みんなのFXの最大ロット数・建玉上限を徹底分析!USD/JPYラージやスプレッドの特徴も解説

この記事には広告・プロモーションが含まれています

みんなのFXの最大ロット数・建玉数量を徹底分析!

ここでは、みんなのFXの最大ロット数・建玉上限に関する情報を徹底解説しています。

最大ロット数・建玉上限の基本スペックから、みんなのFXで大口取引をするメリット、お得なキャンペーン情報まで紹介。

大口取引におすすめの「USD/JPYラージ」や、最新のスプレッド情報も解説しています。

「みんなのFXの最大ロット数は?」「大口取引に有利な環境は整ってる?」「スプレッドの水準は?」等の疑問をお持ちの方はぜひ参考にしてみてくださいね。

 

 

限定タイアップ適用で最大1万円プレゼント!

口座開設プログラムの併用で最大101万円キャッシュバック!

FXキーストンではみんなのFXとの限定タイアッププログラムを開催中です!条件と特典の内訳は以下の通り。

適用条件 ・当サイト経由で新規口座開設
・口座開設申込の翌月末までに取引条件達成
取引条件・プレゼント金額 ・FX口座で新規5Lot取引:5,000円
・シストレ口座で新規5Lot取引:5,000円
(合計で最大10,000円プレゼント!)
プログラム期間 常時開催中(終了日未定)

(※:1Lot=10,000通貨、HUF/JPYとRUB/JPYのみ1Lot=100,000通貨)

FX口座もしくはシストレ口座の片方だけ達成でもOKです。新規5Lotの取引で5,000円が得られる条件は、他社と比べてもお得でおすすめ。

また、タイアッププログラムは通常の口座開設プログラムと併用可能ですので、最大101万円のキャッシュバック獲得も可能です!当サイト限定のタイアッププログラムをぜひご活用ください。

当サイト限定!プログラム詳細はこちら

みんなのFXの最大ロット数・最大取引数量

みんなのFXの最大ロット数・最大取引数量

みんなのFX 取引上限スペック表

※1Lot = 10,000通貨
※RUB/JPYおよびHUF/JPYのみ1Lot = 100,000通貨

1取引の最大発注数量 ZAR/JPY、MXN/JPY:200Lot
USD/JPYラージ:300Lot
その他通貨ペア:100Lot
建玉数量上限
(通貨ペア別)
USD/JPY:500Lot
ZAR/JPY、MXN/JPY、HUF/JPY:3,000Lot
その他通貨ペア:1,000Lot
(売建玉・買建玉それぞれの合計)
建玉数量上限
(全通貨ペア合計)
5,000Lot
(売建玉・買建玉の合計)
建玉件数上限
(全通貨ペア合計)
500件
(売建玉・買建玉の合計)
同一営業日内の新規取引数量上限 各通貨ペアごとに50,000Lot
(決済注文数量の上限は無し)

みんなのFXにおける1取引の最大発注数量は、基本的に100ロット(100万通貨)となっています。ZAR/JPYとMXN/JPYは200ロット(200万通貨)、USD/JPYラージは300ロット(300万通貨)まで発注可能です。

通貨ペア別の建玉数量上限が設定されていると同時に、全通貨ペア合計での建玉数量上限も設けられています。また、同一営業日内の新規取引数量上限も設定。

 

高金利通貨ペア3銘柄の建玉上限を引き上げ!

みんなのFXでは2023年11月4日(土)メンテナンス終了後より、高金利通貨ペア3銘柄の建玉上限を引き上げを実施!

