ、ポンド、豪ドル、NZドル、加ドル、スイスフラン、香港ドル、シンガポールドル
両替単位 下限なし

マネーパートナーズ公式サイト

マネックスFX

マネックスFXのFX口座を開いていれば、外貨両替・出金が利用できます。対象となる通貨は米ドルとユーロのみで少なめですが、1通貨あたりの両替手数料は20銭に設定されていますし、1件につき掛かる出金の手数料は一律で2,000円ですので使いやすいのではないでしょうか。
コンバージョンに関しては1セントなどの最小の単位から行えますが、外貨出金の最低額は100米ドル~、100ユーロ~となります。出金請求後外貨預金口座への着金には4~5営業日の時間がかかります。
手続きは取引画面の「口座管理・設定」から「コンバージョン」をクリックして進めることができます。

対象通貨 米ドル、ユーロ
両替単位 1セントなどの最小単位から
(ただし出金は100米ドル、100ユーロから)

マネックスFX 公式サイト