対象銘柄は「南アフリカランド円」「メキシコペソ円」「ハンガリーフォリント円」の3通貨ペア。変更の内訳は以下の通りです。

通貨ペア 変更前 変更後
南アフリカランド円 2,000Lot
(2,000万通貨)
3,000Lot
(3,000万通貨)
メキシコペソ円 2,000Lot
(2,000万通貨)
3,000Lot
(3,000万通貨)
ハンガリーフォリント円 1,000Lot
(10,000万通貨)
3,000Lot
(30,000万通貨)

(※:いずれも売建玉と買建玉それぞれの上限となります)

南アフリカランド円とメキシコペソ円は1.5倍に増加、ハンガリーフォリント円に関しては3倍もの建玉上限引き上げとなります。大口取引にてスワップポイントを狙われる方は、みんなのFXにご注目を。

USD/JPY(米ドル円)のみ「ラージ銘柄」に対応

米ドル円のみ「ラージ銘柄」に対応

みんなのFXではUSD/JPY(米ドル円)に限り「ラージ銘柄」の取引が可能です。ラージ銘柄はその名の通り、大口取引向けに用意された通貨ペア。通常のUSD/JPYとは別銘柄として取り扱われています。

当記事の取引上限スペック表にも記載している通り、通常のUSD/JPYは1取引あたりの最大発注数量が100ロット(100万通貨)ですが、USD/JPYラージは最大300ロット(300万通貨)の発注が可能です。

ただし、USD/JPYラージは通常銘柄よりもスプレッドが広めで、スプレッドは原則固定の対象外となっています。

とはいえ、USD/JPYラージのスプレッドは低めに抑えられているのが魅力。USD/JPYラージを含む主要銘柄のスプレッドを以下にまとめましたので、ご参照ください。

【みんなのFX】主要通貨ペア スプレッド一覧表

注文数量
(銘柄)
米ドル円 ユーロ円 ポンド円 豪ドル円 ユーロ米ドル
100万通貨
(通常銘柄)
0.2 0.4 0.9 0.5 0.3pips
300万通貨
(ラージ銘柄)
0.6 該当銘柄なし 該当銘柄なし 該当銘柄なし 該当銘柄なし

(※:「100万通貨(通常銘柄)」の上記スプレッドはAM8:00〜翌AM5:00の時間帯にて原則固定・例外あり)
(※:「300万通貨(ラージ銘柄)」の上記スプレッドは2024年6月11日時点に取引画面で確認した数値。同社の「ラージ銘柄」のスプレッドは原則固定ではないので、取引の際は最新のスプレッドをご確認ください)

 

豪ドル円の原則固定スプレッドを縮小!

豪ドル円の原則固定スプレッドを縮小!

みんなのFXが豪ドル円の原則固定スプレッド縮小を実施しました。0.6銭から「0.5銭」の業界最狭水準となります。

同社の原則固定スプレッドは、AM8:00〜翌AM5:00までの幅広い時間帯に適用(例外あり)。また、豪ドル円や米ドル円の原則固定スプレッドは、みんなのFXの発注上限(100万通貨)まで適用されます。

業界最狭水準スプレッドだけでなく、高水準スワップポイントTradingView対応など数々のメリットを兼ね備えるみんなのFX。今後の展開にも注目です。

みんなのFXで大口取引をするメリット

みんなのFXで大口取引をするメリット

おすすめポイント!
  • 業界最狭水準スプレッドで取引できる!
  • 約定率99.9%(※)を実現する機関投資家並みの環境!
  • 大口取引でスワップポイントを狙う方にもおすすめ!

(※:2022年10月3日(月)~2022年10月31日(月)にトレイダーズ証券にて行われた約定率調査)

業界最狭水準スプレッド+スプレッド縮小キャンペーン開催!

業界最狭水準スプレッド+スプレッド縮小キャンペーン開催!

みんなのFXはUSD/JPY(米ドル円)をはじめ、主要銘柄にて業界最狭水準スプレッドを実現しているのが魅力。

前述の通り、大口取引向けのUSD/JPYラージは通常銘柄とはスプレッドが異なりますが、それでも低めに抑えられているのがポイントです。

高水準スワップを狙える高金利通貨ペアに関しても、スプレッドが低水準に設定されています。

約定率99.9%(※)を実現する機関投資家並みの環境!

約定率99.9%(※)を実現する機関投資家並みの環境!

みんなのFXは「個人投資家の皆様に、機関投資家に負けない投資環境を」という経営理念に基づき運営されています。

この理念の実践は様々な面に現れており、約定率の高さもそのひとつ。同社では99.9%(※)という高い約定率が記録されています。

大口取引をする際、サクサク約定するかどうかは非常に重要。みんなのFXでは自社開発のシステムにより高速の約定スピードを実現しています。

相場急変時でもスリッページのリスクが低く抑えられており、しかも、1,000通貨の少額取引だけでなく、100万通貨の取引に関しても同様の環境を提供。

約定率の高さ、約定スピードで選ぶ方にもおすすめです。

(※:2022年10月3日(月)~2022年10月31日(月)にトレイダーズ証券にて行われた約定率調査)

大口取引でスワップポイントを狙う方にもおすすめ!

トレイダーズ証券 井口喜雄氏インタビュー記事より抜粋
トレイダーズ証券 井口喜雄氏インタビュー記事より抜粋

上記文章は当サイトで公開している、トレイダーズ証券の井口喜雄氏インタビュー記事の一部です。

みんなのFXはスワップポイントに定評があり、スワップポイント狙いで同社を利用されている方は多いです。

中には大口取引をされている方もいて、なんと、スワップだけで月に約300万円〜500万円もの利益を得られている方もいらしゃるとのこと。

インタビュー記事でも触れている、みんなのFX公式サイトで公開されている「お客様のスワップ受取総額」は以下になります。

みんなのFXにおけるお客様のスワップ受取総額
お客様スワップ受取総額(みんなのFX公式サイトより抜粋)

各通貨ペアの毎月の受取総額は数千万円の金額はほぼ当たり前の状態であり、中には数億円にも上る箇所も見受けられます。

大口取引でスワップポイントを狙う方にも、みんなのFXはおすすめ。

また、スワップに関しては、プラススワップが高水準なのはもちろん、マイナススワップが抑えられているため、買い・売り両方のポジションを保有しやすい環境を整えているのも大きなメリットです。

当記事では約25社を対象に、買い/売りスワップ&スプレッドが最も有利なFX会社を、具体的なデータで検証した記事を公開していますので、そちらもぜひご参照ください。

 

【期間限定】スワップ取引応援キャンペーン開催中!

スワップ取引応援キャンペーン(3銘柄対象)

みんなのFXでは期間限定で「スワップ取引応援キャンペーン」を開催中です!上記画像はトルコリラ円のキャンペーン情報ですが、メキシコペソ円・南アフリカランド円が対象のキャンペーンも同時開催!

キャンペーン期間内に対象通貨ペアの新規建てポジションを保有すると、スワップポイントが他社(※1)より1円でも安い場合、その差額をキャンペーン終了後にまとめて付与してくれます。上乗せ上限は通貨ペアごとに200Lot(200万通貨)まで。スワップ上乗せ付与の例は以下の通りです。

スワップ取引応援キャンペーン(3銘柄対象)

さらに、スワップ上乗せと同時に「スプレッド分キャッシュバック」も実施!

18:00〜22:00の時間帯における対象通貨ペアの新規買付を対象として、スプレッド分の最大50%をキャッシュバック(※2)。具体的に言うと、トルコリラ円の場合は10Lot(10万通貨)あたり800円がキャッシュバックされます。

キャンペーンは2024年5月7日~2024年6月28日までの期間限定。参加はエントリー必須です。対象の高金利通貨ペアをこれから取引される方は要チェック!

期間限定!キャンペーン詳細はこちら

(※1:他社=くりっく365を除く、みんなのFXの選定基準による店頭FX会社)
(※2:相場の急変等にてスプレッドが拡大した場合は、キャッシュバック金額がスプレッド分の50%以下となる場合があります)

今後、みんなのFXで大口取引向けの刷新がある…?

トレイダーズ証券 訪問取材

当サイトでは2023年7月に、恵比寿ガーデンプレイスに構えるトレイダーズ証券のオフィスを訪問し、井口喜雄様にインタビューを実施。

トレイダーズ証券の強みや新オフィス移転のこだわり、スワップポイントの特徴等をアツく語っていただきました。

そのインタビュー内で、みんなのFXとLIGHT FXの差別化について伺った際に、このようなご回答が…!

トレイダーズ証券 井口喜雄氏インタビュー記事より抜粋
トレイダーズ証券 井口喜雄氏インタビュー記事より抜粋

みんなのFXとLIGHT FXは、いずれもトレイダーズ証券が運営しているため、スペックやツールが似通っています。

ですが2023年6月、LIGHT FXでは「LIGHTペア」がリリースされ、スワップ狙いのトレーダーにより有利な環境を構築。みんなのFXとの差別化が図られました。

一方で、みんなのFXでは「大きい取引をしたい方の受け皿になる何か」を検討中とのこと。具体的な内容は不明ではありますが非常に楽しみです。

みんなのFXで公式なリリースがあり次第、当記事でもお伝えします。取材記事は以下から見られますので、気になる方はぜひチェックしてみてくださいね。

 

新中期経営計画にて「大口顧客向け専門部署の設置予定」を発表!

トレイダーズ証券 新中期経営計画にて「大口顧客向け専門部署の設置予定」を発表!

トレイダーズホールディングス株式会社では、3か年に渡る中期経営計画『Traders Group Vision for 2027』を公表、様々な計画が公開されました。

その中で、大口顧客向けの施策もいよいよ発表。「大口顧客に対して専門部署を設置しコンサルティングを充実」させると伝えられました。

大口顧客に対して直接コミュニケーションを取り、要望を細かく取り入れ、顧客ごとに合わせたコンサルティングを行うとのこと。詳細はまだ不明ですが、個別対応は非常に魅力的です。大口トレーダーにとってさらに有利な環境が整うことに期待!

【トレイダーズ証券】預かり資産1,000億円突破!

【トレイダーズ証券】預かり資産1,000億円突破!

2024年3月26日、みんなのFX・LIGHT FXを運営するトレイダーズ証券は預かり資産が1,000億円を突破したと発表しました。口座数は55万口座を突破しています(いずれもみんなのFX・LIGHT FXを合算した数値)。

預かり資産の伸び率が高く、1,000億円という数値は前年同期比で実に約200億円の増加となっています。

【トレイダーズ証券】預かり資産1,000億円突破!

こちらは預かり資産の推移を他社と比較したグラフです。トレイダーズ証券の預かり資産の推移が大きく伸びているのが分かりますね。

みんなのFXで検討中という大口取引向けの施策を含め、トレイダーズ証券の今後の躍進にも期待です!

TradingViewチャートが無料で使える!

みんなのFX×TradingViewイメージ(白)

みんなのFXでは次世代ツール「TradingView(トレーディングビュー)」のチャート機能を無料で使えるのも魅力。

みんなのFXで口座開設をしてから、PCツール「FXトレーダー」を開けば簡単にTradingViewチャートの利用が可能です。

ちなみに、スマホアプリもTradingViewチャートに対応しており、こちらは口座開設していなくても使えます。

最大6つのチャートを同時表示

みんなのFXのTradingViewは無料で使える上に、85種類以上のインジケーターや80種類以上の描画ツール、6分割チャート表示(PCのみ)などを自由に使えるのがポイント。

PCツール「FXトレーダー」は画面の配置を自由にカスタマイズできるので、TradingViewチャートを複数表示した上で、注文パネルやポジション照会、ニュース、売買比率、ヒートマップ等の情報を好きなように配置可能となっています。

大口取引をする際のチャートツールにもこだわりたい、という方にもみんなのFXがおすすめです。みんなのFXのTradingViewに関しては、以下の解説記事も参考にしてみてくださいね。

大口取引におすすめのキャンペーン情報!

みんなのFXで開催中のキャンペーン

みんなのFXでは新規口座開設プログラムをはじめ、複数のキャンペーンを並行して実施しているのも見逃せません。

新規口座開設プログラムでは最大100万円のキャッシュバックを獲得可能!キャッシュバック金額は取引数量に応じて増えていくので、大口取引をされる方は要チェックです。

みんなのFXで開催中のキャンペーン

また、ポンド円・ポンド米ドルを対象としたキャッシュバックキャンペーンも実施中。こちらは新規ユーザーも既存ユーザーも参加可能です。

ポンド円・ポンド米ドルの取引数量に応じて最大200万円をキャッシュバック!該当銘柄で大口取引をされる方はぜひ。

みんなのFXでは他にも、前述したスワップ関連のキャンペーンも開催中です。キャンペーンに注力しているFX業者としてもご注目ください。

みんなのFX 公式サイト

【期間限定】入金額の最大1%キャッシュバック開催中!

ご入金で最大1%キャッシュバックキャンペーン

みんなのFXでは「ご入金で最大1%キャッシュバックキャンペーン」を開催中!好評だったキャンペーンが再々登場です!

キャンペーン期間中の入出金差額(入金合計額ー出金合計額)と新規約定数量に応じて、入出金差額の最大1%(上限20万円)をキャッシュバック。条件とキャッシュバック金額の内訳は以下の通りです。

ご入金で最大1%キャッシュバックキャンペーン

(※:1Lot=1万通貨、HUFJPY・RUBJPYのみ1Lot=10万通貨)

入出金差額と新規約定数量の2つの条件のうち、達成条件の低い方でキャッシュバック金額が決定します。例えば入出金差額53万円・新規約定数量500Lotの場合は、入出金差額の方が条件が低いので5,000円をキャッシュバック。

当キャンペーンはよくある取引高キャッシュバックとは違い、入出金差額という条件が付いている代わりに、取引数量に対する還元率が高めなのが魅力。

キャンペーンは2024年4月22日(月)~2024年6月28日(金)までの期間限定。エントリー必須となっています。既存ユーザーもこれから口座開設する方も参加可能。入金・取引の予定がある方はぜひご活用ください!

「LIGHT FX」も同等のスペックですが…

LIGHT FX

みんなのFXを運営しているのはトレイダーズ証券。このトレイダーズ証券は「LIGHT FX」も運営しています。同じ会社が提供しているため、みんなのFXとLIGHT FXは多くの面で同等のスペックを持ちます。

大口取引に関わる最大ロット数・取引上限に関しても、一部の特別な銘柄(LIGHTペア)を除いて、2社のスペックは同等です。

しかしながら、前述の通りみんなのFXでは、大口取引に関連する何かを検討中とのこと。最大ロット数・取引上限関連のスペックにて、将来的には差が生じるかもしれません。

また、最大ロット数・取引上限以外の部分であれば、みんなのFX・LIGHT FXには複数の違いが存在します。2社の違いについては、下記の特集記事で徹底解説していますので、興味のある方は参考にしてみてくださいね。

国内FX業者の最大ロット比較はこちら!

【FX】国内業者の最大ロット・最大取引数量を徹底比較!

当記事ではみんなのFXの最大ロット数・最大取引数量を解説してきましたが、別記事では同社を含むおすすめFX業者の比較を行っています。

以下リンク先の記事では、発注数量を「100万通貨以下」「300万通貨以下」「1,000万通貨以上」の3パターンに区分し、各数量に応じたおすすめ業者を紹介。

大口トレーダーの方はぜひ参考にしてみてくださいね。